コラム

 公開日: 2011-07-07 

院長夫人が知って得するクリニックのお金を管理するための三つのポイント vol.113

最近、個人診療所の院長夫人からこんなご質問を受けました。
「会計事務所から損益計算書で利益が出ていると説明されるがお金が厳しい。なぜ、利益が出ているのにお金は厳しいのでしょう。利益が出ている実感がわかないんです。」

個人立の診療所はどうしてもドンブリ勘定(事業のお金、プライベートなお金が混在してしまい、お金の管理ができていない状態)となります。

そこで、本日は、院長夫人が知って得するクリニックのお金の管理するための三つのポイントを下記にまとめました。

ポイント1.預金通帳を毎月末の残高を把握する。
クリニック用で使用している預金通帳の残高をすべて把握する。そして、先月末と今月末の残高を比較して預金残高の増減を把握する。

ポイント2.三つの収支を把握する。
預金残高の増減の要因を分析する際に三つの収支を把握しておくと便利です。

①経常収支
クリニックを経営して残ったお金。
数字で把握するためにはまず損益計算書をみてみましょう。
【診療収入ー薬品・検査等減価ー人件費ー地代家賃ーリース料ーその他経費ー減価償却費=税引き前利益】

経常収支の簡単な計算方法は損益計算書の【税引き前利益+減価償却費】で確認してみましょう。
これがマイナスになると現在の患者数が経費賄うまでにいたらないという事になりますので要注意です。

②財務収支
主に貸借対照表(その時点の財務状態を表す指標)に係る部分です。
代表的な例では借入金の元本返済部分です。借入金の利息は経費となりますが元本部分は経費となりません。借入金返済表を見て年間いくらぐらいの元本返済が必要か確認してください。
あと、資産計上する医療機器、車両を購入した金額も財務収支となります。

③事業主個人収支
事業主個人収支は事業主勘定(店主勘定)です。主に税金、生活費、健康保険、国民年金、生命保険料、住宅ローン、教育費など、事業に関連しないプライベートな支出です。

☆上記三つの収支を把握しておけば、どの収支を改善していけばいいのかがよくわかります。例えば事業主個人収支で生命保険料が年間500万円以上払っているなど目的が明確になっていればOKですが、知らない間に膨らんでいたという支出が意外と多いものです。ぜひ、顧問税理士にも協力してもらって三つの収支を把握頂きたい
と思います。

3.資金計画を作成し資金繰りを行う。
上記2の三つの収支の把握し、今後のお金の計画【いつ、どれくらいいるのか、準備できるのか、借りるのか、分割でいくのか など】を立てる。

例えば、
・税金
所得税は4月、7月、11月 住民税6月、8月、10月、1月など確定申告書を提出した時点で住民税も概算で掴めます。別途、税金は積立預金をして頂くと資金繰りに困りません。状況個人診療所経営は三つの収支を見ておくといいでしょう。

・資産購入
医療機器の導入計画を院長から確認しておく。少しでもいい機器で診療をやりたいと思うのが医師です。また、日進月歩で進化している医療機器で診療すると従来より生産性(診断の精度、時間短縮など)がアップする医療機器もあります。医療機器の導入は一括支払、分割(割賦)、リースなどあります。自院の資金繰りに合致した方法で導入することをお勧めします。

改装工事(修繕費用):上記と同じく計画性をもって進めて頂きたいと思います。
教育費:ご子息が医学部に入学するご予定があれば、計画的にお金を積み立てて頂きたい。教育ローンという選択肢もありますが、借りたら返さないといけません。この辺は院長ともご相談をしながらご検討頂きたいと思います。

生命保険料:年払い、月払いなど費用負担も決まっていますので資金計画を立てる。そして、現状、加入している生命保険の内容をしっかり把握して【必要なもの】・【不必要なもの】をしっかり把握しておくとよいでしょう。

お金はしっかり管理しないと逃げていきます(残りません)。良い医療をするための前提はクリニックのお金が回っている事と、院長、院長夫人がしっかり財産形成をして経済的に余裕があってはじめて実践できると私は考えていますので、引き続き、私はクリニックを経営している院長、院長夫人がお金に振り回されない資金管理のサポートをやっていきたいと考えています。


最後までお読み頂きありがとうございました。感謝!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 合同会社 MASパートナーズ 原 聡彦(hara toshihiko)

 住所:〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-8-33 
              日宝新大阪第2ビル608号
   E-mail : info@maspartners.co.jp 
------------------------------------------------------------------
 MASパートナーズ公式サイト < http://www.maspartners.co.jp/>
 原聡彦ブログ「気づき日記」 < http://blog.livedoor.jp/masp2010/>
 原聡彦ツイッター      < http://twitter.com/toshihiko_hara>
------------------------------------------------------------------
「マイベストプロ大阪 合同会社MASパートナーズ 
医療経営指導のプロ 原聡彦(はらとしひこ)の取材記事!」
http://pro.mbp-osaka.com/masp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

合同会社 MASパートナーズ [ホームページ]

経営コンサルタント 原聡彦

大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL:06-6399-6488

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ