コラム

 公開日: 2014-03-07  最終更新日: 2014-07-11

離婚事件簿その9~未成年子との面会交流調停(前編)

 破綻した別居中の夫婦(または離婚した元夫婦)の間に子供がいて、どちらかの親のもとで養育監護されているとき、養育監護していない、子供と離れて暮らしている方の親(非監護親)から、子供に会わせてほしいといわれることがある。
 この際に、子供に「会わせてくれ」「会わせたくない」と揉めてしまい、夫婦間で争いになることがある。
 これが未成年子との面会交流の問題である。

 面会交流は、非監護親と子供との「面会」(一緒にどこかに遊びに行く、食事をするなど)が中心であるが、手紙や写真のやり取り、電話で話す、授業参観や運動会などを見学する、誕生日やクリスマスのプレゼントを贈る、など、面会ができない場合でも、それ以外の方法で親子が「交流」できないかどうかについても検討される。
 「面会交流」とは、「面会して子供と交流すること」ではなく、「子との面会『及びその他の交流』」(民法766条1項)だからだ。

 子供がある程度、だいたい中学生くらいまで大きくなっていれば、この問題はあまり起きない。
 このくらいの年齢になれば、監護親(手元で養育監護をしている方の親)の意思がどうであれ、子供が会いたいと思えば、監護親の反対を押し切ってでも、あるいは、監護親の目を盗んででも、自らの意思で非監護親に会いに行くことが可能なケースが多いからだ。
 また、子供の面会交流のことについて、両親の間で「大人の関係」が築けている場合も、この問題は表面化しない。
 例えば、監護親としては本音ではあまり会わせたくないのだが、子供がどうしても会いたいというのなら会わせてもいいか、と考え、また、会いたいと求める非監護親の方も、監護親の精神的負担にならない程度の面会にとどめることができる、というような関係が築けていれば、面会交流それ自体の問題が家庭裁判所・弁護士マターになることはほとんどない。

 問題が多いのは、非監護親が子供への面会を求めているが、監護親と非監護親との間で精神的な葛藤(いがみ合い)が根深く残っていて、しかも、子供が幼い、概ね小学生以下の子供の場合である。
 
 破綻した夫婦間では、程度の差こそあれ、精神的な葛藤があるものだが、これが強い場合、「相手のことが憎くてたまらない」「腹が立つ」「消えていなくなってほしい」「大事な我が子を会わせてなるものか、会わせるくらいなら住民票を置いたまま引っ越して行方不明になりたい」「会わせるくらいなら養育費なんて要らない」、といった勢いで、監護親は、断固として、面会交流の申出を拒否する。

 拒否された方も負けてはおらず、強引に家に押しかけたり、電話やメールをガンガン送って面会交流を求めたり、子供の学校帰りに待ち伏せしたり、ひどい場合には、子供を連れ去ったりするなどして、さらに事件がぐちゃぐちゃになる。
 紛争の当事者である監護親・非監護親はもちろん、板挟みになった子供の心までもひどく傷ついていく。

 このように、子供の意思(非監護親に会いたいと思っているのか)、子供にとって非監護親に面会をさせることの教育上の効果など、肝心の子供のことが双方の親の頭の中で冷静に検討されることなく置き去りにされ、当事者間の強い葛藤、いがみ合いの感情ばかりで、面会交流ができるかどうかが大きく左右されてしまうと、泥沼の争いになるのだ。
 「そもそも面会交流を認めるのか」「認めるとしたら、どのような頻度で、どのような方法で、どれくらいの時間会わせるのか」など、通常ではおよそ問題とならない細かい事項についてまで揉めに揉め、当事者双方はもちろん、調停委員、家庭裁判所調査官、裁判官の心を疲弊させることになるのである。(中編へつづく)

                                                        弁護士 松尾善紀

この記事を書いたプロ

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所 [[[ホームページ http://www.mnk-law.jp/ ]]]

弁護士 上将倫

大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 北浜平和ビル4階 [地図]
TEL:06-6222-5701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
上 将倫(かみ まさのり)さん

依頼者にしっかりと向き合う。それが私たちの基本理念です(1/3)

 大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅を西に数分。北浜平和ビル4階にある松尾・中村・上法律事務所は、その名の通り弁護士3人の共同事務所。今回、インタビューを受けたのは、上将倫(かみ まさのり)さん。関西学院大法学部在学中から、弁護士を目指し、卒業の翌...

上将倫プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

依頼者にしっかりと向き合い、依頼者と一緒に最良の解決を目指す

事務所名 : 弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区北浜2-5-13 [地図]
北浜平和ビル4階
TEL : 06-6222-5701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6222-5701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上将倫(かみまさのり)

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
男女間トラブル事件簿その16~婚姻関係破綻後の不貞行為

 配偶者の不貞行為の相手方(浮気相手)に対して、他方配偶者が、慰謝料を請求できることについては、判例・実務上...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その15~「リベンジポルノ」

 最近では、「リベンジポルノ」という言葉が当たり前のように使われていますが、この問題は、SNSの普及に伴い、デ...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

離婚事件簿その16~財産分与 ― 子供名義の預貯金は誰のもの?

 子供の進学等に備えて「子供名義」で預貯金をもっておられるご家庭は少なくない。 この子供名義の預貯金、子...

[ 離婚事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その14~セクハラに対して会社はどのように対処すべきか-最高裁判決を受けて

 平成27年2月26日最高裁判決  「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん。」,「でも俺の性欲は年々増すねん。...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

男女間トラブル事件簿その13~独身だと信じていた交際相手が既婚者だった!慰謝料を支払うのは誰か?

 「お見合いパーティーで知り合った彼と結婚を前提に付き合っていたのですが、ある日、突然、彼の妻だという女性...

[ 男女間トラブル事件簿 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ