コラム

 公開日: 2018-05-03 

結露はこれからの季節が本番

結露は冬の問題ではない

寒い冬に結露は話題に上りますが、暖かくなると忘れ去られてしまいます。しかし一日の温度差が激しく空気中の湿度の高いこの時期が、最も結露に神経を使う時期なのです。
見た目は窓に結露は浮きませんし、目立つヶ所に結露は現れません。しかし、屋根裏や壁の中では確実に結露は発生しています。
特に屋根裏の結露は深刻です。
日中気温が高くなると、温められた空気は上に上ります。家の中で言えば、最も高い屋根裏に暖かい空気が集まるのです。しかもこの季節は冬に比べ湿度が高い空気です。気温が高い間は飽和水蒸気量の値は大きいですので、湿気を水蒸気として蓄えていますが、夜になり気温が下がると一気に露点を超え結露が始まります。

木材は濡れたり乾いたりを繰り返すと最も傷む

木材は乾燥していたり、水の中にある時は比較的安定しています。木製の桟橋を見ていると水中の木はしっかりしていますが、水際の濡れたり乾いたりしている部分の腐食が最も激しいのが分かります。

屋根裏ではこの季節、浪打際の木と同様のダメージが木材に起こっているのです。

対策は換気のみ

屋根裏に集まった水蒸気を逃がすには換気するのが最も簡単かつ効果的です。屋根裏を収納庫等で換気の流れを塞いでいませんか?流れの悪い状態になっていれば、換気扇等で強制的に空気を引っ張る方がが建物を長持ちさせます。

壁面内結露

高気密と高断熱をセットで考えがちですが、高断熱を追及した結果高気密になったのであって、高気密そのものが目的ではありません。また高気密にすれば、結露対策をしなければなりません。
袋入りグラスウールを例にお話ししますと、袋の表側(文字の書いている側)が気密層になっていて、石膏ボードに密着する様に柱の表面と同じ面になるよう施工します。袋の裏側には小さな穴が無数に開いていて、そこからグラスウール内の水蒸気が逃げ出す様になっています。袋から逃げた水蒸気は一旦構造用合板などの外壁下地材に吸い込まれますが、透湿防水シートを通過して通気層に達し屋外へと逃げていきます。
透湿防水シートが商品化される以前の建物や、防水シートしか張らなかった家で、高気密化を図った家があるとすれば、水蒸気の逃げ道が閉ざされ、運が悪るければ壁面内で結露が発生するでしょう。

壁面については、目に付きやすいですので問題化され色々な解決策が講じられるようになりましたが、屋根面でも同じ様な問題が発生しているはずです。むしろ屋根面の方が熱的な環境は厳しいかと思います。であるにも関わらず屋根の防水シートは透湿性のないアスファルトルーフィングが一般的です。高気密化を図るため小屋裏換気口を設けない家も最近良く見かけますが、その様な家が透湿性のない防水シートを使用していると棟付近で結露が発生しているはずです。小屋裏空間が広ければ気温が下がれば結露し、小屋裏空間が狭ければ気温の上昇と共に結露が発生するでしょう。

建築士 福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家造りを思い立っても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
電話での問合せは時間外でも携帯に転送されますので応対できる場合があります。
メールやスマホからは黄色い「お問合せフォーム」をご利用下さい。

宜しければ、下の【よかった!】ボタンを押してください。コラムを書く励みになります

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

60代からの家造り

 本当に自分が住みたい家に出会えるのは60代から 自分が自分らしく生活出来る家を考えられるのは、私は60...

[ 【60代の家造り】 ]

大阪府建築士会の住まい個別相談会があります。
イメージ

 大阪府建築士会による住まい個別相談会 大阪市住まい情報センターとの共同イベントで住まいの個別相談会を開...

[ 【早耳情報!】 ]

セカンドライフの家造り
イメージ

 注文建築の不安 家を建てるのに不安はありませんか?その不安の元は何でしょう。それは、カタチの無いもの...

[ 【賢い家造り】 ]

ローコスト住宅を成功させる方法
イメージ

 業者とどう接するか ローコスト住宅を成功させるには、業者さんとの協調が欠かせません。お金はないけど...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ