コラム

 公開日: 2013-08-29  最終更新日: 2014-05-23

大学入試小論文・看護学部の出題事例②~「死生観について」~オフィスカタリスト@大阪です!

オフィスカタリスト@大阪の角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ
本日は、看護学部の頻出過去問テーマから述べてみます(^0_0^)
テーマは、「死生観」です。

10代20代の若い受験生に、なぜ“死”を考えさせるのか?

人は必ず死ぬ。これは至極当たり前で、当然だと誰しもが知っていることとされています。
では本当に“死”を見つめ考えたことが、ありますか?

正直なところ、特に10代20代の方ではなかなか、いらっしゃらないのではないかと思います。
それは、死ぬ、ということがとても遠い未来のことであり、もっというと実感していないから、と言えましょう。
しかしながら、受験生の中でも、ご家族のおじいちゃまやおばあちゃまが、闘病の末,天に召されていったという方は、違ってきます。つまり、人の死ということに実際に向き合ったことがあるからこそ、「人が病に倒れ、なくなるということとは?」「本当に、人は死ぬのだ」という考えや思いをもたれた、ということが、大きいからだと思います。

そして、その経験をすることにより、「人間は必ずいつか死ぬ。つまりは、永遠の生はなく、限りのある生であるのだ。だからこそ、その限りある生を、精一杯いきることがたいせつなのだ。」ということに繋がっていけるのでしょう。
そのような思いをもつ受験生であるならば「いかに生きていくのか」「医療現場で、生きることへのサポートはどうあるべきか」を、その年代なりに捉えてくれると、大学側は理解し、受験の場での評価へとつながるのです。





医学的観点からの“死”の受け止め方とは?

従来の医療は、「キュア(治療)」を主眼としており、治療不能となった場合でも式を少しでも遅らせようと延命治療を行うのが一般的だったのです。
人の最期である“死”は、治療、直すという観点からいうと、敗北と受け止める考え方もあったようです。(実際に医学部の過去問で、「死を敗北と捉えると、過剰な延命治療が行われてしまう。本当にその人のQOL(生活の質)を捉えたものであれば、敗北ではなく、人生の終末期を如何に過ごしていくのか、それに医学は何をなせるのか?」といったような内容の課題文型問題が出されたこともあります。)

しかし、この延命治療はともすれば、患者に著しい苦痛をもたらしたり、身体に管をたくさんつけた状態(スパゲティ症候群)で、ただただ死を待つという人間的ではないものとなりやすいといえます。

こうした中、終末を待つ患者に対しては、キュアではなく、「ケア(介護・看護)」を施すべきとする、ターミナルケア(終末期医療)という考え方が広まってきたのです。
患者本人が苦しみ、望まない延命治療ではなく、患者本人のQOL(生活の質)の向上に主眼が置かれるようになった、ということです。
このターミナルケアを専門に行う施設をホスピスと呼び、患者に対する緩和治療が実施されると共に、精神的なケアも行われて、安らかな死を迎えることを手助けするところ、であります。





頻出キーワードを押さえておこう!

今述べてきたところだけでも、いわゆる小論文の頻出キーワードがあります。
たとえば、「終末期医療(ターミナルケア)」「QOL(クオリティ・オブ・ライフの頭文字。生活の質)}「ホスピス」「緩和ケア」「キュアとケア(これは対にして、考えさせられます。)」などなど。
これらはまず、その意味合いをしっておかねば、課題文に出てきていても、何を述べているのかさっぱりわからず、設問の意図にもまったくピンとこないということになりかねません。

もし、それらをまとめて知りたい場合は、やはり小論文用の参考書を一冊、求めるのが早いでしょう。
また、どのような角度から、問題を出されるのか、を知りたい場合は、過去問がなによりです。
沢山の「医学部」「看護学部」の過去問がありますので、多くあたればあたるほど、同じような切り口でしゅつだいされていることがわかります。そうすることで、また、未知のことに出会えば、すぐに調べ、自分の意見をまとめておくと、小論文を書くときにも、面接での受け答えにも役立ちますよ!(^^)!

心を込めて…( ..)φ__hiromi KADONO

⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono







心を込めて…( ..)φ__hiromi KADONO

⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono


この記事を書いたプロ

Office Catalyst(オフィス・カタリスト) [ホームページ]

講師 角野裕美

大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL:06-6921-2559

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容ご紹介
向き合う二人(フィギュア)

・対象者大学受験を控えた、高校生を持つ保護者の皆さま、および、その学校関係者の皆さま。・受講者へ提供する価値・伝えたいこと予備校講師として、小論...

講演実績
高校にて講演中

予備校講師として、東京大学・京都大学・大阪大学等の国公立大学入試や、慶應・早稲田大学等の私立大学入試指導にて合格へと導き、実績を上げている。特に関西国公立・...

 
このプロの紹介記事
角野 裕美(かどの・ひろみ)さん

小論文指導のポイントは「自分を見つめること」「自分をみがくこと」(1/3)

 大学受験を控えた高校生や就職活動をする大学生たちに試験科目として課せられる「小論文」や「作文」の書き方を独特の手法で指導するのがOffice Catalyst(オフィス・カタリスト)代表の角野裕美さんです。出版社の作文添削、高校や予備校な...

角野裕美プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

カウンセリングに基づき「自己を見つめる」から始めるアドバイス

会社名 : Office Catalyst(オフィス・カタリスト)
住所 : 大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL : 06-6921-2559

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6921-2559

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

角野裕美(かどのひろみ)

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、広告をご掲載頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、ご掲載頂...

[ お知らせ ]

行かなきゃ損!受験に役立つオープンキャンパス活用術
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ春から始まり、夏休み期間、多かった「オープンキャ...

[ 大学受験生の皆さんへ ]

2020年度の新テストに合わせ、小論文や面接重視の選抜方法が検討されています!
イメージ

OfficeCatalystの角野裕美(かどの ひろみ)です( ..)φ本日2016年11月2日水曜付の日本経済新聞朝刊に...

[ 小論文への取り組み方 ]

「面接での嘘はどこまで許されるのか」というテーマでJIJICOに掲載して頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ今回、「ビジネス」という括りの中で、私の原稿を掲...

[ お知らせ ]

読書感想文をスラスラと書くための秘訣~原稿を挙げて頂いております!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ8月の末日の末日…。台風接近の声を聴きつつ、在宅...

[ 保護者の皆様へ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ