コラム

 公開日: 2013-10-23  最終更新日: 2014-05-23

エッセイをアップしました~「家族の耳」~ご一読いただければ幸いです!

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ

私自身の文章鍛錬、もっというと「詩」「短歌」「エッセイ」…とジャンルを問わず、感性を磨くために通っている“大阪文学学校”への提出エッセイをアップしてみます。

久しぶりで、お恥ずかしいのですが、ご一読いただければ有難いです<m(__)m>




「家族の耳」

       
 今年の夏は、殊の外暑かった。酷暑だの、記録的気温だのと連日、報道されていた。しかしながら、さすがに十月も半ばを過ぎ、日中はともかく、朝夕の気温が例年並みに下がってきた。このことは、天気予報でもわかるのだが、私にはとっておきの「気温低下察知バロメーター」がある。それは、帰宅する家族の「耳」に触れることだ。
 暑い季節には、耳もお疲れ気味で、身体と同じ体温を持ち、どちらかというと柔らかなのだ。しかし、少しでも気温が下がってくると、むき出しのままの耳は、外気に晒され、冷やされ、そのものの熱をなくす。冷たい耳が、まさに「あぁ、気温が下がってきたよぉ。」と、私に教えてくれるのだ。
 では、耳をどのように扱うのか?答えは簡単、ズバリ、耳を手で触り、自らの顔をくっつけんばかりに近づけるだけだ。ヒンヤリとした耳にタッチするためには、もちろん、帰宅後直ぐに、“味わう”ことが大切。そのためにも、季節が進み、気温がどんどん下がるにつれて、夫や娘が帰るであろう時間帯は、ソワソワドキドキ…待ち焦がれることとなる。
 冷えた耳の上部からゆっくりと、耳朶まで触る。明らかに冷たさが、指を通して感じられる。耳朶は夏場よりも少し引き締まり、冷気を中に閉じ込めているかのようだ。「今日は、急に冷え込んだからねぇ。」と嬉しげな私に、「……もういいかな?」と夫も娘も、呆れた様子で促して、終了となる。
 特に、冬本番となってくると、冷気も伴って、家族は帰ってくる。そんなとき、顔を近づけると、そのものが香りとなって立ち上がってくる。「寒かったねぇ。」と顔までも両手で包み込み、温めたくなる程だ。冬の香りとも言うべきものは、とんがった、鼻腔に突き刺さってくるかのようなもの。耳を触りつつ、匂いも味わいつつ、冬のお出迎えは、より忙しくなる。
触覚・嗅覚に次いで、視覚的にも好きな形だ。貝殻にも似た耳を、じっくり眺めていたい程だ。だから、自分自身の耳では、触れることはできるが、匂いを嗅いだり、見つめることが出来ず、いきおい家族の耳に甘えてしまうという次第。
 耳にはツボがたくさんあって、耳に触れ、マッサージすることは身体にいいと聞いたことがある。それはそれは、よござんした。バロメーターのみならず、健康にも貢献できるじゃないか。夫や娘が呆れ気味なのをもろともせず、来る冬に向けて、より一層の「耳フェチ」に、私はなろうと決めている。


夕刻に帰りし娘の耳朶に唇寄せて冬の香を嗅ぐ

 

貝がらの形にも似てどうしても目が離せないあなたの耳殻  






エッセイの最後には、内容にちなんだ「短歌」も載せてみました。大好きな歌人でありエッセイストの穂村弘さんの流儀を真似させていただいた次第です…(*^_^*)


より自己研鑽にも励んでまいります…!!!

心を込めて…( ..)φ__hiromi KADONO

⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono

この記事を書いたプロ

Office Catalyst(オフィス・カタリスト) [ホームページ]

講師 角野裕美

大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL:06-6921-2559

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容ご紹介
向き合う二人(フィギュア)

・対象者大学受験を控えた、高校生を持つ保護者の皆さま、および、その学校関係者の皆さま。・受講者へ提供する価値・伝えたいこと予備校講師として、小論...

講演実績
高校にて講演中

予備校講師として、東京大学・京都大学・大阪大学等の国公立大学入試や、慶應・早稲田大学等の私立大学入試指導にて合格へと導き、実績を上げている。特に関西国公立・...

 
このプロの紹介記事
角野 裕美(かどの・ひろみ)さん

小論文指導のポイントは「自分を見つめること」「自分をみがくこと」(1/3)

 大学受験を控えた高校生や就職活動をする大学生たちに試験科目として課せられる「小論文」や「作文」の書き方を独特の手法で指導するのがOffice Catalyst(オフィス・カタリスト)代表の角野裕美さんです。出版社の作文添削、高校や予備校な...

角野裕美プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

カウンセリングに基づき「自己を見つめる」から始めるアドバイス

会社名 : Office Catalyst(オフィス・カタリスト)
住所 : 大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL : 06-6921-2559

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6921-2559

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

角野裕美(かどのひろみ)

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、広告をご掲載頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、ご掲載頂...

[ お知らせ ]

行かなきゃ損!受験に役立つオープンキャンパス活用術
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ春から始まり、夏休み期間、多かった「オープンキャ...

[ 大学受験生の皆さんへ ]

2020年度の新テストに合わせ、小論文や面接重視の選抜方法が検討されています!
イメージ

OfficeCatalystの角野裕美(かどの ひろみ)です( ..)φ本日2016年11月2日水曜付の日本経済新聞朝刊に...

[ 小論文への取り組み方 ]

「面接での嘘はどこまで許されるのか」というテーマでJIJICOに掲載して頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ今回、「ビジネス」という括りの中で、私の原稿を掲...

[ お知らせ ]

読書感想文をスラスラと書くための秘訣~原稿を挙げて頂いております!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ8月の末日の末日…。台風接近の声を聴きつつ、在宅...

[ 保護者の皆様へ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ