コラム

 公開日: 2013-07-26  最終更新日: 2018-06-06

古代地図と軟弱地盤

現代の地図と古代の地図の比較


画像は言われるまでもない近畿地方の地図です。近畿に住む人であれば、自分の家がどこにあるか直ぐに判るでしょう。では下の写真はどうでしょうか?

これは大阪平野の古地図です。青い点線は縄文時代の海岸線です。赤い点線は古墳時代。今とは随分印象が異なります。上町台地から西側は海です。また上町台地の東側にも河内湖(河内潟)と云う入江が広がっていました。淀川や大和川からの土砂の堆積や、海水面の後退で現在の様な地形になっています。
この様な状況から上町台地以外は近世まで湿地帯・砂洲などで出来ていた軟弱地盤である事が伺えます。
古代の河内湖(河内潟)は現在の浜名湖の様な汽水域であった事が貝や魚の骨などから分かっています。今から2000年後には浜名湖も大阪平野の様に陸地化するのでしょう。

この地図は馴染みの無い地図ですが、実は奈良盆地の地図です。濃い水色の位置に湖がありました。現在の王寺周辺です。少なくとも飛鳥時代には存在していました。白い家の印は弥生時代の集落跡です。有名な唐古遺跡も見えます。弥生時代の集落跡は不思議なことに奈良盆地の中央付近にはありません。つまり水色の当たりまで湖又は湿地帯が広がり人が住めなかったのです。黄色い印は縄文時代の遺跡です。薄水色の地域まで後退します。古い時代ほど湖が大きく時代が下るにつれて陸地化して行った様子が伺えます。

地盤の強弱を示すJ-shis Map

これは状況証拠だけではありません。地盤調査からも伺えます。
下の地図はJ-shis Mapと云いまして、表層地盤と云うタグをクリックすれば固い地盤なのか軟弱な地盤なのか見る事が出来ます。
地盤が固いか軟弱かは、地震時の地盤がどれだけ揺れやすいかを示す指標となります。
見たい地域をWクリックすれば、別のウィンドウが開き一番下に地盤の増幅率が示され、数値が大きい程揺れが長く続く事を示しています。地図は青色が硬い地盤を示しており、赤が軟弱な地盤(地震の時揺れが長く続く地盤)を示しています。

古地図とよく見比べて下さい。湖や入江であった付近が二千年を経過してもやはり軟弱地盤として浮き上がって来ます。
不思議に思うのが大和川の現在の河川の位置です。
淀川が土砂を運んで大阪湾に堆積して言った為、軟弱地盤の中にあるのは当然ですが、大和川は比較的固い平地部分を流れています。
実は現在の大和川は人工の川なのです。江戸時代宝永年間に河内地方の氾濫を防ぐ為現在の位置に人工的に付け替えされています。その結果、良港であった堺港が大和川からの土砂で埋まり近世以降衰退していきます。
かつての大和川は、石川と柏原市で合流した後北上し、河内湖(河内潟)に注いでいました。川筋を何度も変えながら河内湖を陸地化させていきました。いまでも東大阪市に「川中」と云う南北に長い町名が残りますが、これもかつての川筋です。「川中」の地面を掘ると綺麗な川砂の層があり地下水も豊富です。

地盤と地震被害

地盤の増幅率を地図にするだけで、古代の地形が浮き上がって見えるのはなんとも不思議なものです。
違った見方をすれば、一概に家は坂道のある丘陵地に建てた方が地震の被害は少なく、平らな平野部に建てると地震の被害を受けやすいと云う事です。
全ての建物には、それぞれ異なる固有振動周期があります。地震波の波形と建物の固有振動周期が一致した場合、建物は共振して大きく揺さぶられることになります。地震波の波形周期が1~2秒前後のものが木造建物の固有震動周期を一致し易く、阪神大震災や熊本地震では1~2秒の周期が現れた為、多くの木造建物が倒壊しました。これをキラーパルスと呼びます。
この事から、地盤が軟弱で地震波の増幅率が高い地域は、それだけ長く揺れる訳ですから、地震に対してより危険であることが判ります。

家や地震対策に関するコラムのリクエスト受け付けています。問い合わせ欄よりリクエストをどうぞ

福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家の事が気になっても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
↓こちらもお読み下さい

[地震対策 http://www.green-h.org/oadon/jisin.html]]

[[省エネ対策 http://www.green-h.org/oadon/syouene.html]

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

56

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(10

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

上町断層の被害想定
イメージ

 政府が発表している被害想定 この画像は私も何度も取り上げている上町断層が動いた際の被害想定を表す予想...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

地盤を改良して免震効果を得る事は可能か

 人口地盤の上に建物を乗せて免震させる方法 ネット上で免震で検索すると様々な工法を見つける事が出来ます。...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

梅雨明け十日の暑さ対策
イメージ

 異常気象なのか 梅雨明け10日と云うのは昔からのことわざで、梅雨が明けたら夕立も降らない猛暑日が10日...

[ 【エコ住宅】 ]

現場監督さんが足りない

 3Kの象徴の様な現場監督業 バブル崩壊以降長期低迷を余儀なくされていた建築業界ですが、今年に入り異変が発...

[ 【カフェテラス】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ