コラム

 公開日: 2013-05-11  最終更新日: 2014-05-23

数寄屋門

和風住宅の中でも、茶室から派生した「好みに任せた家」を数寄屋と云います。茶道の精神に習い、虚飾を排して内面を洗練させて客をもてなす家を指します。
その為、一見すると質素であるにも関わらず、実は見れば見るほど深みがあり、住まう人を飽きさせません。そんな数寄屋の導入部に数寄屋門が建ちます。

寺院や武家屋敷の門屋と比較すると、華奢で繊細に見えますが、奥の深い意匠性を持っています。数寄屋には大工さんの遊び心が盛り込まれます。この様な華奢な門が、何故自立するのかとか考えると普通の建て方では済まないだろうなとか、軒を深くしないと木が傷むのが早いだろうなとか、色々問題が見えてきます。
それらをさりげなく、さも普通の様に見せる工夫(技術の粋)が、良い数寄屋普請には施されていいます。

カタチを真似るのではなく、精神を習う。

数寄屋の家には、古くなっても人々の心を惹きつける魅力が詰まっています。

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用等について
イメージ

【お問い合わせ方法】右側の「メールで問い合わせる」かhttps://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/↑をクリックして下さい。【氏名はハンドルネームでも構いま...

日本住宅再生研究所
日本住宅再生研究所

●特定非営利活動法人 日本住宅再生研究所とは? (Japan House-reproduction Laboratory) {略称JHL} 高度成長期に粗製濫造された木造住宅が、一斉に物理的耐用...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
福味健治

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

飽きが来ない、いつまでも大事にされる家を設計する

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ひと味違う設計事務所の注文住宅が自慢です!

定年を機に古くなった家をリフォームするか、建て直すか悩ん...

S
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

新築する際のご近所問題

 空き地に家を建てるという事 念願の土地が見つかり、いよいよ建築となった段階でご近所から迷惑だとクレーム...

[ 【賢い家造り】 ]

問われる耐震等級の見方

 高まる耐震化への意識 最近全国各地で震度3~4程度の地震が頻発しています。大地震の前触れではないかとの...

[ 【賢い家造り】 ]

ひどい話し

 欠陥住宅の相談電話 先日ネットを見たと云う方から、電話でご相談がありました。その方曰く大手のハウスメー...

[ 【賢い家造り】 ]

木造住宅でも構造計算を
イメージ

 大地震に備えて 最近木造の二階建て住宅でも「許容応力度計算」(構造計算)を依頼されるクライアントが増え...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ