コラム

 公開日: 2014-02-27  最終更新日: 2014-07-07

平成25年度の近畿大学医学部(後期)小論文課題を考える②

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ

前回のコラム「平成25年度の近畿大学医学部(後期)小論文課題を考える①」の続きをここでは述べてまいりましょう。




 

テーマ型出題では「設問」を何より大切に!



設問を整理してみると…。
①今までに読んだマンガを除く書物で、自分自身の生き方や考え方が変わった一作品を選ぶこと。
②そのタイトルと、可能なら著作名を書くこと。
③あらすじを書くこと。
④さらに生き方や考え方がその作品を読む前と読んだ後どのように変わったのかを述べること。
…と、この4点を押さえることが第一歩です。
しかしながら、400字を40分ですから、物理的にも「400字を書く時間」が必要ですよね?一般的には20分位はかかりましょう。なにより、大学の採点官という読み手にしっかり伝わる字を書かないといけませんのでね。
となると、実質「読んで考える時間」は、たったの20分弱!!!そうですよ、あっという間なのです。「えぇ~~~っと、どんな本があったっけなぁ~~~?」なぁんて悠長なことをいってるだけで5分は過ぎぎてしまいます((+_+)) 一瞬でぱっとひらめかせることも必要。
書く順となる「構成」は、ズバリこの設問で問われている①から順に書いていけばいいので、ここは楽ですよね。字数配分も、①と②と③で半分強でしょう。
なぜなら、実は③が他の受験生との差別化を図れるポイントだからです。

……ということを、前回挙げておりました。実際、これらの設問を踏まえなくては、大学側から尋ねられていることに答えたことにはなりません。意外と設問をないがしろ(@_@;)にしがちですので、ここはキチンと押さえましょう。

「設問」に沿って答えることが、構成の組み立てになる!


400字に対してのこの設問は長いものです。つまり、これらに答えなければならないし、400字という短めで述べる、という、一種の矛盾を孕んでいるともいえましょう。そのため、変に割る目立ちするような構成を組む必要は全くなく、あくまでもこの順に、的確さをもって答えていけばいいわけです。

例えば、いくら夏目漱石がいいようだ…(-"-)と思ったところで、「著作」やその「あらすじ」が述べられないのであれば、それを挙げた時点でブッブー(;一_一)でしょう。
なおかつ④さらに生き方や考え方がその作品を読む前と読んだ後どのように変わったのかを述べること、が求めらているのですから、やはり、「刺激を受けて、自身が成長した」「考え方を変えられるということは、それまで自身が持っていなかった考え方をその本から学んだ」といったような事例を挙げる必要があるということです。

そういう観点から行くと、④から「なにをアピールしたいのか?」から本を選んでいくのが、一番早いといえます。「(読む前は、どちらかというと飽きっぽい性格だったが)コツコツと粘り強く努力する主人公に学び、それからは日々の学びから大切にするようになった」みたいな前向きなアピールは、とても好ましいですよね?
その為に、読んだ本でこういうことを言えるものはないかなぁ?と探してみると、うまく書きやすいものが挙がってくるのではありませんか?







限られた時間で、400字を述べていくのは難しいことです。
しかし、普段から時間を意識した取り組みをなされていると、実際の入試本番で、思わぬ力が出ることは、今までのご指導の中でも経験済みです。
どうぞ、最後の最後まで諦めず、取り組んでいってくださいね(^o^)丿

具体的な内容や、ご指導に関しては、どうぞお気軽に「オフィスカタリスト」までお問い合わせください。
ご希望に応じた個別指導を、二次試験前には組み合わせて行ってもおります。

心を込めて…( ..)φ__hiromi KADONO

⇒⇒⇒Twitterで書くことへの日々の気づきを絶賛(^◇^)発信中!フォロワーさん大歓迎!
https://twitter.com/hiromi_kadono
ⴛ間」

この記事を書いたプロ

Office Catalyst(オフィス・カタリスト) [ホームページ]

講師 角野裕美

大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL:06-6921-2559

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容ご紹介
向き合う二人(フィギュア)

・対象者大学受験を控えた、高校生を持つ保護者の皆さま、および、その学校関係者の皆さま。・受講者へ提供する価値・伝えたいこと予備校講師として、小論...

講演実績
高校にて講演中

予備校講師として、東京大学・京都大学・大阪大学等の国公立大学入試や、慶應・早稲田大学等の私立大学入試指導にて合格へと導き、実績を上げている。特に関西国公立・...

 
このプロの紹介記事
角野 裕美(かどの・ひろみ)さん

小論文指導のポイントは「自分を見つめること」「自分をみがくこと」(1/3)

 大学受験を控えた高校生や就職活動をする大学生たちに試験科目として課せられる「小論文」や「作文」の書き方を独特の手法で指導するのがOffice Catalyst(オフィス・カタリスト)代表の角野裕美さんです。出版社の作文添削、高校や予備校な...

角野裕美プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

カウンセリングに基づき「自己を見つめる」から始めるアドバイス

会社名 : Office Catalyst(オフィス・カタリスト)
住所 : 大阪府大阪市都島区都島本通4丁目5-18 [地図]
TEL : 06-6921-2559

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6921-2559

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

角野裕美(かどのひろみ)

Office Catalyst(オフィス・カタリスト)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「JIJICO」(専門家による時事ネタコラム)のページに、掲載していただきました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ「JIJICO」(専門家による時事ネタコラム)のページ...

[ お知らせ ]

本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、広告をご掲載頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ本日2016年11月29日火曜付けの読売新聞に、ご掲載頂...

[ お知らせ ]

行かなきゃ損!受験に役立つオープンキャンパス活用術
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ春から始まり、夏休み期間、多かった「オープンキャ...

[ 大学受験生の皆さんへ ]

2020年度の新テストに合わせ、小論文や面接重視の選抜方法が検討されています!
イメージ

OfficeCatalystの角野裕美(かどの ひろみ)です( ..)φ本日2016年11月2日水曜付の日本経済新聞朝刊に...

[ 小論文への取り組み方 ]

「面接での嘘はどこまで許されるのか」というテーマでJIJICOに掲載して頂きました!
イメージ

オフィスカタリストの角野裕美(カドノヒロミ)です( ..)φ今回、「ビジネス」という括りの中で、私の原稿を掲...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ