コラム

 公開日: 2015-06-01 

性能の悪さを逆手に取った免震住宅

地震は活動期に入っています

一昨日発生した地震はマグニチュード8.1と大きな地震でした。発生深度が680kmと深かったため、大きな被害は出ませんでしたが、日本の都道府県全てで震度を観測する大規模なものでした。
東日本大震災以降、日本を取り巻く地殻の移動が活発化しており、相当な歪みが溜まっている様に思われます。
今回の様なプレート境界型の地震もさることながら、断層がずれる阪神大震災の様な直下型地震も警戒しなければなりません。
火山も地殻が歪んだ結果活発化します。普段は地殻そのものの重さで、温度が高くても、圧力も高いので、岩盤は固形の状態でいられますが、温度が高いまま、圧力だけが下がりますと、固形の状態でいられず、液体化しマグマとなります。日本各地で火山が活発化してるのは、地殻が歪んでいる証しとなります。

建築基準法をクリアするだけでは安全とは云えません

重力加速度(gal)を基準に建物の耐震強度を考えますと、関東大震災の時に観測された400galに対して安全かどうかを目安にしています。現在の震度階に当て嵌めますと震度5強と云う事になります。悪条件が重なれば建築基準法を満たしているだけでは、震度6で倒壊の危険性があると云う事です。これは古い建物に限らず新築でも同じです。
阪神大震災で観測された地震波は881galでした。
よくチラシ広告とかで「震度7に耐える家」とかの宣伝文句を目にしますが、科学的な根拠を掲載していなければ誇大広告です。
何故ならば、震度7より上の震度階は無いのです。
重力加速度的にみて、震度8とか震度9とかに相当する地震が発生しても、それは震度7なのです。ですので、震度7に耐えうる家を建設する事は不可能です。

免震の新しい考え方

地震の横揺れを防ぐ手段として、免震がありますが、今までは高価であるため、重要な建物とか高級マンションには使われているものの、個人住宅までは普及しませんでした。
木造の場合は建物が軽い為、ゴム免震ではなく転がり免震を用います。震度4程度から作動し、地震に対しては高性能なのですが、そのままでは風に対しても揺れてしまうと云う欠点があります。そこで風揺れ固定装置や制震ダンパーが必要になり、マンションの様な重い建物に比べると、複雑で高価な装置になってしまうのです。
これが、従来の免震住宅の考え方だったのですが、ゴム免震と同様に、性能が悪いとされていた滑り免震が、注目されています。
滑り免震は転がり免震よりも摩擦係数が大きく、性能が悪いのですが、大きな摩擦抵抗が幸いして風で揺れる事がありません。竜巻とか暴風雨は別ですが、普通の風では揺れる事はありません。
免震性能が悪いと云っても、建物の構造に影響が出始める震度5強では免震しますので、家具の転倒等にさえ気を使っていれば、震度4で免震しなくても大した問題とはなりません。複雑な装置が不要な分安価になります。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~menshin-house/?gclid=CMjw4eXUk6oCFYw3pAodPjIbwg
先日上記URLの滑り免震住宅の見学に行きました。
 

この免震装置のユニークな点は、滑り免震の特徴を生かすと同時に、告示免震に必要とされる免震架台を木製架台で済ませるところにあります。
一般の免震住宅は鋼製又はコンクリート製であったため、これも高価になる一因でした。外見は少々不細工にはなりますが、コストパフォーマンスは非常に高い免震装置です。

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用等について
イメージ

【お問い合わせ方法】右側の「メールで問い合わせる」かhttps://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/↑をクリックして下さい。【氏名はハンドルネームでも構いま...

日本住宅再生研究所
日本住宅再生研究所

●特定非営利活動法人 日本住宅再生研究所とは? (Japan House-reproduction Laboratory) {略称JHL} 高度成長期に粗製濫造された木造住宅が、一斉に物理的耐用...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
福味健治 ふくみけんじ

ローコストで免震住宅・省エネ住宅を提供する一級建築士(1/3)

 「千利休の作とされる茶室“待庵”は、誰もが知る国宝として有名ですよね。でも、高価な素材でできているわけではないんですよ」。穏やかな口調で語るのは、近鉄河堀口駅から歩いてすぐのところにある岡田一級建築士事務所の所長 福味健治さん。質素な建材...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

免震住宅で恐ろしい地震から、貴方の家族の生命と財産を守ります

会社名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ひと味違う設計事務所の注文住宅が自慢です!

定年を機に古くなった家をリフォームするか、建て直すか悩ん...

S
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

住まい再好築【住まい再好築とは?】
イメージ

住まい再好築誤変換ではありません。住まいを再び好きになれる様に築き直そうと云う活動です。NPO日本住...

[ 【JHLの活動情報】 ]

セルフジャッジの悲劇
イメージ

家造りに於いて建築士が存在しない現場は紛争のリスクを常に伴います。セルフジャッジをしてしまう為です。セルフ...

[ 【賢い家造り】 ]

防火構造と準耐火構造
イメージ

下記の画像は防火構造と準耐火構造の外壁です。この画像は部屋内から壁を見たところです。柱に石膏ボードを張...

[ 【賢い家造り】 ]

火災対策

地震に強い家を造る事を何度も繰り返し発信してまいりましたが、地震で倒壊を免れた家もその後に発生する火災で焼...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ