コラム

 公開日: 2014-02-14 

男女間トラブル事件簿その5~もしストーカー被害に遭ったら

 ストーカー被害に遭っていた女性が、加害者により殺害されるという最悪の事態へと発展してしまう事件が続いています。
 ストーカー規制法はどのような内容になっているのか、また、ストーカー被害に遭ってしまったら、どうすればよいのでしょうか。

 「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」は、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏を守ることを目的として、脅迫罪など既存の犯罪ではとらえることができなかった、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生へと発展するおそれが高い行為を「つきまとい等」として規制し、さらにこの「つきまとい等」を同一人物に対して繰り返して行うことを「ストーカー行為」として規制しています。

 しかしながら、「つきまとい等」を1度行っただけでは、警察などから警告を受けるのみで、処罰はされません。
 「つきまとい等」を繰り返し行ってはじめて「ストーカー行為」となり、処罰の対象となるのです。
 いいかえれば、逮捕してもらうためには、かなり反復継続して被害に遭わなければならないわけです。
 警察などからの警告によって、加害行為が止まればよいですが、警告を受けたにもかかわらず、あるいは警告を受けたがためにかえって加害者が行き詰まり、冒頭で述べたような最悪の事態にまで加害行為がエスカレートするケースもあり、場合によっては、警察によるさらに強力な介入や、被害者の保護が必要になることもあります。

 この点について、近時、警察の対応にようやく変化があり、平成25年12月6日付警察庁通達にて「警告等の行政措置が犯行を阻止するのに十分な有効性を持たない場合もあることから(中略)被害者に対する脅迫文言等を捉えて速やかに検挙するなど、被害者等に危害が加えられる危険性・切迫性に応じて第一義的に検挙措置による加害行為の防止を図ること」とし、被害者が「被害の届出をしない場合であっても(中略)必要性が認められ、かつ、客観証拠及び逮捕の理由がある場合には、加害者の逮捕を始めとした強制捜査を行うことを積極的に検討する」として、被害が深刻な事案については、早期の逮捕という手段も辞さないことを表明しました。
 あわせて、「被害者等に対しては、まず安全な場所へ速やかに避難させることを最優先に検討し、危害が加えられる危険性・切迫性に応じて、身辺の警戒等の執り得る措置を確実に行うことにより、被害者等の保護の徹底を図る」として、従来より、被害者保護に大きく舵を切った対応へと方針が転換されました。

 この通達によって、警察内部における、ストーカー被害対応についての重要度が格上げされ、被害者にとっては、従来よりも警察へ相談しやすい環境になったといえます。
 もし、ストーカー被害に遭ってしまい、少しでも身の危険を感じるのであれば、速やかに警察に相談し、必要な保護を求めましょう。
 すぐに介入に動いてもらうということでなくても、事前に相談をしておくことで、万々一の際に、警察に迅速な介入や保護をしてもらいやすくなります。

                                        弁護士 中村正彦

この記事を書いたプロ

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所 [[[ホームページ http://www.mnk-law.jp/ ]]]

弁護士 上将倫

大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 北浜平和ビル4階 [地図]
TEL:06-6222-5701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上 将倫(かみ まさのり)さん

依頼者にしっかりと向き合う。それが私たちの基本理念です(1/3)

 大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅を西に数分。北浜平和ビル4階にある松尾・中村・上法律事務所は、その名の通り弁護士3人の共同事務所。今回、インタビューを受けたのは、上将倫(かみ まさのり)さん。関西学院大法学部在学中から、弁護士を目指し、卒業の翌...

上将倫プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

依頼者にしっかりと向き合い、依頼者と一緒に最良の解決を目指す

事務所名 : 弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 [地図]
北浜平和ビル4階
TEL : 06-6222-5701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6222-5701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上将倫(かみまさのり)

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
男女間トラブル事件簿その16~婚姻関係破綻後の不貞行為

 配偶者の不貞行為の相手方(浮気相手)に対して、他方配偶者が、慰謝料を請求できることについては、判例・実務上...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その15~「リベンジポルノ」

 最近では、「リベンジポルノ」という言葉が当たり前のように使われていますが、この問題は、SNSの普及に伴い、デ...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

離婚事件簿その16~財産分与 ― 子供名義の預貯金は誰のもの?

 子供の進学等に備えて「子供名義」で預貯金をもっておられるご家庭は少なくない。 この子供名義の預貯金、子...

[ 離婚事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その14~セクハラに対して会社はどのように対処すべきか-最高裁判決を受けて

 平成27年2月26日最高裁判決  「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん。」,「でも俺の性欲は年々増すねん。...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その13~独身だと信じていた交際相手が既婚者だった!慰謝料を支払うのは誰か?

 「お見合いパーティーで知り合った彼と結婚を前提に付き合っていたのですが、ある日、突然、彼の妻だという女性...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ