Q&A(このプロの回答)

住宅取得について
いつかは自分たちの家を持ちたいと思っています。自分なりにいろいろと勉強して、中古物件を購入して、耐震改修を含むリノベーションが良いのではと思っています。ただ、中古物件の場合、木造が良いのか?軽量鉄骨が良いのか?また、融資が受けにくいなど、デメリットもあるかと思います。新築か中古か?を構造的な話、融資、維持管理や税金などのランニングコスト、取得金額、耐用年数などのいろいろな側面からプロのご意見を伺いたいです。こだわりのある一生住める家、気持ちの良い家をできるだけコストをかけずにがテーマです。
投稿日時:2012-03-25 09:30:17
住宅

福味健治 ふくみけんじ

福味健治の回答

新築が良いかと思います。

住宅再生もこれからのキーワードとして、最近注目されていますが、軽量鉄骨造にしても木造にしても、現在の中古住宅の性能では、20~30年程度寿命を延ばせれば良い方かと考えます。お金を掛ければもっと延ばす事も可能ですが、費用対効果が悪くなってしまいます。
20代の方であれば、耐震改修されて、お子様が家を汚さない(壊さない)年代になるまで、中古住宅に住んでおいて、その後建替えをお勧めしますが、質問者さんであれば、今が新築の時期です。今新築すれば、今の住宅の性能であれば、一生住み続ける事も可能かと思います。
また、50~60代の方であれば、家の寿命をご自分の寿命+α位にリフォームすることで、快適な生活を送れるかと思います。

回答日時:2012-03-26

質問者

回答ありがとうございます。

ホームページも拝見し、福味さんは中古住宅をすすめられているように感じておりましたので、新築という回答は以外でした。
新築の場合、住設などの費用をできる限り抑えたとしていくらぐらいの予算が必要なのでしょうか?
中古リノベーションより安いか同等で新築は可能ですか?

返信日時:2012-05-02 21:49:24

福味健治

生涯に住宅に掛ける費用を考えればです。

回答に後返信頂き有難うございます。
中古リフォームを再生することは今後益々注目されます。リタイヤ世代、子育て世代は特に注目すべき不動産取得法かと考えています。
私が勝手にしろさんを40代前後の方と思い込んで回答していたかも知れません。
前回も書きましたが、耐用年数を延ばそうと思えば、延ばそうとするほど費用が掛かります。例えば20代の方で一生住める様にリフォームしようと思えば、新築する以上に費用が掛かります。これでは無意味なので、20代のリフォームは子育て中に家が傷む事を踏まえて、子育て期間中だけ使用すると割り切ってリフォームを行い、一番下の子供が中学生位になってから、終の棲家として新築すれば一生住める家を手に入れらればと考えました。
しろさんが私の思い込みよりお若い方であれば、リフォームと云う結論になるかもです。
要は、生涯に住宅にどれだけ費用を掛けるかと云う話しになります。
若い内に家を持とうと思えば、新築に飛びついても家族構成やライフスタイルの変化で十数年後にはリフォームの欲求が高まります。そこでリフォームしても一生その家で住む位のリフォームを考えれば、また新築と同程度の費用が掛かるのではと思う次第です。
40代前後の方であれば、家族構成やライフスタイルも固まっていますので、新築すれば簡単なメンテナンスさえ怠らなければ一生住むことが可能です。
60代以降の方であれば、新築に費用をつぎ込むよりも自分の余命+α程度、家の寿命を延ばすことはリフォームで充分対応可能と考えています。

20代=中古で簡単なリフォーム・十数年後に新築=一生快適に住める家
40代=新築=一生快適に住める家
60代=リフォーム=一生快適に住める家

と考える次第です。

返信日時:2012-06-26 08:10:18

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
費用等について
イメージ

【お問い合わせ方法】右側の「メールで問い合わせる」かhttps://mbp-osaka.com/oado/inquiry/personal/↑をクリックして下さい。【氏名はハンドルネームでも構いま...

日本住宅再生研究所
日本住宅再生研究所

●特定非営利活動法人 日本住宅再生研究所とは? (Japan House-reproduction Laboratory) {略称JHL} 高度成長期に粗製濫造された木造住宅が、一斉に物理的耐用...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
福味健治

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

飽きが来ない、いつまでも大事にされる家を設計する

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

新築する際のご近所問題

 空き地に家を建てるという事 念願の土地が見つかり、いよいよ建築となった段階でご近所から迷惑だとクレーム...

[ 【賢い家造り】 ]

問われる耐震等級の見方

 高まる耐震化への意識 最近全国各地で震度3~4程度の地震が頻発しています。大地震の前触れではないかとの...

[ 【賢い家造り】 ]

ひどい話し

 欠陥住宅の相談電話 先日ネットを見たと云う方から、電話でご相談がありました。その方曰く大手のハウスメー...

[ 【賢い家造り】 ]

木造住宅でも構造計算を
イメージ

 大地震に備えて 最近木造の二階建て住宅でも「許容応力度計算」(構造計算)を依頼されるクライアントが増え...

[ 【賢い家造り】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ