コラム

 公開日: 2015-11-02  最終更新日: 2016-01-06

お墓参りは1年に何回ぐらいするものなのでしょうか?

Q.嫁ぎ先ではお墓参りは1年に1回、お盆の時ぐらいですが、私の実家では春秋のお彼岸とお盆、それから祖父の月命日の前にもお参りしていました。ですから私も、お彼岸とお盆、命日には実家のお墓にお参りしています。ところが、義母に「お墓参りなんてそんなにしょっちゅうするもんじゃない」と言われました。ですが逆に私にしてみると1年に1回というのはいくらなんでも少なすぎると思うのです。お墓参りは1年に何回ぐらいするものなのでしょうか?

A.お墓参りの回数は、無理のない範囲で多ければ多いほどよいと思います。


ある調査結果によると、1年間のお墓参りの回数は「年に2~3回」という人が多いようです。

中には「週に2~3回」という方もいらっしゃいました。

では、どんな時にお墓参りに行っているかというと、お盆、お彼岸、命日がベスト3です。

それ以外にも、できればお墓参りに行った方がよい日は、お正月、母の日、父の日、誕生日、家族の転機(卒業・入学・転職、七五三)などがあげられます。

お墓参りに理由などいりません。
れしいことがあった時、何か悩みがあるとき、お墓参りに行ってあなたの事を大切に思ってくれていた故人にあなたの想いをぶつけてみてください。
きっと思いもよらない解決方法がひらめいたり、いつの間にか悩みの原因そのものが消えてしまった――そんなことがあるかもしれません。


では、逆に「お墓参りに行ってはいけない日」はあるか――そんなものは、ありません。

時々、「友引にお墓参りに行ってはいけない」という方がいらっしゃいますが、全く根拠のない迷信です。

ちなみに、お正月は新年を祝う日、お盆はご先祖さまがわが家に帰って来る日、と思いがちですが、もともとお正月もお盆も「ご先祖さまの霊がわが家に帰る日」だった――『先祖の話』の中で民俗学者の柳田國男先生はそう書いておられます。


そもそもお盆とは? お彼岸とは?

お盆のルーツは「仏説盂蘭盆経(ぶっせつうらぼんきょう)」というお経です。

最初にお盆を行ったのは今から1500年ほど前の中国の武帝と言われています。
(余談ですが北方謙三さんの『史記 武帝紀』、おもしろいです。)

横道にそれましたが、4世紀頃、中国では7月15日は、仏教のお盆と道教の「中元」がひとつになり、先祖を供養する日、亡き人の魂をまつる日となって、
日本に伝わりました。

ところで、お彼岸は日本だけの習慣です。

今日では仏教行事として「彼岸会(ひがんえ)」とか、「お彼岸」といわれますが、
もともと春分、秋分の日は仏教とは関係ありませんでした。

射場石利石材では、お墓のことで真剣にお悩みの方であれば、たとえ他のお店のお客さまでも親身になってご相談に応じております。お気軽にお電話ください。 

射場石利石材(いば いしり せきざい)
T E L.072-635-1134
営業時間.8:00 ~ 18:00(無休)

この記事を書いたプロ

射場石利石材株式会社 [ホームページ]

石職人 射場一之

大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL:0120-148183

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
マスコミ等での紹介
イメージ

2015年8月15日(金)、東京・お台場で「これからのリフォーム店・工務店を考える勉強会」が開催されました(主催:朝日ウッドテック)。そこで、ゲストスピ...

費用の目安

文字彫り        5万円/体花立の穴あけ    1.5万円/ 本クリーニング     4万円/基 より墓じまい       8万円/基 よりお墓...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
射場 一之(いば・かつゆき)さん

「100年先の墓石」にこだわります(1/3)

 茨木市に本社のある「射場石利石材」は、元禄15年(1702)に創業、300年以上も続くという日本の石材店でも指折りの老舗。 歴史と伝統のある石材店の社長らしく、モットーは「100年先の墓石作り」。射場さんは「100年後にもしっかり、まっ...

射場一之プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

300年を超える歴史。1万基を超える実績。

会社名 : 射場石利石材株式会社
住所 : 大阪府茨木市新和町16番19号 [地図]
TEL : 0120-148183

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-148183

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

射場一之(いばかつゆき)

射場石利石材株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

安心しておまかせ出来ました

早くから用意していました墓地に一周忌に石塔を建立すべく射...

山田
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
多くの石材店で修理を断られたお墓

射場石利石材は古いだけが取り柄の、家族経営の小さな石材店です。派手なCMはやっていませんし、きれいなパ...

[ お墓の修理 ]

「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます

この度の「平成28年熊本地震」で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 今は、救出を待ってお...

[ 地震 ]

名字を変えても(旧姓に戻っても)、お墓の所有権はなくなりません

 補足説明 Q.夫を亡くし、一人暮らしをしている叔母がいます。叔母夫婦には子どもはいませんでした。亡く...

[ お墓のしきたり ]

一周忌にお墓開きと納骨をします。お布施の渡し方と石屋さんへの「志」の相場の質問です。

Q一周忌とお墓開きと納骨を同じ日に行います。会館で一周忌を行い、その後墓地に移動してお墓開きをしてもらう予...

[ 納骨に関して ]

新しいお墓を建てるスペースがありません。戦死者のお墓に他の人のお骨を入れてはいけませんか?
イメージ

Q.敷地の真ん中に戦死した父のお墓があります。先日母が亡くなったのですが父のお墓に母のお骨を入れてもいいで...

[ 納骨に関して ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ