コラム

 公開日: 2012-08-17 

自分で間取りを描ける講座4

●抑えておきたい建築法規と構造計画
法規にしても構造にしても、全てをマスターしようと思えば、プロになれます。建築業界には法規のスペシャリスト・構造のスペシャリストがいて、幅広い建築業界の中でも、その道一本で生きていけます。
もちろんご自分の家を建てるだけの話しで、そこまでスペシャリストになる必要もありません。
理屈は判らなくても、法規の全般が判らなくても、家造りに対してのセオリーだけを要約して
まとめます。ですので、当然例外や裏技も存在します。最終的には専門家に委ねる事になっても
セオリーを知ることにより、専門家が何を考えてそうしたのかが判る様になります。
●法規
【建蔽率】
敷地面積に対して、建物の建てられる割合を示しています。建物以外の庭やアプローチの広さを決めると言い換える事も出来ます。住居系の地域であれば、60%以下が相場です。
では何故、自分の土地であるにも関わらず60%程度しか建てられないのでしょうか?これは町並みや景観と云った、公共性のある環境を守る為に定められているのです。
【容積率】
敷地面積に対して建てられる延べ床面積の割合を示しています。都市施設のインフラは、この容積率によって想定される人口を上回る状態で、計画されています。停電にならないのも、断水にならないのも、容積率によって人口を調整している為です。
【道路斜線】
一定の天空率を守るための斜線です。道を歩いていて青空の広さと云うのは公共の財産であると言う観点からの規制です。道路の向こう側の境界線から1:1.25の割合で斜線を延ばし、その斜線から道路側に建物を建てられない決まりになっています。
【採光面積】
部屋の大きさによって窓の大きさを決めます。窓の大きさは部屋の面積の1/7以上の大きさを求められます。窓であればどんな窓でも良い訳ではなく、道路に面しているか、隣地境界から概ね3m程度の庭(空地)が確保出来ている窓に限られます。窓を開ければ直ぐに隣りの家の壁がある様な窓は採光上有効な窓とは見なされません。

●構造計画
【木造】
木造住宅の場合必ず壁が必要となります。外壁の一辺当たり概ね、壁:窓=1:3程度の割合で、壁が必要となります。少しでも窓が開いていればその上下に壁があっても耐震上有効な壁とは見なしません。また、二階を載せるため、二階の床を受ける架構材を梁と云いますが、梁の長さの限界は概ね3.8mです。梁背を大きくすれば計算上はもっと長く出来ますが、3.8m以上長くすると撓んでしまい、実用的ではありません。リビング等で広い空間が必要な場合でも短辺方向で3.8mを超えない様にプランする必要があります。
【その他の構造】
鉄骨でも鉄筋コンクリート造でも、柱と梁からなる構造であれば、柱間隔は概ね6m前後が経済的です。それ以上も可能ですが、梁背が大きくなったりして不経済となります。
木造の様に壁で地震に抵抗することをしませんので、開放的な架構を求められている時に有利です。
梁の幅は概ね30cmほど取る必要があります。その外側に外壁が15cmほどの厚みで出ますので階段等上下階を結ぶ空間には梁を避ける必要があります。壁に階段を密着させてしまうと階段を上っていく途中で梁にぶつかる事になります。
柱の大きさですが、鉄骨造で35cm角程度。鉄筋コンクリート造で60cm程度必要となります。

建築士 福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家造りを思い立っても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
電話での問合せは時間外でも携帯に転送されますので応対できる場合があります。
メールやスマホからは黄色い「お問合せフォーム」をご利用下さい。

宜しければ、下の【よかった!】ボタンを押してください。コラムを書く励みになります

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

人は良い物を選ばない。

 人は利害が絡むと他人の目を気にするようになる 先日NHKで面白い番組を見ました。人が決断するときの心理...

[ 【カフェテラス】 ]

住む土地の広さ

 土地の広さの本質 建てる建物の大きさは法律で制限されています。凡そですが二種類ありまして、一つは建ぺい...

[ 【カフェテラス】 ]

60代からの家造り

 本当に自分が住みたい家に出会えるのは60代から 自分が自分らしく生活出来る家を考えられるのは、私は60...

[ 【60代の家造り】 ]

大阪府建築士会の住まい個別相談会があります。
イメージ

 大阪府建築士会による住まい個別相談会 大阪市住まい情報センターとの共同イベントで住まいの個別相談会を開...

[ 【早耳情報!】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ