メディア掲載情報

医業情報ダイジェスト「クリニック経営 なんでも相談」連載中

イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記事は、「クリニック経営 なんでも相談」という連載で日々のコンサルティングの現場でクリニックの院長や院長夫人からよくある質問をQ&A形式でまとめています。この連載記事をもとにクリニック経営Q&A集の発刊を企画しております。

この記事のURL

医業情報ダイジェスト クリニック経営 なんでも相談 「在宅医療への取り組みポイント」

イメージ

医薬品卸会社より医療機関に提供される「医業情報ダイジェスト」の情報誌の連載を担当させて頂いてます。

私が担当している連載テーマは「クリニック経営 なんでも相談」です。

私がクリニックの院長、院長夫人から実際に頂戴したクリニック経営に関する相談事項を毎月2回、執筆しております。

12月15日号のテーマは「在宅医療への取り組みポイント」というテーマでまとめました。

活躍中の訪問看護師・地域の基幹病院のMSWとの連携方法など実際の経営の現場で効果のあった取組ポイントをまとめております。

今回の記事の画像をアップさせて頂きました。


この記事のURL

院長夫人の特集記事に取材を受けコメント掲載(日経ヘルスケア2011年7月号)

イメージ

私は独立後、院長夫人を対象としたコーチングをやっております。

世間一般からは華やかでセレブのイメージのある院長夫人は、じつは、多忙なクリニックの院長の片腕としてクリニック経営の重責を担い、家庭ではご子息の教育、家事など主婦業を一手に引き受けて、他人には言えない苦労を抱えています。

そんな院長夫人をサポートしたいという思いで院長夫人コーチングを継続しています。

このたび、日経ヘルスケア2011年7月号特集で 「はやる診療所に「腕利き」の院長夫人あり」という院長夫人がメインテーマで掲載されています。院長夫人コーチングのテーマにとりあげる人事や業務分担の事などわかりやすくまとめられているので、ぜひお読み頂きたい内容です。

私も微力ながら「院長夫人の力を生かすための5カ条」で取材を受けコメントさせて頂いております。

ちなみにその5カ条とは?
1.担当業務を切り分け明確化
2.職務権限の範囲を決めておく
3.職員と適切な距離感を保つ
4.職員の悩みを聞く場づくりを
5.院外での振る舞いに注意

詳細は日経ヘルスケア7月号をお読みください。院長夫人の力を生かすヒントが満載です。

この記事のURL

新・診療所集患マニュアルの執筆担当しました

イメージ

新・診療所集患マニュアル
すぐに役立つ実践ノウハウが満載

内容紹介
大好評の「集患マニュアル」が内容を一新して大幅にパワーアップしました。
すぐに使える実践ノウハウを完全網羅。現状分析の手法から待ち時間対策、
診療機能の強化策や広告・インターネット戦略まで、実例を交えて具体的に解説。
診療所院長、開業準備中の先生に必携の1冊です。
本書の特徴

●様々な工夫で人気を集めている70事例を収載。豊富な図表や写真、具体的なチェック表でわかりやすく紹介
●診療機能の強化や広告の見直し方、ホームページの活用法など、現場ですぐ使える実践的なノウハウを掲載
●患者減少の原因がわかる!問題点の抽出法と、その対処法を指南
●在宅医療の始め方、運営方法を具体的に提示

価格 : 19,800円(税込み)
ISBN : 978-4-8222-1720-4
発行元 : 日経BP社
発行日 : 2010/11/30

※合同会社MASパートナーズ 原聡彦は「診療機能強化の基本戦略」を担当させて頂きました。
すぐに使える実践的なノウハウが掲載されていますので診療所経営にご活用頂ければ幸いです。

この記事のURL

医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケア(日経BP社)に掲載されました!

イメージ

2011年3月号 医療・介護の経営情報 日経ヘルスケア(日経BP社)に特集記事の取材と経営コラムの原稿が掲載されました。

☆特集:患者減少が止まらない!診療所に忍び寄る経営悪化~Part3対策 逆風を乗り切るための7カ条~

☆『院長力を磨く!診療所経営駆け込み寺』~院内ミーティングを活性化したい。どんな工夫をすればいいか~

今回の内容は、開業5年未満の診療所を経営している院長・院長夫人の経営上のお悩みに答えている内容となっております。

院長、院長夫人には、ぜひ!ご購読頂きたいと思います。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載情報
イメージ

2011年10月より全国の医薬品卸会社のユーザー医療機関に配布している医業情報ダイジェスト(月2回発刊)の連載記事を担当させて頂いております。私が担当している連載記...

 
このプロの紹介記事
原 聡彦(はら としひこ)さん

現場主義のコンサルティングをモットーにしています(1/3)

 医療機関専門のプロフェッショナル経営サポーター「MASパートナーズ」代表の原聡彦さんは、約16年間、神戸、大阪の2つの医療専門会計事務所での勤務を経て2009年10月に起業しました。「私自身が経営者になって、本当の意味でも経営者の孤独を実...

原聡彦プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 合同会社 MASパートナーズ
住所 : 大阪府大阪市淀川区西宮原2丁目7番53号 Marutaビル5階 [地図]
TEL : 06-6399-6488

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6399-6488

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原聡彦(はらとしひこ)

合同会社 MASパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
不満から始まったクリニック内研修〜スタッフが研修講師になるの巻〜
イメージ

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

電子カルテとドクターズクラーク導入時に気をつけてほしいこと〜その1〜

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院内研修~研修後のアウトプットについて~

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

院長夫人のための実践的マネジメントセミナーの講師をしました!

私どもの院長夫人コーチングのクライアントでクリニック経営のマネジメントに真剣に取り組んでいる院長夫人のコラ...

[ 院長夫人の日々是勉強~クリニック経営のレシピ~ ]

接遇教育の根本にある『気配り』vol.4 

最近、患者さんへの接遇教育を熱心に実施している医療機関が増えています。その原因は患者さんから医療機関へ向け...

[ 医療経営の処方箋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ