コラム

 公開日: 2012-10-17 

木造住宅の屋上の造り方

昨日、匿名の問い合わせがありました。木造住宅でありながら屋上のある家を全国展開で販売しているハウスメーカーがあるがどうか?と云う問い合わせでした。

聞いた事の無いメーカーだったので、屋上やバルコニーの注意点や問題点を説明すると、それでもそのメーカーの家が気になるらしく、ホームページがあるから是非見て欲しいと云われ、ホームページを検索しました。出てきたそのメーカーのホームページは如何にもプロのホームページデザイナーが製作したと思われる小洒落た作りですが、中身がありません。

フラットルーフの最大の問題点は結露対策です。一昔まえのフラットルーフの問題点は断熱対策でした。しかし、断熱材の発達と気密構造の進化で断熱対策は一応の解決を見ました。その反動として結露の発生がクローズアップされています。
天井面に雨の滲みの様なものが現れて、はじめは雨漏れを疑いますが、屋上の何処を見ても雨が漏る原因が見当たらなければ結露です。もう一つ雨漏れとの違いは滲みの色がこげ茶に近い茶色です。普通の雨漏れには殆ど色はつきません。結露の滲みは色が着いてる場合が多いです。

原因は断熱対策の空気層です。断熱材の性能を上げるために直射日光の伝導熱を断熱層に直接伝えない為に空気層を造るのですが、その空気層に少しでも空気が滞留する場所があるとそこで結露が発生します。
木材は全く濡れていなくても、中に湿気を含んでいます。元々生き物ですから当然ですが、その水が結露の原因です。メカニズムは梅雨時の晴れ間屋根面が太陽光に晒されてどんどんと熱が上がります。空気も熱せられて空気層の温度も上がります。気温が上がると湿度が下がりますので木材の中の水分が水蒸気となって空気中に出て行きます。夜温度が下がるにつれて露点が下がってくると木材は湿気を吸収しますが、吸収する木は発散した時の様に一律ではありません。湿気を含む空気は相対的に温度が高いので高いところに集まりますので、高い部分の木材しか湿気を吸収できないのです。
屋上は平坦ではないのかと思いますが、屋上を平坦に造ると水が溜まってしまいますので、僅かな勾配を設けます。この勾配の上に向かって湿気が集まるのです。木が吸収出来る間はどんどん吸収していきますが、それには限界があります。限界を超えた時点で木材の表面に水が浮き結露が発生するのです。元々が木から出た水ですので結露した水は、木のアクを含んでおり茶色に変色します。その水が空気層から断熱層に伝わり断熱層の隙間から天井に落ちて天井に滲みを作るのです。

話しは戻りますが、そのホームページには結露対策は一切書かれていませんでした。実績も少ない様です。屋根の空間を庭は半屋内的なプライベート空間として、利用出来れば素晴らしいこととは思いますが、ただの思いつきだけで実行すればとんでもない事になります。

木造には木造の屋上の造り方があります。それを熟知していないと、ホームページを立ち上げて新規商売を開始したものの、クレームが多すぎて早期撤退になると云う結果が目に見えています。

木造で屋上を造りたい方は下記のホームページを参照されると良いでしょう。
http://www.jin.ne.jp/oado/lowcost.html

建築士 福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家造りを思い立っても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
電話での問合せは時間外でも携帯に転送されますので応対できる場合があります。
メールやスマホからは黄色い「お問合せフォーム」をご利用下さい。

宜しければ、下の【よかった!】ボタンを押してください。コラムを書く励みになります

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

勿論確認の為だけに、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。仮想空間の中で家を建てて、その仮想空間の中にアバター(自分の分身)を置いて、住み心地の疑似体...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

木造住宅でも屋上緑化出来る
イメージ

普通緑化しようと思えば、土またはそれに代わるものが必要になります。土そのものは思ったより熱容量が大きくな...

[ 【賢い家造り】 ]

リフォームか新築か

持ち家をお持ちの方なら、家が古くなればリフォームするか建て替えてしまうか大いに悩む問題に直面します。そ...

[ 【住宅再生】 ]

べた基礎の欠点
イメージ

 間違ったべた基礎が横行している 鉄骨造に比べて木造の基礎は簡易です。それには理由があり木造の建物は鉄骨...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

注文住宅を建てるなら相談は設計事務所に

 音楽に例えると作曲家です。 建築家や設計事務所は一体何をしている職業なのかよく分からない。と云うお言葉...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ