コラム一覧

1件~15件(84件)

過去の15件

中小企業の人事制度9 給与制度

イメージ

人事制度は、1 資格等級制度  将来どうすれば昇格できるのか?2 評価制度  今、何をしたら評価されるのか?この2つで、現在と未来に向けての動機づけができますが、給与と連携してこそです。そこで、人事制度の3つ目、給与制度についてお伝えします。給与に... 続きを読む

人事制度

2018-07-05

中小企業の人事制度8 評価制度作り(2)

イメージ

評価の着眼点作り、「何をすればS評価が貰える」それが具体的になったら、評価の手順を検討します。決める項目としては、1 評価の回数  賞与の回数に合わせるのが一般的です。昇賞与が年2回の会社だったら、年2回の評価をそれぞれ賞与に反映。では、昇給の... 続きを読む

人事制度

2018-06-28

中小企業の人事制度7 評価制度作り(1)

イメージ

資格等級制度作りができたら、次は評価制度です。部門、等級ごとに何をすれば評価されるのか?を決めていきます。資格等級制度は、『今後』何をしていくかですが、評価制度は『今』何をするかです。ところで、僕が推奨している人事制度の目的は、人を育てることです。なの... 続きを読む

人事制度

2018-06-22

社労士の上手な使い方

イメージ

「社長、あなたの言うことは聞きたくありません!」社員からそんな言葉を浴びせらせたらどうしますか?------------------------------僕は、会社員時代、500人を超える経営者(健康食品代理店)の販売サポートをしていました。その中で最も印象に残っている1つにこんな... 続きを読む

マネジメント

2018-06-15

社員数名の会社に社労士は必要か?

イメージ

人事制度の話題が続いていますので、ちょっと休憩。「社員数名の会社に社労士は必要無いでしょ?」よくそう聞かれます。答える前に、僕が聞くのは次の2つです。1 今後ビジネスを拡大して社員数を増やしていきたいですか?その質問に、No!だったら「特に必要はない... 続きを読む

労務管理

2018-06-13

中小企業の人事制度6 なぜ模造紙という原始的な方法を採るのか?

イメージ

これまで5回にわたり、中小企業の人事制度についてお伝えしてきました。いま時、模造紙なんて原始的過ぎませんか?カードに書き写して貼っていくもの手間がかかりますこんなお声を頂戴しています。確かに仰る通りです。カードに書き出し、模造紙に貼っていく。昭和の小中学... 続きを読む

人事制度

2018-06-11

中小企業の人事制度5 資格等級制度作り(2)

イメージ

前回作成した資格等級定義表、抽象的で、使えません。このままだと評価する人、つまり上司によって社員(部下)の処遇が全く異なるという不都合が生じます。そこで行うのが『仕事しらべ』です。仕事しらべ表作成ここでは、資格等級定義表を参考に、各部門で等級ごと... 続きを読む

人事制度

2018-06-08

中小企業の人事制度4 資格等級制度作り(1)

イメージ

今回から、実際に人事制度を構築していく手順に入ります。まずは資格等級制度作り。資格等級制度とは、社員が持つ能力とポストによってランク分けしていくものです。ここでの手順としては○近未来の組織図作成○資格定義表の作成○仕事しらべ表の作成○資格等級制... 続きを読む

人事制度

2018-06-06

中小企業の人事制度3 人事制度の全体像

イメージ

人事制度を構築する前にすべきこと、前回お伝えしたように、まず人事制度の目的を社員と共有することが大切です。それができたら、実際に人事制度作りに取りかかります。大まかな手順は○資格等級制度作り 社員を、その能力やポストでランク 分けします。6~8つのラン... 続きを読む

人事制度

2018-06-04

中小企業の人事制度2 人事制度構築の前に絶対すべきこと】

イメージ

人事制度を導入しながら活用できていない会社はとても多いです。活用できていないというのは、具体的には・制度を作っただけで放ったらかし。・活用の仕方を誰も理解していない。・期末になると、あわててシートに書き出す。形骸化している。・制度や評価に対する不平・不... 続きを読む

人事制度

2018-05-24

中小企業の人事制度1 人事制度の構築方法をお伝えします

イメージ

経営の要素であるヒト・モノ・カネの内、最も大切なのはヒトだと、いつも訴えています。税理士さんの話を聞いていると、カネだと言います。カネが無ければ即アウト!そんな企業を多く目の当たりにしているからです。確かに近視眼的には同感です。でも、永続的な繁栄を考える... 続きを読む

人事制度

2018-05-19

部下を「指導しているのに育たない」原因

イメージ

ここ3回連続して、パワハラを取り上げてきました。上司の指導が行き過ぎた場合はパワハラと受け止められ、せっかく入社した社員やパートが退職する原因になります。ところが、正しく指導しているのに、パワハラ呼ばわりされることも有ります。「指導しているのに成長しない... 続きを読む

マネジメント

2018-05-16

適切なパワハラ対策を怠ると、ダメ社員から訴訟される

イメージ

前々回からパワハラを取り上げています。パワハラが発生しているのに気付かなかった、あるいは知っていたのに放置していたら、会社に責任を問われることがあります。仕事をする意欲が全く感じられない社員、いわゆるダメ社員には、会社として指導しなければなりません。と... 続きを読む

ハラスメント

2018-05-11

パワハラをした上司への対応方法は?

イメージ

前回、社員が辞める理由を調べてみると、原因は上司のハラスメント(いじめ、嫌がらせ)であったとお伝えしました。前回の内容はこちら 社長が顔面蒼白!社員の退職理由を調べてわかった驚愕の事実!http://mbp-osaka.com/nishino-sr/column/32076/一般的に退職する理由の1位... 続きを読む

ハラスメント

2018-05-09

社長が顔面蒼白!社員の退職理由を調べてわかった驚愕の事実!

イメージ

今、人手不足にお困りの会社はとても多いです。若者の人口が減少していく中、採用がますます困難になるので、いかに人材定着させることができるかが会社の永続的発展のポイントになります。ところで、社員が辞めていく理由は?以前「女性社員が退職するホントの理由」で述べて... 続きを読む

ハラスメント

2018-05-07

1件~15件(84件)

過去の15件

RSS
採用・定着支援
採用・戦力化支援

■採用・定着支援  ゴール : 6か月でこのような職場になること     ①募集で欲しい人物が集まる     ②選考で人物の本質を見極める     ➂入社し...

無料メール講座
セミナーで経営者に熱弁を奮う

女性のマネジメントが苦手な経営者、管理職必見人気俳優 中○貴一さんのCMでお馴染みのあの大手健康食品企業(ミ○プルーン)女性の力を引き出す驚異のマネジメ...

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士の西野毅さん

社員が生き生きと活躍できる職場作りを支援します(1/3)

 「女性社員・パートをどう活用したらいいのかわからない」「採用してもなかなか定着しない」。そんな悩みを持つ経営者は少なくないようです。離職理由の上位に「職場の人間関係」が挙がるという調査結果があることも、特に男性のトップにとっては、女性社員...

西野毅プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

1万人以上の女性がモチベートされる女性の採用・戦力化メソッド

事務所名 : 西野社労士事務所
住所 : 大阪府堺市東区日置荘西町7-9-37 [地図]
TEL : 072-258-8795

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

072-258-8795

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西野毅(にしのたけし)

西野社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
唯一の存在!女性社員の力を人間関係により引き出し、現場で実行することで成果を出します
イメージ

今、社会は「女性活躍」「働き方改革」が大きなテーマになっていますが、中小企業経営者のあなたはこんな...

[ ミッション ]

社労士が採用支援を行う理由
イメージ

昨日(10月24日)、「女性スタッフの採用・戦力化セミナー」を実施しました。お越しいただいた皆さま、あり...

[ ミッション ]

無料メール講座<5万人の女性がイキイキ働く「女性の採用・戦力化7つの鉄則」>
イメージ

女性をマネジメントするって難しい…そう思っておられる経営者や管理職の方、とても多いようです。避けれるの...

中小企業の人事制度9 給与制度
イメージ

人事制度は、1 資格等級制度  将来どうすれば昇格できるのか?2 評価制度  今、何をしたら評...

[ 人事制度 ]

中小企業の人事制度8 評価制度作り(2)
イメージ

評価の着眼点作り、「何をすればS評価が貰える」それが具体的になったら、評価の手順を検討します。...

[ 人事制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ