コラム

 公開日: 2012-02-27 

60代のバリアフリー

●バリアフリーと云う言葉
高齢者のための住宅を問われて、まず先にバリアフリーと云う言葉がイメージされます。
確かに、今後益々体力が向上していく訳ではありませんので、バリアフリーも念頭に置かなければなりません。だからと云って平屋の真平らな家がバリアフリーなのでしょうか?
段差を無くす取組みは高齢者の転倒を防ぐ方策として取り組まれています。ではどうした時に転倒するのでしょうか。

●階段事故は高齢者だけではない
階段の転落事故も死亡事故として年間常に40件前後発生しています。但し階段からの転落事故は年齢を問いません。幼児からお年寄りまで平均して発生しています。高齢者だけが特別多く階段で転落事故に遭う訳ではありません。
事故に遭うリスクを回避する意味で、二階建てよりも平屋の方が有利ではありますが、バリアフリー住宅は平屋でなければならないとは云えません。むしろ習慣的に足腰の筋肉を使う生活をした方が体力の衰えを防げるでしょう。膝や腰に持病があったり体を動かすことが困難な人を除けば、二階建て住宅も許容すべきかと考えています。
階段に踊り場を設けたり、蹴上げ寸法を緩くする等、プランに気をつけることで、二階建て住宅でも高齢者用の住宅として成立します。

●不要な段差
では高齢者の転倒事故はどこで発生するのでしょうか。最も多いのが敷居の段差です。敷居と云えば床面から1~2cmしか上がっていません。健常人なら全く意識しない段差です。60代に差し掛かると、本人は普通に足を上げているつもりなのに、実は摺り足になっていて、敷居の角に足を引っ掛けて転倒してしまうのです。段差があると意識するところでは人は転びません。段差と認識していない所だから転倒するのです。高齢者住宅の段差解消は1~2cmの段差を無くすことにあるのです。リビングでも玄関でも人が意識するほど段差のある部分は問題にしなくても構いません。意識する段差は体力の衰えを防止します。その意味であっても良い段差だと考えています。

●手摺
段差部分を意識出来る高さにすれば、転倒は防げます。但し、遠くない将来には、通常に歩くことも困難になる事も想定しておかなければなりません。その為に現状では不要であっても手すりを設置出来るだけの準備が必要となります。玄関の上がり框の段差・トイレ・浴室・ベッド廻り・座ったり立ち上がったりが想定出来る場所には手摺を取り付けられる準備だけはしておきましょう。



建築士 福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家造りを思い立っても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
電話での問合せは時間外でも携帯に転送されますので応対できる場合があります。
メールやスマホからは黄色い「お問合せフォーム」をご利用下さい。

宜しければ、下の【よかった!】ボタンを押してください。コラムを書く励みになります

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

60代からの家造り

 本当に自分が住みたい家に出会えるのは60代から 自分が自分らしく生活出来る家を考えられるのは、私は60...

[ 【60代の家造り】 ]

大阪府建築士会の住まい個別相談会があります。
イメージ

 大阪府建築士会による住まい個別相談会 大阪市住まい情報センターとの共同イベントで住まいの個別相談会を開...

[ 【早耳情報!】 ]

セカンドライフの家造り
イメージ

 注文建築の不安 家を建てるのに不安はありませんか?その不安の元は何でしょう。それは、カタチの無いもの...

[ 【賢い家造り】 ]

ローコスト住宅を成功させる方法
イメージ

 業者とどう接するか ローコスト住宅を成功させるには、業者さんとの協調が欠かせません。お金はないけど...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ