コラム

 公開日: 2012-12-20  最終更新日: 2014-05-23

免震の考え方は新しく斬新なものではありません。

実績のない新しい製品には未完成の部分が多く、後からもっと良い製品が出るので完成形を手に入れた方が賢明と云う考え方があります。確かに未知の分野にはその傾向が顕著です。例えばスマートフォン。出始めに飛びついて買いましたが、電話としては使い勝手の悪い事この上ありません。
携帯パソコンに電話機能が付いたと云う印象です。電話に使うだけであれば普通の携帯電話の方が遥かに便利です。今後スマートフォンに大きな改良がなされない限り、私は普通の携帯に戻してパソコン機能はもう少しディスプレイの大きなタブレットを新たに買う事を考えています。

話し変わって、免震と云う分野は未知の分野なのでしょうか。免震と云う言葉そのものは阪神大震災以降の言葉ですが、基本的な発想は、明治期以前から日本にありました。
不思議に思われるでしょうが、地震大国日本に明治以前は耐震構造の発想がなかったのです。それは、地震大国であるにも関わらず、工学が発達していない為、大地震が起きれば潰れるに任せていた、と云う訳ではありません。先祖から代々伝えられた伝承を元に地震力を受け流す「柔構造」と云う、現代工学がやっと辿り着いた発想で建物を建てていたのです。大きく揺れるが倒壊に至らない構造にすると云う発想です。

耐震構造の様な構造を「剛構造」と呼びます。剛構造は建物の一部分に地震に抵抗する部位を造り、その部分にのみ抵抗を依存しようとする発想です。解析が明快で扱いやすい為、明治期以降大きく発達しました。しかし想定外の力が加わり抵抗する部位が損傷を受ければ、その構造物は簡単に倒壊します。

柔構造は地震に大きく抵抗する部位を持ちません。全体が柔らかく建物全体で地震力を受け流します。その為一部が損傷しても建物全体が倒壊するという事はありません。建物全体で支え切れなくなると、柱の下にある礎石と柱脚の間で免震作用を起こし、そこで建物の倒壊を食い止めていました。ただ応力解析が複雑で数字として明快に割り出せない為、この技術は普及せず剛構造が主体の現代の耐震構造隆盛の時代に至ったのです。ようやくコンピューターの助けを借りて、最近になって柔構造が見直されつつあります。

柔構造の最後の抵抗手段が、免震の発想なのです。
剛構造は基礎を造り土台とアンカーボルトでしっかりと緊結します。その為地震の力全てが建物に伝わってしまいます。
柔構造は基礎を造らず、礎石を置いて、その上に柱をポンと載せるだけです。建物が揺れても抵抗できる間は建物で抵抗し、抵抗出来ないくらい大きな力になると、礎石と柱脚がずれる事により地震力を建物全体に伝えなくしていました。
その方が建物の倒壊を防げるからです。阪神大震災でも明治初期の基礎が用いられていない民家が、損傷こそしましたが、倒壊に至らず残っています。

この最後の手段の、礎石と柱脚の間で「ずれる」と云う発想を、工学的に解析して出来た装置が免震装置です。免震装置は土台の下に鋼製の架台を設け、その架台の下に砲丸投げの球の様な球体を10コ前後置いて、地面が動いても、その力を建物に伝えない「柔構造」です。

発想自体は古くからある方法ですので、未知の分野と云う訳ではありません。費用が高いと云う問題がありますが、工法そのものは完成された工法です。

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用等について
イメージ

【お問い合わせ方法】右側の「メールで問い合わせる」かhttps://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/↑をクリックして下さい。【氏名はハンドルネームでも構いま...

日本住宅再生研究所
日本住宅再生研究所

●特定非営利活動法人 日本住宅再生研究所とは? (Japan House-reproduction Laboratory) {略称JHL} 高度成長期に粗製濫造された木造住宅が、一斉に物理的耐用...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
福味健治 ふくみけんじ

ローコストで免震住宅・省エネ住宅を提供する一級建築士(1/3)

 「千利休の作とされる茶室“待庵”は、誰もが知る国宝として有名ですよね。でも、高価な素材でできているわけではないんですよ」。穏やかな口調で語るのは、近鉄河堀口駅から歩いてすぐのところにある岡田一級建築士事務所の所長 福味健治さん。質素な建材...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

免震住宅で恐ろしい地震から、貴方の家族の生命と財産を守ります

会社名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

住まい再好築【住まい再好築とは?】
イメージ

住まい再好築誤変換ではありません。住まいを再び好きになれる様に築き直そうと云う活動です。NPO日本住...

[ 【JHLの活動情報】 ]

地震とブランコ

同じ震度でも壊れる家と壊れない家があります。それも古い・新しいは関係がなく一様に壊れる時は壊れるようです。...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

地震に強い構造は?

地震に関して云えば、揺れそのものには鉄骨系の住宅が強いです。もう少し突っ込んで云えば軽量鉄骨住宅が最も地震...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

低予算でも高性能な家は造れます。

低予算でご希望の間取りを叶えようとするとローコストハウスと云う手法があります。ローコストハウスとチープハ...

[ 【ローコスト住宅】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ