コラム一覧

1件~15件(49件)

過去の15件

貴社にも小室哲哉がいるかもしれない!突然退職するには理由がある

イメージ

ここ数日、ワイドショーを賑わせている小室哲哉さんの話題。『妻 KEIKOさんが帰省中に看護師と不倫!!』19日、本人が記者会見を開き、状況を詳細に語った後、引退を表明しました。ネットでのコメントを見ると、・介護疲れでしょうがないんじゃない?・何もそこまでKEIKO... 続きを読む

マネジメント

2018-01-21

女性管理職比率を上げると不幸になる!【女性活躍推進の問題点】

イメージ

今、「働き方改革」と共に旬の話題である「女性活躍推進」、政府も懸命に推し進めているように、とても重要な案件ではあります。でも、僕は以前から「問題有り」と主張しています。昨年8月にも別のブログでも考えを述べていますので、こちら↓をご覧ください。https://ameblo.jp/8... 続きを読む

働き方

2018-01-16

覆面調査員が来たらどうする!? 採用は総力戦

イメージ

仕事柄、求人広告を見る機会が多いのですが、その中に『覆面調査員』のアルバイトを時折見かけます。飲食店を中心に、一般客を装って店内をこと細かくチェックし、ネット等にその内容を掲載する。要約すればそんな仕事内容ですが、明日、覆面調査員が貴社に来る!そんな情... 続きを読む

人材採用

2018-01-13

大谷翔平を採ろうとしてない?【採用のツボ・欲しい人物は具体的に】

イメージ

女性の採用・戦力化サポーターの西野です。プロ野球の大谷翔平選手、いよいよ今シーズンから二刀流としてメジャーに挑みます。開幕がたのしみですね。ところで大谷翔平選手、いくら頑張っても貴社に入社してくれることは有りません。ヤンキースでさえ、蹴られたのですから…「... 続きを読む

人材採用

2018-01-09

2017年12月&下半期 よく読まれたコラムBest5

イメージ

2018年 新年あけましておめでとうございます。本年も、女性の採用・マネジメントを中心に有益な情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。昨年10月から掲載をスタートしましたコラム、今回は12月単月と2017年下半期(といっても10~12月の3か月ですが)それぞ... 続きを読む

2018-01-04

おせち料理 棒鱈(別名:あほだら)から学ぶ人材育成法

イメージ

今日は大晦日、おせち料理の棒鱈を取り上げてみます。棒鱈って、すごくいい味ですよね。特に酒のみにはたまらない味です(笑)その棒鱈の別名、“あほだら”って言うんですよ。子供の頃母親がいつも言っていました。(吉本新喜劇の帯谷孝史さんとは無関係のようですが…)なぜ... 続きを読む

教育・研修

2017-12-31

求人広告 自社の強みを書けない理由

イメージ

正月前というのに、車が故障しました。エンジンの音が「バリバリバリー」おかしいのでディーラーで診てもらったところ、ウォータ ポンプが故障。ということで思わぬ出費となりました。その際、前の車から17年もお世話になっている営業担当者と話をしたのですが、大きな気付きが... 続きを読む

人材採用

2017-12-29

ドロップアウトした若者が覚醒した理由

イメージ

先日、介護業界の人達が集まる会に参加した時のことです。名刺交換していると、目が輝いている若者がいたので、話を聞いてきました。ちょっと感動的だったのでシェアしますね。彼曰く、介護施設で仕事をしながら休日はカメラマンを目指しているんです。カメラマンと言って... 続きを読む

マネジメント

2017-12-21

判断が難しいセクハラの基準は「○○の娘に同じことができるか?」

イメージ

昨日のニュース、「ブロガー・作家はあちゅうさんが、元上司をセクハラ告発!」今回はこの話題について、考えてみましょう。セクシャルハラスメント(いわゆるセクハラ)とは、「相手方の意に反する性的言動」のことですが、男女雇用機会均等法によって、職場で行われる、あ... 続きを読む

ハラスメント

2017-12-19

日馬富士vs貴ノ岩が社内で起こったら?社員処分(懲戒)の注意点

イメージ

大相撲九州場所以来連日報道されている日馬富士と貴ノ岩の問題、もし社内で起こったら?を考えてみましょう。まず事の経緯を簡単に整理ますね。若手のエース、貴野さん。仕事ができて将来を有望視されているのですが、生意気。そんな貴野さんを面白く思わない幹部連中が画... 続きを読む

就業規則

2017-12-12

本日、嵐のコンサートのため、有休取ります!って言われたら?

イメージ

「本日、嵐のコンサートに行くため、有休(年次有給休暇)を取ります。」社員からそんな連絡が来たらどうしますか?『ふざけるな!そんなことは許さん!』そう言いたい気持ちはわかりますが、「有休は社員の権利ですから」と言われるのが目に見えています。これ、実際に... 続きを読む

就業規則

2017-12-07

苦労して採用した女性社員が入社直後に妊娠!どうする?

イメージ

女性が多い職場につきものなのは、出産・育児です。本人には「おめでとう」と言いながら、ホンネは複雑です。なにしろ、その後3年半は戦力ダウンになるのですから。産前6週、産後8週で計14週の産休、実際にはその前から体調不良で休むことが多くなります。育休は子供が... 続きを読む

就業規則

2017-12-05

11月 よく読まれたコラムBest5

イメージ

 11月 訪問者、ページビュー マイベストプロにコラムを掲載し始めて2か月目の11月、女性の採用・マネジメントの中でも、人事制度や問題社員対策を中心にお届けしました。月間訪問者は1100名ページビューは4250PVうれしいのは、キーワード検索による閲覧が少ないながらも... 続きを読む

2017-12-02

採用・定着をテーマとしたセミナーを実施しました

イメージ

昨日、「女性スタッフの採用・戦力化セミナー」を実施しました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。お話した主な内容は以下の通りです。■応募者を集める募集広告の出し方■相手の本質を見抜く面接での質問■早期離職(退職)、トラブルを防ぐ 入社初期の対応... 続きを読む

人材採用

2017-11-30

女性社員の職場トラブル:お局様はこうして作られる3~ストーリーが無い~

イメージ

お局様はこうして作られる、今回は3番目、ストーリーが無い!!です。ストーリーというのは、文字通り本人が主人公の物語です。過去の「苦労・挫折」と「成功」、いわば人生の山と谷とがセットになった物語、TVでも、この手の番組ってよく出てきますよね。このコラム... 続きを読む

マネジメント

2017-11-28

1件~15件(49件)

過去の15件

RSS
採用・定着支援
採用・戦力化支援

■採用・定着支援  ゴール : 6か月でこのような職場になること     ①募集で欲しい人物が集まる     ②選考で人物の本質を見極める     ➂入社し...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の西野毅さん

社員が生き生きと活躍できる職場作りを支援します(1/3)

 「女性社員・パートをどう活用したらいいのかわからない」「採用してもなかなか定着しない」。そんな悩みを持つ経営者は少なくないようです。離職理由の上位に「職場の人間関係」が挙がるという調査結果があることも、特に男性のトップにとっては、女性社員...

西野毅プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

1万人以上の女性がモチベートされる女性の採用・戦力化メソッド

事務所名 : 西野社労士事務所
住所 : 大阪府堺市東区日置荘西町7-9-37 [地図]
TEL : 072-258-8795

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-258-8795

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西野毅(にしのたけし)

西野社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
唯一の存在!女性社員の力を人間関係により引き出し、現場で実行することで成果を出します
イメージ

今、社会は「女性活躍」「働き方改革」が大きなテーマになっていますが、中小企業経営者のあなたはこんな...

[ ミッション ]

社労士が採用支援を行う理由
イメージ

昨日(10月24日)、「女性スタッフの採用・戦力化セミナー」を実施しました。お越しいただいた皆さま、あり...

[ ミッション ]

無料メール講座<5万人の女性がイキイキ働く「女性の採用・戦力化7つの鉄則」>
イメージ

女性をマネジメントするって難しい…そう思っておられる経営者や管理職の方、とても多いようです。避けれるの...

貴社にも小室哲哉がいるかもしれない!突然退職するには理由がある
イメージ

ここ数日、ワイドショーを賑わせている小室哲哉さんの話題。『妻 KEIKOさんが帰省中に看護師と不倫!!...

[ マネジメント ]

女性管理職比率を上げると不幸になる!【女性活躍推進の問題点】
イメージ

今、「働き方改革」と共に旬の話題である「女性活躍推進」、政府も懸命に推し進めているように、とても重...

[ 働き方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ