コラム

 公開日: 2013-10-11  最終更新日: 2014-07-11

離婚事件簿その3~浮気の証拠

 「夫が浮気をしている」「妻が浮気をしている」というご相談、私のところにもよくこられます。
 ところが、的確な証拠がない案件も結構多いのが実情です。
 勝負は的確な証拠が入手できるかどうかです。

 では、どのような証拠があれば、浮気を証明できるのでしょうか。
 最近、私が手がけた事件では、以下のようなものが証拠として残されていました。

(1)メールやSNSでのやりとり
 最近の事案で多いのは、メールや、LINEなどのSNSでのやりとりです。
 気軽さからか、肉体関係をうかがわせるようなやりとりがなされることが往々にしてあります。
 ただ、証拠として利用するためには「そのようなやりとり(画面)を見た」というだけではなく、他の端末に転送するなどしてデータを取り出して保存したり、写真に撮るなどして、後で立証可能なものにしておく必要があります。

(2)GPS端末から分かったラブホテルの利用
 自家用車にGPS端末を取り付けたところ、頻繁にラブホテルを利用していることが発覚するケースもあります。これだけでも離婚事件では十分な証拠になり得ますが、他方で浮気相手を特定できないという難点もあります。

(3)探偵事務所による調査
 配偶者が頻繁に浮気相手と密会している場合には、非常に効果的な証拠になりえます。
 費用がかかるのが難点ですが、以前と比べて良心的な価格で調査をする業者もあるようです。

(4)浮気の自白
 夫婦間の会話では、配偶者が浮気を認めることは、さほど珍しいことではありません。
 ただし、一旦、浮気をしたことを認めたにもかかわらず、裁判でそれを翻すことも多く、むしろ、それが普通だと考えて備えておく必要があります。
 最も効果的なのは、配偶者の浮気を認める発言を録音しておくことです。
 最近は、高性能のICレコーダーが安価で販売されていますし、携帯電話にも録音機能がついていますので、比較的容易に証拠化することが可能です。

 配偶者が浮気を認める書面に署名をした「自認書」も有力な証拠になりえますが、署名を拒む場合が多く、また、仮に署名をしたとしても、後になって「脅迫された」などという反論がなされることもありますので、やはり録音と併用すべきでしょう。

(5)その他付随証拠(間接的な証拠)
 2名分のシティーホテルの領収証、頻繁なデートをうかがわせるカードの利用明細なども、付随的な証拠となる場合があります。
 また、帰りが遅い日が続いたり、嘘をついて仕事に行っていたことなどの事情も、こまめに日記をつけておくことによって、付随的な事情として立証することが可能になることもあります。

 ただ、これらは、あくまで付随的な事情を立証する証拠であって、それだけで浮気が立証できるものではありませんので、この点ご注意ください。
                                                        弁護士 上  将倫

この記事を書いたプロ

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所 [[[ホームページ http://www.mnk-law.jp/ ]]]

弁護士 上将倫

大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 北浜平和ビル4階 [地図]
TEL:06-6222-5701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上 将倫(かみ まさのり)さん

依頼者にしっかりと向き合う。それが私たちの基本理念です(1/3)

 大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅を西に数分。北浜平和ビル4階にある松尾・中村・上法律事務所は、その名の通り弁護士3人の共同事務所。今回、インタビューを受けたのは、上将倫(かみ まさのり)さん。関西学院大法学部在学中から、弁護士を目指し、卒業の翌...

上将倫プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

依頼者にしっかりと向き合い、依頼者と一緒に最良の解決を目指す

事務所名 : 弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 [地図]
北浜平和ビル4階
TEL : 06-6222-5701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6222-5701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上将倫(かみまさのり)

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
男女間トラブル事件簿その16~婚姻関係破綻後の不貞行為

 配偶者の不貞行為の相手方(浮気相手)に対して、他方配偶者が、慰謝料を請求できることについては、判例・実務上...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その15~「リベンジポルノ」

 最近では、「リベンジポルノ」という言葉が当たり前のように使われていますが、この問題は、SNSの普及に伴い、デ...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

離婚事件簿その16~財産分与 ― 子供名義の預貯金は誰のもの?

 子供の進学等に備えて「子供名義」で預貯金をもっておられるご家庭は少なくない。 この子供名義の預貯金、子...

[ 離婚事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その14~セクハラに対して会社はどのように対処すべきか-最高裁判決を受けて

 平成27年2月26日最高裁判決  「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん。」,「でも俺の性欲は年々増すねん。...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その13~独身だと信じていた交際相手が既婚者だった!慰謝料を支払うのは誰か?

 「お見合いパーティーで知り合った彼と結婚を前提に付き合っていたのですが、ある日、突然、彼の妻だという女性...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ