>   >   >   >   >  必見!私のこだわりポイント

必見!私のこだわりポイント

家を建てる前に家を建てています???

アバターを使って住み心地を体験出来ます


●家を建てる前に家を建てるってどういう事???
当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。
一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なんてありません。
でも少し発想を変えれば、実際に建てる家を建てる前に確認する事が出来ます。
仮想空間の中で家を建てて(バーチャルハウス)、自分の分身(アバター)が、住み心地の疑似体験出来るのです。
実は、誰にでも無料で使用出来るバーチャル空間があります。
【セカンドライフ】
アメリカのリンデンラボと言う会社が運営している【セカンドライフ】と云う仮想世界です。仮想世界と云っても非常に良く出来ていて、現実世界で人間が行う活動の殆どを行う(疑似体験する)事が出来ます。モノを作る事も出来るのです。人と会話する事も出来ます。セカンドライフで実際に家を建てる前に、バーチャルハウスでイメージ通りか検証出来るのです。
【岡田一級建築士事務所はセカンドライフ内でバーチャルハウスを造る、日本で唯一の設計事務所です】
●セカンドライフでどんな事が出来るの
★仮想空間の中で生活体験出来ます。
仮想空間に家を建てて自分の分身(アバター)が生活を体験できます。窓の大きさやドアの開き勝手、室内のカラーリング、部屋と部屋のつながり、外観のイメージetcを確認する事が出来ます。
★いつでも好きな時に
ハウスメーカーでも3Dを使って建てる家のシュミレーションを営業ツールにしているメーカーもありますが、それを見る為には会社に赴いたり、営業マンを自宅に呼んで見せてもらう必要があります。バーチャルハウスは誰も呼ばなくても、好きな時に、好きな場所で、自分一人で見る事が可能です。
★秘匿性が高い
メーカーに相談すると、営業マンが執拗に営業に来ますが、セカンドライフは匿名で利用出来ますので、自分で作らずに誰かに頼んで作ってもらっても、匿名性が保全されますので煩わしさがありません。
★自分で作るのが面倒な人の為に
私は、依頼を受けた人が希望するしないに関わらず、私自身が検証する為に、ここで家を建てています。簡単なモノであれば、タダでお作りいたします。
★セカンドライフ内のチャット機能(会話機能)を利用して打ち合わせが出来ます。
セカンドライフはアバターを通じて会話出来るSNSの機能もあります。時間を決めて同時にセカンドライフを開始すれば、相談相手とバーチャルハウスを前にして、打ち合わせや相談が出来ます。
★実際に建てた時に追加工事や手直し工事が発生しない
バーチャルハウスを造る事により、建築家=施主様=工務店と家のイメージを共有する事が出来ます。また、間取り図面だけでは思いもしなかった改良点が見つかる事もあります。それらを事前に確認する事により、実際に建てた時の追加工事や手直し工事の為の費用を削減する事が出来ます。

この記事のURL

地震対策へのこだわり

熊本地震で倒壊した建物

●木造住宅は構造計算をしなくても検査は通ってしまいます。
大きな地震が発生するたびに木造住宅は倒壊します。これは法律の不備で、木造住宅の場合は構造計算書を提出しなくても建築確認申請が下りてしまうのが原因です。

建築基準法では木造の住宅でも構造計算を義務付けしていますが、建築確認申請に構造計算書の提出義務がないのです。提出義務が無いという事は、構造計算をしたかしないかを誰もチェックしないという事です。
専門家でもこの事実を危機感を持って受け止めている人は多くありません。実際に設計業務に携わる事の無い、工務店さんや大工さんは、木造住宅で構造計算が必要な事すら知らない方も大勢いるのです。

その為、費用の掛かる構造計算を省略し、勘や経験を頼りにこの程度で大丈夫だろうと云う思い込みで建物が建ってしまうのです。その結果、大地震になると倒壊する住宅ができてしまうのです。

●私は、どんな建物でも構造計算(許容応力度計算)を行って設計します。
私の家造りは、勘や経験に頼ることなく、構造計算をしっかりと行う事により、どの部材にどの程度の力が加わるのかを数値で把握し、来るべき大地震に備えます。
どんなに大きな地震でも、その地震の力に耐えられる部材で建物を構成すれば、家は倒壊することがありません。
また勘や経験に頼ると、不必要に構造にお金を掛けてしまう事にもなり、不経済です。丁寧な構造計算を行う事により地震に強いローコスト住宅が出来るのです。

その他、転がり免震住宅や滑り免震住宅等、特殊な構造の住宅のご要望にもお応え致します。

この記事のURL

自然素材へのこだわり

無垢フローリングと漆喰の家

●自然素材にこだわる理由
世の中には本物そっくりの人工物が出回っています。機能面だけで言えば本物以上の性能を示す人工物もあります。
床材に例を挙げると、無垢フローリングは床暖房に適しません。無垢フローリングで床を温めると床材が乾燥し、割れたり反ったり、捻じれたりする為です。しかし、無垢材には人を飽きさせない味わいがあります。汚れの着き難い合板フロアよりも汚れさえ風合いとなる無垢フローリングの方に、愛着を覚えるのです。

●自然素材は高くない
最近は自然素材は高いと云う固定観念が定着してしまっています。確かに無垢のフローリングは高価なものは合板フローリングよりも遥かに高いです。しかし、それは無垢の素材を節の無い希少品で揃えるから高くなるのです。節のある反りも歪もある無垢材なら、合板フローリング以下の値段で手に入れる事も可能です。
節が有っても無垢材に変わりはありません。飽きの来ない風合いは無垢材独特のものです。
昔の名建築はそう云ったありきたりの材料の組み合わせの中から生まれています。
千利休の作と云われている国宝の茶室「待庵」は、唯一無二の傑作ですが、使われている材料に特別なモノは何もありません。壁は地元の土に藁を入れて練り上げただけの土壁ですし、当時支配者階級に普及し始めた瓦なんかも使われず檜皮葺の屋根です。柱もどれ一つ角材は用いられず角に丸みを帯びた間伐材です。
この様なありきたりな自然素材でも使いようによっては、無限の価値を持たせる事も可能なのです。

●シックハウスに強い自然素材
PM2.5や杉花粉等のアレルギー対策は家の外で必要ですが、家の中でも化学物質汚染が深刻です。
合板等に用いられる防腐剤にホルムアルデヒドが含有されています。木材を腐朽から守る効果もありますが、人体に対しても有害で制限が加えられています。無垢フローリングや漆喰は自然由来の製品で、古くから親しまれている建築材料です。古来用いられている製品を用いる事によりシックハウスに強い家を造る事が出来ます。

この記事のURL

ローコストへのこだわり

イメージ

●ローコスト住宅とチープハウスは全く別物です。
ローコスト住宅は、性能や機能を落とさず知恵を絞ってコストを抑えていく手法です。これは住宅に特化した建築専門家でないとできない仕事です。
チープハウスは、性能や機能は二の次にして、キッチンやユニットバスと云った目に見える部分にお金を掛けた素人受けする建物で建売住宅に代表されます。
どちらに重点を置くかは、購入される方の意思ですが、チープと云っても生涯を掛けて返済する程の大きな買い物です。目に見えない性能や機能を軽視する訳にはいかないと私は考えます。
●どの様にコストを抑えるか・・・たとえば・・・・
コストを抑える手法は、お客様のご要望次第で幾通りもありますが、新婚のご夫妻の住まいや、築後家族構成の変化が予想される方のお住まいには吹き抜けを造る提案をしています。
吹き抜けと云えば、冬寒くて仕方のない印象を受けますが、それは性能・機能を軽視したチープハウスの発想です。しっかりと目に見えない部分に工夫を凝らせば、一階と二階に温度差の無い家を造る事も可能です。
吹き抜けを造れば、当初は開放性のある高い天井空間を満喫しつつ、家族が増えた場合には二階部分に床を張るだけで簡単に一部屋増築出来る事になるのです。
吹き抜けを設けず一部屋増築となれば数百万円単位の出費が必要ですが、床を張るだけなら数十万円の出費で済みます。
将来家族が増えるかもしれないと云う不確定要素だけで、わざわざお金を出して使わない部屋を造るよりも、吹き抜け空間を楽しんで、必要となれば簡単に部屋数を増やせる方が利口ではないでしょうか。

ローコスト住宅のこだわりはこの様な発想で家造りを進める事です。

この記事のURL

省エネへのこだわり

市販のダクトファンを用いた地熱循環システム

●お金を掛けるのは省エネとは云わない
世の中には数多くの省エネグッズが出回っています。中には豪華な空調システムもありますが、お金を掛けるだけで省エネになると云うのは本末転倒の様な気がします。
本来ならば、コストを抑えて尚且つ省エネにもなる家造りが重要なのではないでしょうか。
●地熱を利用して空調をはかる
地中の温度は年間を通じて16℃と一定です。太陽光にさらされている表面は温度の上昇も激しいですが、夏の井戸水が冷たく、冬の井戸水が暖かいのと同じで、地面の少し下は年間を通じ16℃前後で推移します。
住宅の基礎は、地震対策からべた基礎が主流になりました。べた基礎の底盤は常に地熱の影響を受け16℃になっているのです。しかも基礎のコンクリートは比熱が大きく熱を大量に溜め込む性質があります。これを利用しない手はありません。
●基礎断熱と空気循環
通常の家の床下は床下換気口を通じて外部とつながっており、空気環境的には外部と同じ環境です。床下換気口を塞ぎ、床下を室内と同じ空気環境にしてやれば、床下の16℃の空気を室内に取り込む事が出来ます。コンクリートは熱容量が大きいですから使い減りしません。
床下から小屋裏まで通じる市販のアルミスパイラルダクトを設け、それに市販のダクトファンを取り付けてやる事により、床下の空気を小屋裏までもって上げる事が出来ます。
夏場、床下の冷えた空気は、ダクトを通じて小屋裏まで上がり、家全体を冷やしながら床下に戻ります。
逆に冬場は、ダクトファンを逆転させる事により、二階天井付近の温まった空気を床下に送り込む事が出来ます。
この様にして、一階二階とも温度差のない快適な家が生まれます。

この様にお金を掛けずに自然を利用しながら、エコにこだわる家が本来の省エネ住宅かと考えます。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
必見!私のこだわりポイント
アバターを使って住み心地を体験出来ます

●家を建てる前に家を建てるってどういう事???当たりまえの話しですが、実際に家を建てれば建設費は二倍掛かります。一件でも大金なのに、二件も建てる余裕なん...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
建築主の思いを形にするプロ 福味健治さん

思い入れを形にします(1/3)

 家を建てようと思い立った時、いきなり設計事務所を訪ねる人は少ないでしょう。建て売り住宅を見学したり、ハウスメーカーや工務店に相談したり……。そのあたりが第一歩になるのではないでしょうか。岡田一級建築士事務所の所長、福味健治さんは「設計事務...

福味健治プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

地震に強く自然素材を使うローコストな省エネ住宅が得意です。

事務所名 : 岡田一級建築士事務所
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-15-17 グリーンハウス401 [地図]
TEL : 06-6714-6693

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6714-6693

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

夢のマイホーム。完成するのが楽しみです

今年に入ってから仕事が一層忙しくなってなかなか時間が作れ...

K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自己紹介動画【初めまして^^福味です】

はじめまして^^市井の建築家、福味 健治 です。これから動画配信も行って参ります。関連動画家を長...

[ 【カフェテラス】 ]

上町断層の被害想定
イメージ

 政府が発表している被害想定 この画像は私も何度も取り上げている上町断層が動いた際の被害想定を表す予想...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

地盤を改良して免震効果を得る事は可能か

 人口地盤の上に建物を乗せて免震させる方法 ネット上で免震で検索すると様々な工法を見つける事が出来ます。...

[ 【免震住宅・地震対策】 ]

梅雨明け十日の暑さ対策
イメージ

 異常気象なのか 梅雨明け10日と云うのは昔からのことわざで、梅雨が明けたら夕立も降らない猛暑日が10日...

[ 【エコ住宅】 ]

現場監督さんが足りない

 3Kの象徴の様な現場監督業 バブル崩壊以降長期低迷を余儀なくされていた建築業界ですが、今年に入り異変が発...

[ 【カフェテラス】 ]

コラム一覧を見る

求人情報
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ