コラム一覧 :売上10倍アップの営業戦略

1件~11件(11件)

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~11~

<プロジェクトは失敗。そして無念の人事異動>関空を出発してから2日間をかけてようやく現地に到着すると、思わず仕事できたことを忘れてしまいそうになるくらいに、空は真っ青に晴れ渡り、海の色は吸い込まれてしまいそうなほど限りなく透明だ。それに、地中海性気候とあって、台風はなく、気... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-03-17

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~10~

<ブランディング成功の手ごたえ> 卒業証書が付けられたマグロが店頭に並ぶと、これが新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどメディアでも大きな話題を呼ぶようになり、まるでM-1大会で優勝した漫才師のように、連日多くのメディアから取材の依頼が舞い込むようになった。そして一気に社会の注目を浴び... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-03-17

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~9~

<マグロに卒業証書を>マグロの安心安全を「見える化」するにはどうすればいいのだろう。仏像に代わる何かを考えなくてはならない。悩んでいたところ、私の友人があるエピソードを紹介してくれたのだ。「大久保さん、マグロを売ってるらしいな。わし、この間大阪のすし屋へ行ったら、そこ... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-03-17

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~8~

【わからないことは魚に訊け】アウトサイダーであるコンサルタントからのアドバイスを受けて、「そうだ、荷受業者ばかりでなく小売り業者や消費者など、川上から川下まですべてのお客さんの意見を訊きに行こう」。そういえば水産研究所にも、「わからないことは魚に訊け」という言葉があった。... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-03-08

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~7~

<迷宮の壁を破ったアウトサイダーの助言>ブランドづくりへの闘志だけはあったものの、相変わらず市場関係者からは評価されず、研究所の幹部からも突き放され、また、一緒に協力してくれている研究所の仲間たちに意見を募ってもなかなか妙案は出てこない。堂々巡りの迷宮に入り込んでしまったよ... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-27

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~6~

<意識改革を目的に新会社設立> 「研究所はこのままではダメだ」しかし、なかなか危機意識に目覚めず変われないのは・・・、「大学の研究所だから赤字でも倒産なんかしないよ」という、ある意味「親方日の丸的」な大学独特の甘えの構造にあるのではないかと考え、当時の大学理事長の薦めもあ... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-23

近大マグロは何故メジャーになったのか ~5~

<不発のブランド戦略>私は事務所を飛び出し、魚の販売担当となって一番に取り組んだことは、「マダイ」のブランディング戦略だった。何故最初にマダイだったかというと、当時から近大のマダイは見た目にもピンク色が鮮やかで、味も比較的さっぱりとしている。そんな評判もあって、既に市場関... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-20

近大マグロは何故メジャーになったのか ~4~

<あなたは犬型、猫型、それとも狸型>みなさんはご存じだろうか。組織のなかには3つのタイプの人間が存在することを。ひとつは犬型。もう一つは猫型。そしてもう一つが狸型である。ちなみに、この狸型について以前は豚型としていたのだが、講演などで紹介するたびに、体格が良さそうな方からな... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-15

近大マグロは何故メジャーになったのか ~3~

イメージ

研究所の赤字は続き、改革への扉を開けることも出来ないまま、さらに数年が経過した。私はとうとう、「このまま待っていても何も変わらない」「とにかくやるしかない!」。「いつやるの」「今でしょ!」と、自ら養殖魚の販売を担当すると申し出た。そして、販売魚の単価を上げるためと大... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-15

近大マグロは何故メジャーになったのか ~2~

<研究所を襲った突然の悲劇>1991(平成3)年初夏。研究所のスタッフは例年のように生産したマダイ稚魚の出荷の準備に追われていた。300トンほどの活魚運搬船が養殖場に横付けされ、出荷尾数の確認を済ませ、次々と運搬船の水槽にうつされようとしていた時だった。ひとりのスタッフが異変に気付... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-15

近大マグロは何故メジャーになったのか ~1~

見出し:【近大マグロ誕生の背景】~1~それは…、「海を耕せ」の言葉からはじまった。戦後間もないころ、近畿大学初代総長であり国会議員でもあった世耕弘一は遊説のために和歌山県のとある漁村を訪れていた。演説が終わり次の会場に向かおうとしていた世耕の前に一人の若者が立ちふさがった... 続きを読む

売上10倍アップの営業戦略

2017-02-13

1件~11件(11件)

RSS
自由記入欄(1)
イメージ

<ブランディングについて>ブランドとは、顧客との信頼関係を築き商品やサービスの価値と知名度を向上させて売上アップにつなげるための経営戦略のひとつです。◇売...

 
このプロの紹介記事
大久保良雄(おおくぼ よしお)さん

オークボ式ブランド戦略で注目を集めよう(1/3)

 大阪市北区で経営コンサルタント「Oak-Jソリューションズ」の事務所を構える大久保良雄さんは元近畿大学水産研究所の事務長。「近大マグロ」の売り出しに成功したことで有名です。そして、この経験を「オークボ式ブランド戦略」としてまとめました。...

大久保良雄プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

「近大マグロ」ブランドを立ち上げた実績を持つ。

会社名 : 株式会社Oak-Jソリューションズ
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-2-2-303 大阪駅前第2ビル3F コモレンタルオフィス310号 [地図]
TEL : 06-6342-0310

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6342-0310

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大久保良雄(おおくぼよしお)

株式会社Oak-Jソリューションズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
近大マグロはなぜメジャーになったのか ~11~

<プロジェクトは失敗。そして無念の人事異動>関空を出発してから2日間をかけてようやく現地に到着すると、思...

[ 売上10倍アップの営業戦略 ]

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~10~

<ブランディング成功の手ごたえ> 卒業証書が付けられたマグロが店頭に並ぶと、これが新聞、雑誌、テレビ、ラ...

[ 売上10倍アップの営業戦略 ]

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~9~

<マグロに卒業証書を>マグロの安心安全を「見える化」するにはどうすればいいのだろう。仏像に代わる何かを...

[ 売上10倍アップの営業戦略 ]

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~8~

【わからないことは魚に訊け】アウトサイダーであるコンサルタントからのアドバイスを受けて、「そうだ、荷受業...

[ 売上10倍アップの営業戦略 ]

近大マグロはなぜメジャーになったのか ~7~

<迷宮の壁を破ったアウトサイダーの助言>ブランドづくりへの闘志だけはあったものの、相変わらず市場関係者か...

[ 売上10倍アップの営業戦略 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ