コラム

 公開日: 2012-06-19 

台風お見舞い申し上げます。

今夜半くらいまで、強風が続くそうです。

また、雨量も相当な量になっており、新たに日本を伺っている5号の動向と共に土砂災害が気になります。

雨漏れは大丈夫ですか?

天井に滲みが着くのは屋根からの雨漏りですが、窓周りの雨漏りは壁からの雨漏れの場合が多いです。雨漏れの場所によって修理する専門家が異なりますので、よく観察なさって下さい。

強風の被害で屋根がダメージを受けるのは軒先部分です。軒の出が長いと軒下部分に壁が吹き上がり屋根を揺らします。風速が40m以上になりますと屋根瓦が飛び始めます。飛ぶ時は、煽られた軒先の瓦から棟の瓦に向けて順々に飛ばされます。

これよりも風速が上がると屋根そのものが吹き飛ばされます。始めに風上側の窓が風圧に耐え切れず壊れます。すると室内に強風が吹き込み室内が強正圧になります。風下側は負圧になっていますので圧力差で屋根が持ち上げられ吹き飛ばされてしまいます。
風上側の窓がいよいよ持たないとなった時、風下側の窓を開けてやると、万が一風上側の窓が破られても、風下側の窓から風が抜けてくれますので、屋根が飛ばされるのは防ぐ事が出来ます。
但し、屋根は助かっても、屋根が飛ばされるのと同じくらい危険ですが・・・

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
私のこだわりポイント
勘や経験に頼ると家は潰れます

●木造住宅は構造計算をしなくても検査は通ってしまいます。大きな地震が発生するたびに木造住宅は倒壊します。これは法律の不備で、木造住宅の場合は構造計算書を提出...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

見ないと後悔する目からウロコの家造り
イメージ

 標準仕様は作り手の都合の産物 質の良い家を安価に求めるならば、標準仕様の概念を捨て去るべきです。...

[ 【賢い家造り】 ]

お金を掛けずに自然素材を多く使う方法
イメージ

 無垢材を多用する方法 木造の家は木で出来ています。ですので今さら自然素材にこだわる事もないのですが、今...

[ 【賢い家造り】 ]

お金を掛けずに吹き抜けを造る方法
イメージ

 吹き抜けを造ってもコストアップにはならない ハウスメーカーや工務店との契約で坪単価x坪数の様な契約方法...

[ 【賢い家造り】 ]

南海地震の発生確率が上昇しました。
イメージ

 必ず襲う南海地震 これまで、南海地震の発生確率は今後30年で70%と公表されていましたが、2018年...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ