コラム

 公開日: 2013-10-04  最終更新日: 2014-07-11

離婚事件簿その1~事情聴取編(前編)

 男女がお互いの信頼と愛情のもと、終生の共同生活を送るべく契りを交わすのが結婚である。
 しかし、信頼しあって、愛し合って結婚をした夫婦の関係も破綻をきたし、離婚話となるケースは少なくない。また、信頼も愛情もないのだが、何らかの理由で、どうにかこうにか夫婦という形だけが維持されているケースも多々ある。
 離婚の原因となる事情は様々であるし、離婚の騒動が起きる際の夫婦の置かれた状況も様々である。
 弁護士の立場で離婚事件の相談を受ける度に、私も色々と考えさせられ、勉強させられることが多い。
 つくづく男女の関係は難しく、かつ不思議で、味わい深さすらある。

 さて、あなたたち夫婦の間で離婚話になったものの、二人の話し合いでは全然解決しない、とか、一方的に話が進んでいって自分の意見をまったく聞き入れてもらえない、身近に相談する相手がいない、もうどうしたらいいかわからない、などなど、やむなく弁護士のところに相談に行くこともあると思う。
 そこで今回は、このような離婚事件の相談現場では、実際にはどのようなことが行われているのかということをお話しようと思う。

 弁護士が離婚の相談を受ける際、相談者から聴き取ることは多岐にわたる。
 もし、あなたが相談に来られたら、私は、まずは以下のような定型的な事情をお伺いさせていただく。

 ・いつ結婚したか,交際をしてから結婚をするまでの期間はどれくらいか
 ・恋愛結婚か見合い結婚かなど結婚をするに至った事情
 ・いわゆるデキちゃった婚かそうでないか
 ・離婚歴があるかないか
 ・再婚の場合、連れ子はいるか,連れ子の養育状況はどうなっているか
 ・夫婦の間に子供はいるか,子供の年齢,性別,就学状況
 ・夫婦の子供との人間関係は良好か
 ・家族の健康状態
 ・夫と妻の学歴,趣味,嗜好
 ・夫婦の性生活の状況
 ・家族旅行に最後に行ったのはいつか
 ・夫と妻の仕事や収入状況はどうか
 ・夫(または妻)の帰宅時間や出勤状況などの仕事に関する周辺事情
 ・専業主婦の妻は、以前は何の仕事をしていたのか
 ・夫と妻の両親は健在か,健康状態はどうか,実家はどこにあるのか
 ・親と同居しているのか
 ・夫婦の自宅は持家か賃貸か
 ・車を持っているか,運転をするのは誰か
 ・夫婦の財産,貯蓄状況,負債の状況と支払状況

 これらの事情を聴くとともに、場合に応じて、聴いた事情を裏付ける証拠的なものがあるのかどうかなども確認する。

 さらに、もう少し深い部分に入っていく。

 ・夫婦の間にどうして離婚話が出てきたのか、そのきっかけや原因、離婚話が降って湧いたようなものな
  のか、そうではなくて、過去何度も離婚話やそれに近い夫婦不和の状況が起きていたのかどうか。
 ・相談者は本当に離婚という最後の選択を望んでいるのかどうか。
 ・相談者は離婚をする場合のリスクやデメリットを本当に理解しているのか。
  理解をしていない場合には、当該相談者にとって考え得る、離婚に伴うリスクやデメリットを説明する
  とともに、そうしたリスクとデメリットに堪えうるだけの力(精神面と経済面)や状況を相談者がきち
  んと確保できるか。
 ・夫婦が不仲になっている場合には、既に夫婦のいずれかあるいは双方に配偶者以外の交際相手(いわゆ
  る浮気相手・不倫相手)がいる可能性が十分にあるので、その有無や、交際相手がどこの誰で、どのよ
  うな人間か、交際期間、交際のきっかけなど…

 しかし、相談者はなかなか一筋縄では全てを正直に話してくれない。
 相談初期の相談者は、とてもナーバスな状態で非常に警戒心が強くなっているので、この弁護士を一体どれだけ信用できるのか、弁護士の話や態度を見ながら、弁護士の品定めをしているからだ。

 ここでは、どれだけ相談者が心を開き、口を開いて全てを明らかにしてくれるか、弁護士の法的知識や素養はもとより、人間的な暖かさ、懐の深さが試されることになる。(後編へつづく)

                                                        弁護士 松尾善紀

この記事を書いたプロ

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所 [[[ホームページ http://www.mnk-law.jp/ ]]]

弁護士 上将倫

大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 北浜平和ビル4階 [地図]
TEL:06-6222-5701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上 将倫(かみ まさのり)さん

依頼者にしっかりと向き合う。それが私たちの基本理念です(1/3)

 大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅を西に数分。北浜平和ビル4階にある松尾・中村・上法律事務所は、その名の通り弁護士3人の共同事務所。今回、インタビューを受けたのは、上将倫(かみ まさのり)さん。関西学院大法学部在学中から、弁護士を目指し、卒業の翌...

上将倫プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

依頼者にしっかりと向き合い、依頼者と一緒に最良の解決を目指す

事務所名 : 弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 [地図]
北浜平和ビル4階
TEL : 06-6222-5701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6222-5701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上将倫(かみまさのり)

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
男女間トラブル事件簿その16~婚姻関係破綻後の不貞行為

 配偶者の不貞行為の相手方(浮気相手)に対して、他方配偶者が、慰謝料を請求できることについては、判例・実務上...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その15~「リベンジポルノ」

 最近では、「リベンジポルノ」という言葉が当たり前のように使われていますが、この問題は、SNSの普及に伴い、デ...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

離婚事件簿その16~財産分与 ― 子供名義の預貯金は誰のもの?

 子供の進学等に備えて「子供名義」で預貯金をもっておられるご家庭は少なくない。 この子供名義の預貯金、子...

[ 離婚事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その14~セクハラに対して会社はどのように対処すべきか-最高裁判決を受けて

 平成27年2月26日最高裁判決  「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん。」,「でも俺の性欲は年々増すねん。...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その13~独身だと信じていた交際相手が既婚者だった!慰謝料を支払うのは誰か?

 「お見合いパーティーで知り合った彼と結婚を前提に付き合っていたのですが、ある日、突然、彼の妻だという女性...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ