コラム

 公開日: 2011-06-08 

在宅医療を事業化していくための三つの条件 VOl.111

本日は在宅医療を事業化していくための三つの条件をお伝えします。

私は、士業の先生方へ医業クライアントに対するコンサルティングやコーチングの実践ノウハウをお伝えしていますが、最近よく士業のクライアントである診療所の院長に増患対策で在宅医療へ取り組むようアドバイスしている会計士・税理士の先生がいらっしゃいます。

そうしたアドバイスをしている会計士・税理士の先生方から在宅患者を増やすにはどのような事をすればよいかという相談をよく頂きます。

私がまず質問させて頂くのは、「なぜ、在宅医療なの?」という事です。そうすると、8割以上の確率で「最近、患者さんの減少が激しく経営が厳しくなってきているため」という返答が帰ってきます。

このような返答が返ってきた時は必ずこう答えます。


「残念ながら、それでは在宅患者は増やせませんよ。」とお伝えしています。

在宅患者を事業化していくためには、生半可な事ではできないからです。私は、次の三つの条件が揃わないと在宅医療を事業化できないと考えています。

一.そのドクターが在宅医療に取り組む意義は何か?
①在宅医療を通じて医師として何を得れるのか。
②患者さん・ご家族にどんな喜びを与えることができるのか。

二.在宅医療を情熱をもって取り組むことができるのか?
上記一の意義が動機づけとなり、情熱を燃やしやり続けることができるか。やり続けることで独自性が生まれたクリニックオリジナルの仕組みとなるのを今までもよく見てきました。

三.集患から患者確保の仕組みを持っているか?
意義と情熱だけでは在宅患者を獲得できません。そのクリニックの独自の集患から患者獲得の仕組みがあって、はじめて在宅患者が増えるのです。地域の状況をよく見極めたうえで患者獲得の仕組みづくりにチャレンジ頂きたい。

在宅医療を事業化するにあたり、いろんな考え方があると思いますが、私は在宅医療に事業化するにあたり、上記の一、ニの条件は必要条件と考えています。

これを十分条件にするためには、三つの条件である患者獲得の仕組みを院長先生とコンサルタントの協働作業で作っていくことであると考えています。

私は、「安易に在宅医療に取り組みましょう」ってよー言いませんが・・・。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 合同会社 MASパートナーズ 原 聡彦(hara toshihiko)

 住所:〒540-0031 大阪市中央区北浜東1-15 
              ビル・リバーセンター503号
   E-mail : info@maspartners.co.jp 
------------------------------------------------------------------
 MASパートナーズ公式サイト < http://www.maspartners.co.jp/>
 原聡彦ブログ「気づき日記」 < http://blog.livedoor.jp/masp2010/>
 原聡彦ツイッター      < http://twitter.com/toshihiko_hara>
------------------------------------------------------------------
「マイベストプロ大阪 合同会社MASパートナーズ 
医療経営指導のプロ 原聡彦(はらとしひこ)の取材記事!」
http://pro.mbp-osaka.com/masp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ