コラム

 公開日: 2015-07-09  最終更新日: 2015-07-11

お墓を相続してくれる人がいないのでお墓を処分したい

「娘だけで継承者(後継ぎ)がいないので、お墓がいらなくなった」
「息子は東京で働いていて帰ってきそうにはないので、お墓を処分したい」
「子どもたちに負担を掛けたくないので、お墓を撤去したい」

最近、そういうご相談が増えてきています。

お墓を処分するためには2段階あります。
①墓石の処分
②墓所の返還

それでは順を追ってみていきましょう。

手続きについて

いわゆる「墓終(はかじ)まい」の手続きは、そのお墓に「埋葬履歴」があるかどうかによって異なってきます。
つまり、お墓を建てただけで納骨していなかったならば、「墓地返還届」を管理者(霊園であらば管理事務所)に提出するだけで大丈夫です。
ただし、「墓地返還届」に添付する必要書類(印鑑証明証・本人確認書類等)は霊園によって異なりますので詳しいことは管理事務所にお問合せ下さい。
なお、自治会の共同墓地などでは手続きが必要ないところもあります。
しかし、「埋葬履歴」が存在する場合は、たとえお骨が現存していなかったとしても「墓地、埋葬等に関する法律」にのっとって手続きをする必要があります(詳しくは「はなれた場所にあるお墓を一つにまとめたい」http://mbp-osaka.com/ohaka110/column/24985/)をご覧ください。

墓石の処分について

墓石の撤去代金は大別すると「工事代金」と「石材の処分費」に分けられます。
これらはお住まいの地域によって地価や物価が異なるのと同じように一概には言えません。
あえて、目安をあげるとすると、工事代金と処分費の合計で1㎏あたり100~200円といったところでしょうか。
例をあげますと、8寸大阪型二重台で約660㎏、9寸神戸型三重台で約1240㎏になります。
これに、巻石(外柵)の処分費が加わります。

墓石の下取ってしてもらえるの?

「時々、墓石を下取りしてもらえませんか?」というご相談もあるのですが、墓石の下取りはあり得ません。
「でも、字を削ったら使えるでしょう?」とおっしゃるのですが、彫ってある字を削ると石の太さは半分近くになってしまいます(もちろん、個別の状況によってどれぐらいの太さになるかは大きく異なります)。
それに、「安くなるなら、たとえ他家の墓石を再利用したものでもかまわない」とおっしゃる方は、ほぼいらっしゃいません。
あなたはいかがですか? 「安くなるなら、たとえ他家の墓石を再利用したものでもかまわない」と思われますか?

墓地代(墓地永代使用料)は返って来る?

霊園によっては墓地代(墓地永代使用料)の一部が返還されることもありますが、支払い済みの墓地永代使用料が全額返って来ることはまずありません。
どれぐらいの金額が返還されるかは、各霊園の「使用規則」をご確認下さい。
なお、年間管理料・維持費などは返ってきません。

古いお墓の不法投棄問題

さて、「墓終(はかじ)まい」の増加に伴って、関係する問題についてお話ししたいと思います。
それは、古いお墓の不法投棄問題です。

昨年は岡山県のI警察署の方から問い合わせがありました。
今年に入ってからは『月刊住職』というお寺向けの月刊誌からの取材も受けました。

今、日本各地で墓石の不法投棄が相次いでいます。
「墓の墓場」などという刺激的な見出しが新聞やテレビの見出しを飾ることがあります。

「継がれず無縁、さまよう墓石 不法投棄続々、墓の墓場も」朝日新聞
「墓が捨てられる~無縁化の先に何が~」 NHK・クローズアップ現代
「無縁墓 墓じまい 墓石不法投棄」 朝日放送・キャスト 

などなど。

さて、不法投棄の主な原因は、墓石の処分を安く請け負い、破砕などの適正処理をしないまま捨てる、いわゆる悪徳業者の存在です。

墓石の不法投棄は広島、京都、茨城、千葉、兵庫など各府県で業者が逮捕されています。

不要になった墓石は、台石を破砕処分し、仏石(〇〇家之墓など字の彫ってある石)は無縁供養することが一般的です。

しかし、破砕には手間とお金がかかるので、ごく一部の悪徳業者が不法投棄をするわけです。

お墓を建てる時ももちろんそうですが、「墓終(はかじ)まい」のときもきちんとした石材店に頼むことが大切です。

なお、射場石利石材では、一般社団法人 日本石材産業協会発行の『石材店に行く前に読む本 ~お墓選びは石材店選び~』をご希望の方にプレゼントしています。

ご希望の方は、メールでご請求ください(メールフォームはページの右上と下にあります)。

一般社団法人 日本石材産業協会


お墓に関するあらゆるご質問にお答えいたします。
お気軽にお問い合わせください。
 【射場石利石材(いば いしり せきざい)】
 T E L.072-635-1134
 営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)


射場石利石材では、お墓のことで真剣にお悩みの方であれば、たとえ他のお店のお客さまでも親身になってご相談に応じております。お気軽にお電話ください。 

射場石利石材(いば いしり せきざい)
T E L.072-635-1134
営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)

この記事を書いたプロ

射場石利石材株式会社 [ホームページ]

石職人 射場一之

大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL:0120-148183

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マスコミ等での紹介
イメージ

2015年8月15日(金)、東京・お台場で「これからのリフォーム店・工務店を考える勉強会」が開催されました(主催:朝日ウッドテック)。そこで、ゲストスピ...

費用の目安

文字彫り        5万円/体花立の穴あけ    1.5万円/ 本クリーニング     4万円/基 より墓じまい       8万円/基 よりお墓...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
射場 一之(いば・かつゆき)さん

「100年先の墓石」にこだわります(1/3)

 茨木市に本社のある「射場石利石材」は、元禄15年(1702)に創業、300年以上も続くという日本の石材店でも指折りの老舗。 歴史と伝統のある石材店の社長らしく、モットーは「100年先の墓石作り」。射場さんは「100年後にもしっかり、まっ...

射場一之プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

300年を超える歴史。1万基を超える実績。

会社名 : 射場石利石材株式会社
住所 : 大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL : 0120-148183

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148183

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

射場一之(いばかつゆき)

射場石利石材株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

安心しておまかせ出来ました

早くから用意していました墓地に一周忌に石塔を建立すべく射...

山田
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
多くの石材店で修理を断られたお墓

射場石利石材は古いだけが取り柄の、家族経営の小さな石材店です。派手なCMはやっていませんし、きれいなパ...

[ お墓の修理 ]

「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます

この度の「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 今は、救出を待ってお...

[ 地震 ]

名字を変えても(旧姓に戻っても)、お墓の所有権はなくなりません

 補足説明 Q.夫を亡くし、一人暮らしをしている叔母がいます。叔母夫婦には子どもはいませんでした。亡く...

[ お墓のしきたり ]

お墓参りは1年に何回ぐらいするものなのでしょうか?

Q.嫁ぎ先ではお墓参りは1年に1回、お盆の時ぐらいですが、私の実家では春秋のお彼岸とお盆、それから祖父の月...

[ お墓参り ]

一周忌にお墓開きと納骨をします。お布施の渡し方と石屋さんへの「志」の相場の質問です。

Q一周忌とお墓開きと納骨を同じ日に行います。会館で一周忌を行い、その後墓地に移動してお墓開きをしてもらう予...

[ 納骨に関して ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ