プロTOP:西野毅プロのご紹介

社員が生き生きと活躍できる職場作りを支援します(1/3)

社会保険労務士の西野毅さん

女性社員・パートの活用・定着のご相談はお任せください

 「女性社員・パートをどう活用したらいいのかわからない」「採用してもなかなか定着しない」。そんな悩みを持つ経営者は少なくないようです。離職理由の上位に「職場の人間関係」が挙がるという調査結果があることも、特に男性のトップにとっては、女性社員・パートのマネジメントを難しく感じさせる一因となっているのかもしれません。

 そんな苦手意識を持たれがちな「女性の採用・定着」について、“サポーター”を自認するのが西野社労士事務所の代表、西野毅さんです。独立開業するまで29年間、女性がほとんどの現場で1万人以上の営業サポートに当たって業績アップを実現、人事・労務全般に関わってきた経歴の持ち主。社労士としての業務から一歩踏み込んだ、実践的なアドバイスができるのが強みです。

 ところでなぜ、女性社員・パートの活用が重要なのでしょう。
 「女性は感情に左右される面が男性よりやや大きい分、うまくいけばすごいパワーを発揮してくれます。話を聞き、気持ちに寄り添うことで、生き生きと活躍してくれるようになった女性を何人も見てきた私からすると、女性の力を生かせないのは非常にもったいないことなんです」と西野さんは話します。

 「一人一人を主人公にする」「地道な努力を評価する仕組みを作る」。顧客の相談に応じる際、あるいは経営者・管理職向けのセミナーで、西野さんは「心と感情に寄り添った経営」の重要性を必ず訴えます。合理性を求めるあまりにコミュニケーションが不足したり、規則だからと頭ごなしの言い方ばかりになっていたりすると、意欲が下がるのは女性に限ったことではありません。一定規模以上の事業所にストレスチェックが義務づけられるなど、メンタル面に配慮した経営の重要性が叫ばれる今、西野さんの伝えるメソッドは参考になりそうです。 

<次ページへ続く>

【次ページ】 社員の心・感情を大事にした経営をされていますか

最近投稿されたコラムを読む
採用・定着支援
採用・戦力化支援

■採用・定着支援  ゴール : 6か月でこのような職場になること     ①募集で欲しい人物が集まる     ②選考で人物の本質を見極める     ➂入社し...

無料メール講座
セミナーで経営者に熱弁を奮う

女性のマネジメントが苦手な経営者、管理職必見人気俳優 中○貴一さんのCMでお馴染みのあの大手健康食品企業(ミ○プルーン)女性の力を引き出す驚異のマネジメ...

西野毅プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

1万人以上の女性がモチベートされる女性の採用・戦力化メソッド

事務所名 : 西野社労士事務所
住所 : 大阪府堺市東区日置荘西町7-9-37 [地図]
TEL : 072-258-8795

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-258-8795

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西野毅(にしのたけし)

西野社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
唯一の存在!女性社員の力を人間関係により引き出し、現場で実行することで成果を出します
イメージ

今、社会は「女性活躍」「働き方改革」が大きなテーマになっていますが、中小企業経営者のあなたはこんな...

[ ミッション ]

社労士が採用支援を行う理由
イメージ

昨日(10月24日)、「女性スタッフの採用・戦力化セミナー」を実施しました。お越しいただいた皆さま、あり...

[ ミッション ]

無料メール講座<5万人の女性がイキイキ働く「女性の採用・戦力化7つの鉄則」>
イメージ

女性をマネジメントするって難しい…そう思っておられる経営者や管理職の方、とても多いようです。避けれるの...

社労士の上手な使い方
イメージ

「社長、あなたの言うことは聞きたくありません!」社員からそんな言葉を浴びせらせたらどうしますか?...

[ マネジメント ]

社員数名の会社に社労士は必要か?
イメージ

人事制度の話題が続いていますので、ちょっと休憩。「社員数名の会社に社労士は必要無いでしょ?」よく...

[ 労務管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

西野毅のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は西野毅さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
Twitter
2018-06-10
facebook
Facebook
ページの先頭へ