コラム

 公開日: 2013-01-06  最終更新日: 2013-01-07

日本瓦の会社が減っています。

一昨日の読売新聞で、日本瓦を製造している会社が10年前に比べ激減していると報じていました。阪神大震災以降、重いことが敬遠され新しい家の殆どがスレート瓦やセメント瓦になっています。このままでは社寺仏閣の屋根の葺き替え工事もままならない様な事態になるのではと懸念されています。

阪神大震災の時倒壊した建物の多くが、日本瓦で葺いた建物でした。関西の日本瓦の葺き方は、断熱効果を上げる為、大量の土を瓦の下地として用います。そこに老朽化が相まって多くの建物が倒壊してしまったのです。
構造をしっかり造り、工法を検討しながら家を建てれば和風住宅も良いものです。問題は構造よりもコストの問題でしょう。日本瓦はスレート瓦に比べ重いので、重労働となり施工単価が上がってしまいます。
それに加え、和風住宅の特徴である軒裏の納まりが、洋風住宅に比べ高価についてしまいます。現在の市街化区域は殆どが防火に対する何等かの規制が掛かっています。普通の板で軒裏を仕上げる事ができないのです。どうしても木で軒裏を仕上げたいのなら、軒裏に貼る板を防火認定が取れている薬剤処理を施した板を用いなければなりません。
また室内でも和風住宅は柱を見せる構造になっていますので、構造材も割高になってしまいます。
こう云った、コスト面の工夫をしない限り、日本瓦が復活する機会は無いかと思います。

しかし、日本の原風景に最も溶け込むのは和風住宅であり、和風住宅を望む声も多く聞かれますので、洋風住宅と同じ程度の価格帯の和風住宅が望まれるところです。

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
私のこだわりポイント
勘や経験に頼ると家は潰れます

●木造住宅は構造計算をしなくても検査は通ってしまいます。大きな地震が発生するたびに木造住宅は倒壊します。これは法律の不備で、木造住宅の場合は構造計算書を提出...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

見ないと後悔する目からウロコの家造り
イメージ

 標準仕様は作り手の都合の産物 質の良い家を安価に求めるならば、標準仕様の概念を捨て去るべきです。...

[ 【賢い家造り】 ]

お金を掛けずに自然素材を多く使う方法
イメージ

 無垢材を多用する方法 木造の家は木で出来ています。ですので今さら自然素材にこだわる事もないのですが、今...

[ 【賢い家造り】 ]

お金を掛けずに吹き抜けを造る方法
イメージ

 吹き抜けを造ってもコストアップにはならない ハウスメーカーや工務店との契約で坪単価x坪数の様な契約方法...

[ 【賢い家造り】 ]

南海地震の発生確率が上昇しました。
イメージ

 必ず襲う南海地震 これまで、南海地震の発生確率は今後30年で70%と公表されていましたが、2018年...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ