コラム

 公開日: 2013-05-08  最終更新日: 2014-05-23

大学入試・医学部小論文出題事例~なぜ、医学部では、入試において小論文を書かせるのか?~

オフィスカタリスト@大阪の角野裕美(カドノヒロミ)です。


今回のテーマは、「小論文の過去問」について、です。
医学部では、まず必ずと言っていいほど、小論文は必須科目となっています。
これは、国公立でも私立でもどの医学部でも同じこと。
もちろん、国公立ならセンター試験はいうに及ばず、2次試験や推薦入試でも必須です。
私立も同じですね。

では、なぜ、小論文を書かせるのでしょうか?



…。それは、「学力試験だけでは、はかることのできない、受験生の人となり」を知るためなのです。
「文は人なり」という言葉も聞かれたことが、あるかもしれませんね。
そう、文章を書くことで → 「人となり = ものの考え方や知識のあるなし」がわかる。
なにより、「文章力がどの程度あるのか」も、わかってきますよね。
その上、「論理的に、筋道立てて、自分自身の意見を伝えられるのか」までわかってしまいますので、
やはり、入試科目に求められるのは、当然だともいえます。

ではでは、他学部よりもなぜ、医学部では、小論文を書かせるのか?というところに、まず意識のいく受験生の方は、今までの指導経験の中からいうと、やはり「合格率きわめて高し」といえます。
それは、「医学部が受験生に求めていることを、知っているから。」です。

もう少し説明すると、要するに、その医学部が求める人物像を知ったうえで、書いていく必要があることを、知り、対策をとることが出来るから、でしょう。
その「医学部が求める人物像」とは…?
実際に、ほとんどの医学部のホームページの最初に、挙げられていますよ。
「アドミッションポリシー」という言葉で挙げられていることが、多く、はっきりと「こんな人を求めます」と述べられています。

たとえば、三重大学医学部の場合…。
・人間性に優れた人。
・ 困難に立ち向かう力強さを備えた人。
・人類の健康と福祉の向上のため,地域および国際社会に貢献する人。
……とあります。


これだけを読むと、「医学部に行くということは、近い将来、医者になるということ。だから、当然求められる人物像ではないか」と思われるかもしれませんね。
しかしながら、正直なところ、ここまで明確に言葉にして、意識している医学部志望生は、少ないと思います。
そう、医学部は、職業と直結している学部なのです。大学での学びの姿勢はもとより、そこから先の医師としての在り方まで、考えておかなくてはなりません。
しかしながらそうあることで、「大学在学中になすべきこと」も自ずとみつかってくるのではないか、と思っています。

そのため、医学部志望の受験生の方をご指導する第一歩は、実は、過去問にいきなりあたるというのではなく、このような「大学が求める人物像」から、捉えていくのです。
勘のいいかたは、ピンとこられたかもしれませんが、この「人物像」というのは、過去問として、また面接の質問として問われてくるものでもあります。
「あなたの考える、理想の医師像は?」
「最近の医師の在り方について、何か意見はないですか?」
などというもの。

確かに、ある意味難しいものですが、医師を目指す以上、早めに捉えたうえで、そこから逆算した現時点での「学びの在り様」をつかむ意味でも、大切なことです。

過去問としての「医師の在り方」を、医学部志望の生徒さんは、「アドミッションポリシー」を読み、考えてみるには、いい時期だと思います。
そして、一般入試のみならずこれらをとらえておくことは、「AO入試や推薦入試」で必要な提出書類の「志望理由書/自己推薦書」にも、反映することが出来ますよ。

早めの対策が肝心です!
英語や数学、理科等の科目の勉強で、限られてくる勉学時間ですから、よりポイントを押さえた小論文対策、提出書類対策を、一緒にはじめていきましょう!

心を込めて…( ..)φ__hiromi KADONO

⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono

この記事を書いたプロ

Office Catalyst(オフィス・カタリスト) [ホームページ]

講師 角野裕美

大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL:06-6921-2559

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容ご紹介
向き合う二人(フィギュア)

・対象者大学受験を控えた、高校生を持つ保護者の皆さま、および、その学校関係者の皆さま。・受講者へ提供する価値・伝えたいこと予備校講師として、小論...

講演実績
高校にて講演中

予備校講師として、東京大学・京都大学・大阪大学等の国公立大学入試や、慶應・早稲田大学等の私立大学入試指導にて合格へと導き、実績を上げている。特に関西国公立・...

 
このプロの紹介記事
角野 裕美(かどの・ひろみ)さん

小論文指導のポイントは「自分を見つめること」「自分をみがくこと」(1/3)

 大学受験を控えた高校生や就職活動をする大学生たちに試験科目として課せられる「小論文」や「作文」の書き方を独特の手法で指導するのがOffice Catalyst(オフィス・カタリスト)代表の角野裕美さんです。出版社の作文添削、高校や予備校な...

角野裕美プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

カウンセリングに基づき「自己を見つめる」から始めるアドバイス

会社名 : Office Catalyst(オフィス・カタリスト)
住所 : 大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL : 06-6921-2559

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6921-2559

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

角野裕美(かどのひろみ)

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「JIJICO」(専門家による時事ネタコラム)のページに、掲載していただきました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ「JIJICO」(専門家による時事ネタコラム)のページ...

[ お知らせ ]

本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、広告をご掲載頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、ご掲載頂...

[ お知らせ ]

行かなきゃ損!受験に役立つオープンキャンパス活用術
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ春から始まり、夏休み期間、多かった「オープンキャ...

[ 大学受験生の皆さんへ ]

2020年度の新テストに合わせ、小論文や面接重視の選抜方法が検討されています!
イメージ

OfficeCatalystの角野裕美(かどの ひろみ)です( ..)φ本日2016年11月2日水曜付の日本経済新聞朝刊に...

[ 小論文への取り組み方 ]

「面接での嘘はどこまで許されるのか」というテーマでJIJICOに掲載して頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ今回、「ビジネス」という括りの中で、私の原稿を掲...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ