コラム

 公開日: 2011-07-25  最終更新日: 2014-05-23

木造の家が本当は最も強い。


木の棒と鉄の棒で打ち合うとどちらが折れるでしょうか?
勿論、木の棒が折れてしまいます。
では、地震が発生した時、木の家は鉄の家より弱いのでしょうか?

答えはノーです。

両腕を前に伸ばして、同じ長さの木と鉄の棒を持ち比べた時、どちらが大変ですか?鉄の方が重いので大変ですよね。地震の時は重力と同じ力が横向きに働きます。
その力に抵抗しようと思えば、建物は軽く造った方が地震に強いのです。だからと云って紙や綿で家を造ったのでは、地震が来なくても、自身の重さで潰れてしまいます。

地震に対して本当に強い材料を選定するには、重さに対してどれ位の強さがあるかを検証しなければなりません。材料の強さの種類を、引っ張り強度・圧縮強度・曲げ強度の三つで検証しますと、同じ体積で木と鉄を比較すれば、木が概ね900・380・700kg/cm2であるのに対し鉄は、4000・3500・1000kg/cm2もあります。
但し、比重は木が0.4程度であるのに対し鉄は7.8あります。なんと19.5倍も重いのです。
同じ重さで木と鉄の比較をしますと木は、引っ張り強度で4.4倍、圧縮強度で2.1倍、曲げ強度では15.4倍も鉄より強いのです。

今まで、木造の家がなんとなく弱いと感じていたのは、木造住宅が建築確認申請において構造的検証を行う義務が無い為、実際に工事をする大工さんでさえ、数値をもって木の強さを説明出来なかった為です。構造的な検証をしっかりと行い、木の欠点である腐朽対策・防火対策をしっかりと行えばこれ程強い建築材料はありません。

鉄骨が今見られる様な構造で、建築に使われ始めたのは、ジョセフパクストンが1850年代のロンドン万博で造った水晶宮が最初で、まだ160年ほどしか建っていません。
鉄筋コンクリート造はそれよりまだ遅く、1910年代にル・コルビジェが発表したドミノシステムが始まりです。これでようやく100年を経ました。
木造建築は、法隆寺を例に出すまでもなく1000年以上の歴史(ノウハウ)があります。

高度成長期、質より量を求められた粗製濫造時代の木造住宅が、地震に弱いもの、耐久性のないものと云う、イメージを定着させてしまったのです。
また、木造住宅は建築確認申請において構造的検証を行う義務がありません。そんな建築基準法だけに頼っていては、強い木造住宅は造れません。
国から、住宅性能表示制度・長期優良住宅と云った木造住宅の安全性を数値で表す指針も出されていますので、積極的に活用して安全で丈夫な木造住宅を造られる事をお勧めします。

福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家の事が気になっても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
↓こちらもお読み下さい

[地震対策 http://www.green-h.org/oadon/jisin.html]]

[[省エネ対策 http://www.green-h.org/oadon/syouene.html]

この記事を書いたプロ

岡田一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 福味健治

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL:06-6714-6693

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

現場監督さんが足りない

 3Kの象徴の様な現場監督業 バブル崩壊以降長期低迷を余儀なくされていた建築業界ですが、今年に入り異変が発...

[ 【カフェテラス】 ]

梅雨明け10日

 今年の夏は長く厳しい 死者・行方不明者を合わせると200人を超える大惨事となって、梅雨は突然明けてしま...

[ 【カフェテラス】 ]

住宅相談会ご参加御礼
イメージ

H30年7月9日 サンワカンパニー大阪ショールームに於いて住宅相談会を行いましたところ、平日であるにもかかわらず...

[ 【早耳情報!】 ]

間取りを仕切らない・区切らないと言う選択肢
イメージ

 日本には個室の文化が無い 古来日本人は大家族で生活していました。それも一つの部屋で家族全員が寝起きする...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ