コラム

 公開日: 2017-06-02 

老人ホームを木造で

まだ拡大する介護ビジネス

段階の世代が老齢期に到達し始めています。まだ70歳までには少し間がありますが、今後介護が必要になる世代は20年間増え続けると云われています。少なく見込んでも10年間は増え続け、後の10年は横ばいかと思われます。
今から計画しても、10年間は安泰なビジネスが老人介護ビジネスです。
しかし、大金を投資してまで行うビジネスでもありません。20年後には老人は減り始め過当競争の時代に突入する為です。現在活動中の大手の介護事業者は自社で土地を取得し建物を建設して運営する事はせず、建物オーナーから運営を委託されて運営のみ行う形態に変わりつつあります。
これは、償還期間が長ければ幾らお金を掛けた立派な建物でも、過当競争に残れない事を意味しています。
合法的に建物の構造躯体にお金を掛けずに、設備や仕上げに予算を投入する方が経営的に安定します。

成功のポイントは建設コスト

では構造躯体のコストを下げるにはどの工法がベストかを考えると在来木造に行きつきます。鉄筋コンクリート造や鉄骨造の介護施設が坪単価90~120万円するのに対し、在来木造であれば50~70万円で可能となります。300坪の施設であれば、鉄筋コンクリート造や鉄骨造が27000~36000万円するのに対し、木造では15000~21000万円で収まります。12000~15000万円の差額は、そのまま償還期間に反映されます。家賃収入を介護保険に頼る為建物の構造に関係なく家賃は一定になってしまうのです。建設費が高くついたからと云って、家賃を値上げする事が出来ません。
まして、20年後には老人人口は減少に向かい、新たな設備投資を考えるか、介護事業から撤退するかの選択に迫られます。そうなった場合、初期の過剰な設備投資が大きな問題となる事は間違いありません。

大規模な介護施設に何故木造が少ないのか

個人経営のデイサービスセンター等を除外すれば、木造の介護施設は稀です。では何故木造が少ないのかと云いますと、行政により防災対策として、福祉施設を耐火建築物にするよう条例で定めているところがある為です。この傾向は福祉施設に火災等の災害が起きる度に強化されていく傾向にあります。現在は条例に規定されていなくても、今後は耐火建築物に限定されて行くでしょう。

木造耐火建築物

もちろん従来の木造建築は耐火構造にはなりません。木造火災は構造躯体自体が可燃物である為。全焼すれば焼け落ちてしまいます。しかし、建築基準法の法律改正で木造でも耐火被覆を行えば耐火建築物として認められる様になりました。介護施設や保育所と云った福祉施設にはコストを抑えるだけでなく、木の風合いを残したデザインも歓迎されるでしょう。難点はまだ木造耐火が考案されて間もない為、熟達した技術者・技能者が少ない事です。
この度、神戸市北区で木造耐火建築物として、有料老人ホームを建設する事となりました。本コラムを利用して木造耐火建築物の実況中継を行います。

福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家の事が気になっても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
↓こちらもお読み下さい

[地震対策 http://www.green-h.org/oadon/jisin.html]]

[[省エネ対策 http://www.green-h.org/oadon/syouene.html]

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

現場監督さんが足りない

 3Kの象徴の様な現場監督業 バブル崩壊以降長期低迷を余儀なくされていた建築業界ですが、今年に入り異変が発...

[ 【カフェテラス】 ]

梅雨明け10日

 今年の夏は長く厳しい 死者・行方不明者を合わせると200人を超える大惨事となって、梅雨は突然明けてしま...

[ 【カフェテラス】 ]

住宅相談会ご参加御礼
イメージ

H30年7月9日 サンワカンパニー大阪ショールームに於いて住宅相談会を行いましたところ、平日であるにもかかわらず...

[ 【早耳情報!】 ]

間取りを仕切らない・区切らないと言う選択肢
イメージ

 日本には個室の文化が無い 古来日本人は大家族で生活していました。それも一つの部屋で家族全員が寝起きする...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ