コラム

 公開日: 2013-10-07 

200年持つ家

ある住宅メーカーが200年持つ家と云うのを提案しています。また別のメーカーはほぼ全ての工程を工場で生産し、製品の精度向上を謳っています。また、別なメーカーは耐震等級5を宣伝文句にしています。(実際に法で定められた耐震等級は3までしかありません)全て、家の寿命を延ばす工夫を提案しているのですが、これらの提案全てに私は懐疑的です。
長寿命と云えば、あらゆる面で長持ちすることが求められます。これら長寿命を謳ったメーカーは建物が壊れるかどうかの、物理的な特性しか提案していません。建物は壊れさえしなければ長持ちするのでしょうか。私はそうは考えません。いくら物理的に頑丈な家を造っても、住まう人に飽きられてしまえば、いとも簡単に壊されてしまいます。
第一世代が40代で家を購入しました。その世代が80代で他界し、第二世代は古い家を引き継がず、第一世代の残した土地に自分たちの気に入った家を建て直して住む。第三世代がまた同様の事を繰り返す。これが、日本の家の実態です。つまりどれだけ家を頑丈に造っても40年程度しか残らないのです。

本当に家を200年持たせようと思えば、代々住み継がれる「何か」が必須となります。それを一言で云えば文化です。家造りにその家族の文化が反映されていればその家は長持ちします。第一世代に育てられた第二世代は同様の文化を継承します。第三世代以降も同様です。別な言い方をすれば、その家族の文化的なDNAを表現する様な家で無ければスクラップアンドビルドを繰り返してしまうのです。

老朽化が目立ち、建替えを勧めた建築主にこう言われた事がありました。「どれだけ老朽化していても、親父が丹精込めて建てた家を自分が潰すわけにはいかない」と。これが文化的なDNAだと考えます。
文化的に同じ思想を持つ人は、その家のどこかに共感するものを持っていて、それが愛着になり、そこに居れば落ち着ける空間となるのです。

今住宅メーカーの提案する家の殆どが無国籍な洋風チックな住宅ばかりです。何故日本人がトラディッションとして積み上げてきた和風住宅の提案が少ないのでしょうか。
これは、生産性向上を追求した造り手サイドの都合でしかありません。和風住宅は洋風住宅に比べ手造り部分が多く、伝統美・様式美に溢れ、住宅メーカーが最も不得意な匠の技が要求される為、住宅メーカーが手を出し難いデザインなのです。
それでも一件一件建築主に寄り添って造られた家であれば、文化的DNAの幾分かは表現されるでしょうが、「このパターンの中から選んで下さい」では40年程度の寿命しか得られません。
長寿命の家を造るには、住み継がれる思想が必要です。

建築士 福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家造りを思い立っても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
電話での問合せは時間外でも携帯に転送されますので応対できる場合があります。
メールやスマホからは黄色い「お問合せフォーム」をご利用下さい。

宜しければ、下の【よかった!】ボタンを押してください。コラムを書く励みになります

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

勿論確認の為だけに、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。仮想空間の中で家を建てて、その仮想空間の中にアバター(自分の分身)を置いて、住み心地の疑似体...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

木造住宅でも屋上緑化出来る
イメージ

普通緑化しようと思えば、土またはそれに代わるものが必要になります。土そのものは思ったより熱容量が大きくな...

[ 【賢い家造り】 ]

リフォームか新築か

持ち家をお持ちの方なら、家が古くなればリフォームするか建て替えてしまうか大いに悩む問題に直面します。そ...

[ 【住宅再生】 ]

べた基礎の欠点
イメージ

 間違ったべた基礎が横行している 鉄骨造に比べて木造の基礎は簡易です。それには理由があり木造の建物は鉄骨...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

注文住宅を建てるなら相談は設計事務所に

 音楽に例えると作曲家です。 建築家や設計事務所は一体何をしている職業なのかよく分からない。と云うお言葉...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ