コラム一覧 :【60代の家造り】

1件~13件(13件)

60代の家造り

イメージ

子育てを終え、仕事も後輩に託し、これからが自分の人生となる60代。自分たちだけの為の家造りを志向する60代の人が増えています。その特徴は、個室でない個室。子供のいる頃は経済的理由も働いて、夫婦は同じ部屋で寝起きしましたが、子育てを終えると、空間的には有り余るほど余裕が生まれます... 続きを読む

【60代の家造り】

2013-05-15

古い家のリフォーム

イメージ

先日、家をリフォームしたいと云う依頼で、現場を拝見しに行きました。見た目はまだ使用に耐えられる様に思いましたが、話しを聞いていると、雨漏れや建物の傾き、なにより地震が怖いので根本から補強をしたいとのことでした。調べてみると、小綺麗に改装はされていた様なのですが、耐震に関する手... 続きを読む

【60代の家造り】

2013-04-10

バリアフリーは健全な人にも良い事なのか?

住宅問題で、今のバリアフリーの考え方には問題があると考えています。手摺りや段差解消だけで、本当に健全な生活を営む事が出来るのでしょうか。仮に家の中を全て手摺り付・段差ゼロにしても一歩外出すれば、バリアだらけです。バリアに抵抗する体力をつけるのが先決ではないでしょうか。中には... 続きを読む

【60代の家造り】

2013-04-08

シニア世代の建替え新築

イメージ

シニア世代の建替えが静かなブームになっています。インフレ懸念や円安動向の中で拍車が掛かってきた感があります。リフォームするか、建替えするか大いに悩む処ですが、ご本人を取り巻く家庭環境でどう決断するか分かれている様に思います。50〜60代の方であれば、建替えを勧めています。既存建... 続きを読む

【60代の家造り】

2013-04-02

セカンドライフ世代のライフスタイル

セカンドライフ世代の家造りは、コミュニティーとの関わりが重要です。家を新しくしても、人の寄り付かない家にしてしまえば、仏作って魂入れずで、彩のない余生になってしまいます。人は人と関わりながら社会生活を送るものです。社会と隔絶してしまえば、自分が生きている目的を失います。では... 続きを読む

【60代の家造り】

2013-03-02

セカンドライフ世代の家造り

ご本人の寿命より先に家の寿命が来てしまった方が増えています。特に住めなくなるほど、構造的に問題があるのではありません。子供が片付き、ご夫婦だけで暮らす家ですが、家の構成は大家族のままの空間になっています。昭和の家だと、長男に嫁さんが来てお孫さんと一緒に賑やかになる年代ですが... 続きを読む

【60代の家造り】

2013-02-20

オープンリビングを考える

イメージ

この連休を利用して、我が家のヒマラヤ杉の生垣をバッサリと刈り取りました。理由は妻が、庭に日が当たらないので何とかして欲しいと云った事と、もう一つ前からやってみたかった事を実行する為です。やってみたい事とは「人に見られながら生活する」という事です。昨日までは、隣家の生垣と同じ... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-12-24

住宅再生と都市

●都市の変遷高度成長期に現在の都市の凡そのカタチが造られています。昭和40年代前半に都市計画法が施行され、凡そのカタチに沿って街づくりがなされてきました。ただ大まかな流れであった為、行政間で大きなバラつきが出ています。特に大都市の廻りに存在する衛星都市は、大都市のベッドタウンと... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-03-08

趣味の為の家造り

今日から趣味にしている町内ソフトボールリーグ戦が始まります。私は今年で57歳になりましたが、まだ現役です。監督やコーチではありません。我が町はソウトボールが非常に盛んで、リーグ戦に参戦する為県外からも選手が集まります。現在11チームでリーグ戦を行っています。それ以外にも年代別の... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-03-04

60代のバリアフリー

●バリアフリーと云う言葉高齢者のための住宅を問われて、まず先にバリアフリーと云う言葉がイメージされます。確かに、今後益々体力が向上していく訳ではありませんので、バリアフリーも念頭に置かなければなりません。だからと云って平屋の真平らな家がバリアフリーなのでしょうか?段差を無く... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-02-27

五十歳を越えても三十代に見える生き方

イメージ

講談社新書刊 南雲吉則著 「50歳を越えても30代に見える生き方」著者は医者で、アンチエイジングに医者の立場で、真正面から取り組んでいます。有名人によるお茶らけ本ではありません。著者の年齢は私とほぼ同じ。私も人より若く見られますが、流石に30代と云われた事はありまえせん。でもこの... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-02-26

自然と人の集まる家

定年退職後、建替えを決められたお施主様が共通して仰るには「この歳で建替えするとは夢にも思わなかった」と云う言葉です。傷みが激しい、地震が不安、窮屈、暗い、バリアフリーでない。動機は色々なのですが、当初はリフォームでどうにかならないかと考えているうちに、建替えまで及んでしまうよ... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-02-24

リタイヤしてからの家造り

イメージ

以前から書こうと思っていた、テーマの連載を始めます。年代別の家造りです。家を造るにはテーマが必要です。もちろん、主人公はお施主様ですが、漠然と間取りを描いてしまうと、建売住宅の様な平凡な間取りになってしまいます。この写真の家のお施主様は、北海道で定年を迎えられ、単身で生活... 続きを読む

【60代の家造り】

2012-02-23

1件~13件(13件)

RSS
費用等について
イメージ

【お問い合わせ方法】右側の「メールで問い合わせる」かhttps://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/↑をクリックして下さい。【氏名はハンドルネームでも構いま...

日本住宅再生研究所
日本住宅再生研究所

●特定非営利活動法人 日本住宅再生研究所とは? (Japan House-reproduction Laboratory) {略称JHL} 高度成長期に粗製濫造された木造住宅が、一斉に物理的耐用...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
福味健治 ふくみけんじ

ローコストで免震住宅・省エネ住宅を提供する一級建築士(1/3)

 「千利休の作とされる茶室“待庵”は、誰もが知る国宝として有名ですよね。でも、高価な素材でできているわけではないんですよ」。穏やかな口調で語るのは、近鉄河堀口駅から歩いてすぐのところにある岡田一級建築士事務所の所長 福味健治さん。質素な建材...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

免震住宅で恐ろしい地震から、貴方の家族の生命と財産を守ります

会社名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ロッキングチェアに揺られて

1 600万円で家が建つ?うううううん。ほんまかいな? 家を...

M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

住まい再好築【住まい再好築とは?】
イメージ

住まい再好築誤変換ではありません。住まいを再び好きになれる様に築き直そうと云う活動です。NPO日本住...

[ 【JHLの活動情報】 ]

地震とブランコ

同じ震度でも壊れる家と壊れない家があります。それも古い・新しいは関係がなく一様に壊れる時は壊れるようです。...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

地震に強い構造は?

地震に関して云えば、揺れそのものには鉄骨系の住宅が強いです。もう少し突っ込んで云えば軽量鉄骨住宅が最も地震...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

低予算でも高性能な家は造れます。

低予算でご希望の間取りを叶えようとするとローコストハウスと云う手法があります。ローコストハウスとチープハ...

[ 【ローコスト住宅】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ