コラム

 公開日: 2013-10-09 

ニュータウンの再生

ニュータウン開発が昭和40年代初めから現代に至るまで続いています。初期のニュータウンは高齢化が進み今やゴーストタウンになっているところも多いと聞きます。同じ年齢層ばかりの街では高齢化も一気に進みます。既製の街と違い緩やかな世代交代が行われないのです。もう一つ先祖代々住み続けられて来た街ではないので、子世代が住み継ごうとはしません。子世代はまた親と同じように新しいニュータウンを目指します。日本がお手本にしたアメリカのニュータウンでも同じ現象が起こっており、その地域全体をリタイヤタウンにする計画もあるそうです。
ばらつきが無いのは、年齢層ばかりではありません。そこに建てられている建物も均質化しているのがニュータウンの特徴です。特に古いニュータウンは無国籍な大量生産に都合の良い建てられ方をした住宅が立ち並んでいます。それらも現在耐用年数を迎えようとしています。
ここで云う耐用年数とは経済的耐用年数です。物理的にはまだ耐えられるのに、人がもうその価値を認めない無価値な建物と云う意味の耐用年数です。

では何故、経済的に無価値なのかを考えてみましょう。

まず初めに、新しい世代の人が空家があるからと言って、成熟した高齢者の多い古いニュータウンに住めるでしょうか。子供の友達も近くにいない、子育て世代の共通の悩みや問題を共有出来る人が近所にいない。それだけで、結構大きなバリアとなります。見ず知らずの人が田舎の村中に突然引っ越す時と同じ様な抵抗がそこにはあります。
では、元々住んでいたニュータウンの子世代は何故、住み継がないのでしょうか。子供世代が住み継げばニュータウンの世代交代が順調に進む様に思いますが、現実はそうはなっていません。いずれは親の面倒を見ると考えても、その時は親の家に転がり込むのではなく、親を呼び寄せると云うカタチを取る様です。子供の学校や主人の職場の関係等理由は色々ありますが、親の住んでいた所に同居するケースは少ない様です。

こうして開発当初もてはやされた、ニュータウンは気位ばかりが高くて、現実は買い手の付かない無価値な街になって行きます。

ニュータウンを再び活性化させようとするならば、これは規制緩和しかありません。敷地面積が広くても建ぺい率・容積率が抑えられて、二世帯住宅も満足に造れない地域では、活性化するはずがありません。生活環境が悪くなるのには積極的ではありませんが、せめて建ぺい率・容積率を緩和すべきかと考えます。

それと建替えするのであれば、造り手の都合で家を造るのではなく、住まい手の都合の良い家を建てるべきです。それは住宅メーカーの家を買う感覚に比べれば、労力を要する行為ですが、建てる時にする苦労は建ててからは愛着に変わります。家に対する愛着を第一世代が持っていれば、それがその家の文化となり第二世代に受け継がれます。つまり経済的耐用年数の長い家となるのです。

建築士 福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家造りを思い立っても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
電話での問合せは時間外でも携帯に転送されますので応対できる場合があります。
メールやスマホからは黄色い「お問合せフォーム」をご利用下さい。

宜しければ、下の【よかった!】ボタンを押してください。コラムを書く励みになります

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

セカンドライフの家造り
イメージ

 注文建築の不安 家を建てるのに不安はありませんか?その不安の元は何でしょう。それは、カタチの無いもの...

[ 【賢い家造り】 ]

ローコスト住宅を成功させる方法
イメージ

 業者とどう接するか ローコスト住宅を成功させるには、業者さんとの協調が欠かせません。お金はないけど...

[ 【賢い家造り】 ]

外張り断熱は内断熱よりも優れているのか
イメージ

 外張り断熱の特徴 外張り断熱に用いる断熱材は成型板を用いますので、グラスウール等と比較すれば、固いで...

[ 【エコ住宅】 ]

安くて地震に強い家を造るには
イメージ

 地震を知ろう 地震に強い家を安く造るには、地震を正しく知る必要があります。そして巷で流れている風評やデ...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ