コラム

 公開日: 2011-07-23  最終更新日: 2014-05-23

3LDK・4LDKと云った間取り例で家を決めて良いのでしょうか


お施主様の依頼に応じて、家のご希望をお伺いする際、必ず耳にするのは「最低3LDKは欲しい」「4LDKが希望です」と云う言葉です。

私はこう云う質問をします。
「年に何回ぐらい、あらたまったお客様が来られますか?」
「下駄箱から靴は溢れていませんか?」
「ご主人やお子様は帰宅されて何処で着替えしますか?」
「パソコンは何台ありますか?どこにパソコンを置くのがベストですか?」
「お子様は自分から個室が欲しいと云っていますか?」
「お子様が個室を望まれた場合、家族の団欒をどの様に過ごすのが良いですか?」

「年に何回ぐらい、あらたまったお客様が来られますか?」
個室としての応接室・リビングに接した客間。利用形態によりいっそ無くしませんかと云う提案をします。

「下駄箱から靴は溢れていませんか?」
昔、靴と言えば普段履くものと外出用の二足程度のものでした。今は服に合わせて靴を変えます。背の高い下駄箱にした程度では殆どの家は収まっていません。階段下の物入れは靴箱で溢れています。シューズクロークの必要性を問いかけます。

「ご主人やお子様は帰宅されて何処で着替えしますか?」
リビングが散らかる原因の多くは衣類の散乱です。個室や寝室があってもそこで着替えをしません。ロッカールームの必要性を問いかけています。

「パソコンは何台ありますか?どこにパソコンを置くのがベストですか?」
家の中でも、誰もが使えて、しかもパーソナルな空間と云うのは限られてきます。台数と何処に置くかは、今後テレビの位置を何処にするかよりも重要になってきます。

「お子様は自分から個室が欲しいと云っていますか?」
お子様が自ら個室を望んでいないのに親が、子供が大きくなれば必要だからと、造ってしまう傾向にあります。仕切り方や家具の配置次第で間仕切らなくても個室空間は演出できます。

「お子様が個室を望まれた場合、家族の団欒をどの様に過ごすのが良いですか?」
個室の居心地が良すぎると子供は、食事以外は自分の部屋に引き篭もる様になります。そのことは精神衛生上本当に良いことなのでしょうか?

断熱性能が悪かった時代の住宅は、空調効率を高める為、個別空調した方が省エネと考えられてきました。しかし個室空調は部屋を仕切る事を前提にしている為風通しを悪くして、自然換気を阻害して来ました。「外は涼しいのに家の中に入ると蒸し暑い」と感じておられる方の家はこのパターンです。
断熱性能が向上した現代の住宅は間仕切りを少なくして、吹き抜け等縦の風の流れを起こして家全体を一つの空調機で賄う発想が必要になっています。

休日の朝、新聞には新築、中古を問わず住宅のチラシが何枚も入っています。新築を考えている人や、間取りが好きな人は良く目を通されると思います。
私も間取りが好きで、この仕事を始める前からよく間取りを眺めていました。今でも習慣的に目を通しています。

日本の民家住宅の間取りの原点は「田の字型」住居です。端に土間があって牛や馬もそこで飼っていました。土間に面して板間があり囲炉裏が切ってあり、その奥に座敷があります。この形態の間取りが江戸時代から明治の初めにかけて300年間続きました。
町屋でも牛や馬がいなかったり、土間が店に変わったりするだけで形態は変わりません。

明治後半から大正にかけて西洋から新しい住居形式がもたらされて来ます。
民家にも独立した玄関が現れ、それに続く廊下に部屋がつながると云う「中廊下式」と呼ばれる住居形態です。明治43年に阪急の創始者小林一三が池田市に室町住宅を開発し日本初の分譲住宅を販売しています。玄関横に応接間があり茶の間・座敷と続きます。廊下の反対側は台所・トイレ・家庭風呂と云った構成です。この形態の住居も昭和20年代頃まで全国的に造られました。

大正時代に当時の住宅公社、「同潤会」が東京青山に日本初のマンション「青山アパート」を建設しています。
その流れを汲んで、日本住宅公団が戦後、全国に鉄筋のアパートの建設を始めます。
文化住宅と呼ばれる木造二階建て長屋と比べると遥かに文化的でしたので、新婚世帯の憧れの的となりました。賃貸住宅が主流で、募集の際に「○DK」とか「○LDK」とか記号を読んだだけで間取りを把握出来る呼び方を考案し、素人でも部屋の大きさを直ぐに把握できた為この呼び方が、マンションだけに留まらず戸建て住宅にも広がりました。

一戸建ての住宅ですが、実は「中廊下式」住居以降あまり変わっていません。台所はキッチン、茶の間はリビング、座敷は応接室と名前は変えていますが、間取りの配置形態に目立った変容はありません。部屋から部屋へ移る「田の字型」から廊下を通って部屋に入る「中廊下式」住居が、個人のプライバシーを守るのに都合が良いため、今もその呪縛から抜け出せないでいます。

これだけ時代が大きく変化している時に大正年間から続く間取り構成を、3LDK・4LDKと呼び方を変えただけで、そのまま踏襲して良いのでしょうか?

建築技術革新が進んだ現代の住宅に、大正時代の間取りを考える事は愚作だと思いませんか?

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
費用等について
イメージ

【お問い合わせ方法】右側の「メールで問い合わせる」かhttps://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/↑をクリックして下さい。【氏名はハンドルネームでも構いま...

日本住宅再生研究所
日本住宅再生研究所

●特定非営利活動法人 日本住宅再生研究所とは? (Japan House-reproduction Laboratory) {略称JHL} 高度成長期に粗製濫造された木造住宅が、一斉に物理的耐用...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
福味健治 ふくみけんじ

ローコストで免震住宅・省エネ住宅を提供する一級建築士(1/3)

 「千利休の作とされる茶室“待庵”は、誰もが知る国宝として有名ですよね。でも、高価な素材でできているわけではないんですよ」。穏やかな口調で語るのは、近鉄河堀口駅から歩いてすぐのところにある岡田一級建築士事務所の所長 福味健治さん。質素な建材...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

免震住宅で恐ろしい地震から、貴方の家族の生命と財産を守ります

会社名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

住まい再好築【住まい再好築とは?】
イメージ

住まい再好築誤変換ではありません。住まいを再び好きになれる様に築き直そうと云う活動です。NPO日本住...

[ 【JHLの活動情報】 ]

地震とブランコ

同じ震度でも壊れる家と壊れない家があります。それも古い・新しいは関係がなく一様に壊れる時は壊れるようです。...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

地震に強い構造は?

地震に関して云えば、揺れそのものには鉄骨系の住宅が強いです。もう少し突っ込んで云えば軽量鉄骨住宅が最も地震...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

低予算でも高性能な家は造れます。

低予算でご希望の間取りを叶えようとするとローコストハウスと云う手法があります。ローコストハウスとチープハ...

[ 【ローコスト住宅】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ