コラム

 公開日: 2015-07-10 

信頼できる石材店を見分けるにはどうしたらいいですか?

逆説的になりますが、まずは「要注意」な石材店を見極めるポイントをお話ししましょう。
そのポイントは大きく二つあります。

お店や工場、事務所を見せたがらない業者には注意しましょう

お店や工場を持たない業者は、マンションの一室などを事務所にして、「この人は」と目をつけたお客様のところに足しげく通い、契約を取り付けます。

マンションの一室を拠点にしているから悪いというわけではありませんが、お店も工場も持たない場合、契約後の仕事は丸投げになります。そんな業者は、お墓を建てた後のアフターフォローに心配が残ります。

お墓は建てた後に補修が必要になることもあるのですから、トラブルを避けるためには、きちんとお店を構えている石材店で、実物や施工事例を確認してから契約するほうが安心です。

理由をつけてお店や工場、事務所や工事現場などの見学を拒むのは、見せられない、見られたら困る理由があるからです。そうした業者は避けた方が無難です。

ただし、お店や工場が立派な石材店がよい石材店というわけではありませんし、店舗や工場を持たない業者=悪徳業者ではありません。


少しでも「強引だな」と感じたらキッパリ断りましょう

押しの強い営業マンはあの手この手の手段手法で契約を迫ります。
しかし、言われるままに高いお金を出したところで、満足できるお墓ができるとは限りません。
少しでも「強引だな」と感じたら、後悔しないためにもキッパリ断りましょう。
それではここでありがちな「強引な営業スタイルの例」をいくつか見ていきましょう。

① その場で契約を迫る業者
「早く決めないと、売れちゃいますよ」
「とにかく今、ここで決めてしまいましょう」
このように考える時間を与えてくれない業者は要注意です。
本当に親切な業者なら、買い手が判断するときには必要な情報だけを伝えて、あとは買い手のペースに合わせて決断を待ってくれるはずです。

② 価格の安さだけをアピールする業者
「今なら○○%引きです!」
「これは超目玉商品。お買い得です!」
などと価格の安さだけをアピールする業者にも注意が必要です。
お墓を持つことの意味や素材としての石の説明、施工内容の話は一切せずに、価格だけをアピールする業者は、価格以外にアピールする点がないのかもしれません。
こうしたところの多くは自社では施工を行わず、下請けの業者に作業を丸投げしています。
工事を他社に外注すること自体は悪いことではありませんが、価格相応の仕事で済ませるためには材料費を落としたり、本来はすべきことを省略せざるを得ないこともあります。
せっかく建てたお墓が傾いたり欠けてきたりしたら、悲しいですね。
価格が気になるのは買うときだけですが、品質はずっと気になります。
「やっぱり安いほうにしておけばよかった」と後悔する方は非常に稀(まれ)ですが、「やっぱり良いほうにしておけばよかった」と後悔する方は決して少なくありません。

③ 在庫品を押し付ける業者
ひたすら値引きをアピールし、「お店いち押し」の商品ばかり勧めてくるとしたら?
これは「在庫品」を売りたがっている可能性が高いといえます。
契約後に「やっぱりほかの石や形も検討したい」と思っても、一切受け付けてもらえずトラブルになることもあります。
最初から一つの商品を押しつけようとする業者は注意が必要です。

④ 他店の価格を気にして気安く値引きに応じる業者
「あそこのお店はいくらでした? だったらウチは○○万円引きます」
「よその価格と合わせますし、さらに○○もサービスします」
他店の価格を気にして値下げするところは、プロとしての仕事ができていない証拠です。
誠実な会社であれば、そもそも最初から材料費、工費などを適正な価格で見積もって提示しているはずです。
材料はこれを使う、作業内容はこうだ。時間はこれぐらいかかる、だから見積額はこうなる。このように見積もるのが、本来のやり方なのです。
気安く値引きに応じるような業者には気をつけた方が無難です。

⑤ 全額前払いを要求する業者
「全額を前払いしていただければ、その分お安くします」
これはよく聞くセールストークの一つですが、あなたはどう思いますか?
手間や気持ちの問題で、依頼するあなたのほうから前払いを申し出るケースもあると思いますが、業者の側から全額前払いを要求するとしたら、注意が必要です。
手付金の額に厳密な決まりはありません。契約金額によっても異なりますが、おおむね2~3割くらいが一般的です。
契約時に全額前払いを迫る業者は、信用がなく現金でなければ仕入れることができないのかもしれません。

⑥ 断ってもしつこく押しかけてくる業者
だれに頼んだわけでもないのに、どこからか情報を手に入れて電話をかけてきたり、自宅にしつこく訪問してきたり……。
ひどい場合は霊園の見学に訪れた人の車のナンバープレートから住所を割り出したり、亡くなった方の名簿を購入して押しかけてくることもあります。
断っているのに自宅に押しかけてきたり、しつこく電話をかけてくる業者は要注意です。霊園で親切そうに声をかけてきて、親しくなろうとする業者もいますので注意してください。


もし、お墓のことや業者のことでお悩みなら、一度お近くの「消費生活センター」か、一般社団法人 日本石材産業協会の相談窓口に相談してみてください。

一般社団法人 日本石材産業協会 電話相談(相談料・通話料無料)
【相談受付】月曜・木曜 10:30~15:30
フリーダイヤル:0120-411479(ヨイイシナガク)




【射場石利石材(いば いしり せきざい)】
 T E L.072-635-1134
 営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)

射場石利石材では、お墓のことで真剣にお悩みの方であれば、たとえ他のお店のお客さまでも親身になってご相談に応じております。お気軽にお電話ください。 

射場石利石材(いば いしり せきざい)
T E L.072-635-1134
営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)

この記事を書いたプロ

射場石利石材株式会社 [ホームページ]

石職人 射場一之

大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL:0120-148183

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マスコミ等での紹介
イメージ

2015年8月15日(金)、東京・お台場で「これからのリフォーム店・工務店を考える勉強会」が開催されました(主催:朝日ウッドテック)。そこで、ゲストスピ...

費用の目安

文字彫り        5万円/体花立の穴あけ    1.5万円/ 本クリーニング     4万円/基 より墓じまい       8万円/基 よりお墓...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
射場 一之(いば・かつゆき)さん

「100年先の墓石」にこだわります(1/3)

 茨木市に本社のある「射場石利石材」は、元禄15年(1702)に創業、300年以上も続くという日本の石材店でも指折りの老舗。 歴史と伝統のある石材店の社長らしく、モットーは「100年先の墓石作り」。射場さんは「100年後にもしっかり、まっ...

射場一之プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

300年を超える歴史。1万基を超える実績。

会社名 : 射場石利石材株式会社
住所 : 大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL : 0120-148183

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148183

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

射場一之(いばかつゆき)

射場石利石材株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

感謝しています

射場石利石材株式会社  六代目当主 射場一之様  前略...

八木
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
多くの石材店で修理を断られたお墓

射場石利石材は古いだけが取り柄の、家族経営の小さな石材店です。派手なCMはやっていませんし、きれいなパ...

[ お墓の修理 ]

「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます

この度の「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 今は、救出を待ってお...

[ 地震 ]

名字を変えても(旧姓に戻っても)、お墓の所有権はなくなりません

 補足説明 Q.夫を亡くし、一人暮らしをしている叔母がいます。叔母夫婦には子どもはいませんでした。亡く...

[ お墓のしきたり ]

お墓参りは1年に何回ぐらいするものなのでしょうか?

Q.嫁ぎ先ではお墓参りは1年に1回、お盆の時ぐらいですが、私の実家では春秋のお彼岸とお盆、それから祖父の月...

[ お墓参り ]

一周忌にお墓開きと納骨をします。お布施の渡し方と石屋さんへの「志」の相場の質問です。

Q一周忌とお墓開きと納骨を同じ日に行います。会館で一周忌を行い、その後墓地に移動してお墓開きをしてもらう予...

[ 納骨に関して ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ