コラム

 公開日: 2015-07-28 

魂入れ(開眼式・建碑法要・入魂式)はしないとダメですか?

時々、「まだ仏さんはいないので、魂入れ(=開眼式・建碑法要・入魂式)はしなくてもいいですよね?」と聞かれることがあります。
しかし、魂入れをしないと、正に「仏作って魂入れず」となってしまいます。
たとえ自家でお祀りされている仏さんがなかったとしても、魂入れはしてください。
なぜなら、私たちにはたくさんのご先祖さまがいるからです。


いのちのつながり


生きるということは、たくさんの“いのち”とつながりを持つことです。

家族は、私たちにとって最も身近な存在です。
しかし、私たちを支えているのは、いま一緒に暮らしている両親や祖父母、兄弟だけではありません。
一人ひとりの「いのち」は、遠い昔から大勢のご先祖さまによって受け継がれ、支えられてきたものです。
この、長いながい「いのちのつながり」について考えてみましょう。

10代遡ってご先祖さまの数を単純に数えると、1024人になります。

「私」は父と母から生まれました。――ということは、「私」の半分は「父」であり、「母」であることになります。
同じように、父と母も、その半分はやはりその父であり母、つまり「私」から見ると「祖父」と「祖母」ということになります。
ゆえに「私」は「祖父」であり「祖母」でもあるわけです。
もっと言えば、1024人のご先祖さまでもあるということになります。
そしてもし、その中の一人でもいなければ、「私」はこの世に存在していないことになります。
仮に1代25年として計算すると800年で32代になります。すると、単純計算ではご先祖さまの数は42億9千万人にもなります。
私たちの「先祖」は800年前にはこの世に存在しなかったのか? 
もちろん、そんなことはありません。
800年前にも1万年前にも、間違いなく私たちの先祖はいたはずです。
100年前になって突然先祖が現れたわけではありません。

今ここに生きているというだけで、大変な数の人たちのお世話になっていることがわかります。
こうやって考えていくと、「いのち」はけっして「私」ひとりだけのものではないと思いませんか?

「いのち」は贈り物であり、そこからまた誰かに贈られていくべきものです。
「いのち」は親から子へ、子から孫へと絶えることなく受け継がれてきたものです。

父母が数限りない先祖たちから受け継いできたものが「私」のこの体、そして心の中に流れている――そうした実感は、何より私の心には「生きる力」を与えてくれます。
そして、受け継いだ「いのち」と「心」を子孫につないでいくという、自らの使命に気づいた時、ますます人生をしっかりと歩んでいこうという決意が私の心には生まれました。

「先祖がいたからこそ家族も自分も生まれてきたのです。感謝し、敬って当然です。暮らしを豊かにしたいなら『忙しい』を言い訳にせず、ぜひお墓参りをなさってください」――私は、お墓づくりに携わる者として、ひとりでも多くの方にそんなことを語り伝えたいと願っています。



射場石利石材では、お墓のことで真剣にお悩みの方であれば、たとえ他のお店のお客さまでも親身になってご相談に応じております。お気軽にお電話ください。 

射場石利石材(いば いしり せきざい)
T E L.072-635-1134
営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)


お墓参り

射場石利石材では、お墓のことで真剣にお悩みの方であれば、たとえ他のお店のお客さまでも親身になってご相談に応じております。お気軽にお電話ください。 

射場石利石材(いば いしり せきざい)
T E L.072-635-1134
営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)

この記事を書いたプロ

射場石利石材株式会社 [ホームページ]

石職人 射場一之

大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL:0120-148183

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マスコミ等での紹介
イメージ

2015年8月15日(金)、東京・お台場で「これからのリフォーム店・工務店を考える勉強会」が開催されました(主催:朝日ウッドテック)。そこで、ゲストスピ...

費用の目安

文字彫り        5万円/体花立の穴あけ    1.5万円/ 本クリーニング     4万円/基 より墓じまい       8万円/基 よりお墓...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
射場 一之(いば・かつゆき)さん

「100年先の墓石」にこだわります(1/3)

 茨木市に本社のある「射場石利石材」は、元禄15年(1702)に創業、300年以上も続くという日本の石材店でも指折りの老舗。 歴史と伝統のある石材店の社長らしく、モットーは「100年先の墓石作り」。射場さんは「100年後にもしっかり、まっ...

射場一之プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

300年を超える歴史。1万基を超える実績。

会社名 : 射場石利石材株式会社
住所 : 大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL : 0120-148183

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148183

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

射場一之(いばかつゆき)

射場石利石材株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
かじ
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
多くの石材店で修理を断られたお墓

射場石利石材は古いだけが取り柄の、家族経営の小さな石材店です。派手なCMはやっていませんし、きれいなパ...

[ お墓の修理 ]

「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます

この度の「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 今は、救出を待ってお...

[ 地震 ]

名字を変えても(旧姓に戻っても)、お墓の所有権はなくなりません

 補足説明 Q.夫を亡くし、一人暮らしをしている叔母がいます。叔母夫婦には子どもはいませんでした。亡く...

[ お墓のしきたり ]

お墓参りは1年に何回ぐらいするものなのでしょうか?

Q.嫁ぎ先ではお墓参りは1年に1回、お盆の時ぐらいですが、私の実家では春秋のお彼岸とお盆、それから祖父の月...

[ お墓参り ]

一周忌にお墓開きと納骨をします。お布施の渡し方と石屋さんへの「志」の相場の質問です。

Q一周忌とお墓開きと納骨を同じ日に行います。会館で一周忌を行い、その後墓地に移動してお墓開きをしてもらう予...

[ 納骨に関して ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ