コラム

 公開日: 2010-02-14  最終更新日: 2010-02-16

くらしと法律6 国際離婚と子の監護


日本人であるA子さんは米国人男性と国際結婚し,米国で暮らして一男をもうけました。しかし,その後夫婦は離婚,A子さんは幼い息子(3歳)を連れて日本に帰国することを考えています。

上記は架空事例ですが,近年国際結婚の著しい増加に伴いかような国際結婚破綻のケースが子の不法な連れ去り,いわゆる「子の奪取」として深刻な問題となることが後をたちません。本件事例のように,米国で離婚した場合,3歳の息子の親権は日本人女性のA子さんと米国人男性の共同親権となります。従って,一方の親(この場合父親である米国人男性)の同意を得ず,子を連れて米国から出国した場合,A子さんは子を誘拐したとして米国刑法により犯罪者となるおそれがあります。
「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」(Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction)はこのような問題に対処するための国際的なルールとして締結され,16歳以下の子が不法に定住国から連れ出された場合,子をその国に送還させる義務が条約締結国に生じるものです。
日本では現在のところ上記ハーグ条約に加盟していないため,子を強制的に元の国に送還させる義務はありません。日本が未加盟である背景としては,日本人女性が夫からのDV(ドメスティックバイオレンス)を受けて離婚した例が多いことが指摘されています。しかし,同ハーグ条約には例外事由として,子が送還により身体的・精神的に重大な危険にさらされるおそれがあれば送還しない決定もできると定められており(同13条b),日本でも国際的なルールとしての同条約への加盟が現在検討されております。
ハーグ条約の根底にあるのは「子の福祉」理念の尊重です。個別のケースによって国際離婚に伴う紛争の複雑さはそれぞれ異なりますが,ハーグ条約の加盟の是非をめぐる議論は,国家間の政治的問題や法制度設計の違いにとどまらず,国際離婚をしたカップルにとって子の利益のための最善の選択は何かという普遍的な問題をはらんでいると言えるでしょう。

この記事を書いたプロ

小原法律特許事務所 [ホームページ]

弁護士 小原望

大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号 シティ・コーポ南森町902 [地図]
TEL:06-6313-1208

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
小原望 おはらのぞむ

国際的視野で「交渉」や「契約」の大切さを広めたい(1/3)

「国際取引や英文契約、紛争解決などと言うと、国家レベルや一部の大会社だけの話、個人や中小企業には無縁……そう思われてはいませんか?でも、実は思いのほかとても身近な問題なんですよ」 そう教えてくれるのは、大阪市のビジネス街・南森町に「小...

小原望プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 小原法律特許事務所
住所 : 大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号 シティ・コーポ南森町902 [地図]
TEL : 06-6313-1208

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6313-1208

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小原望(おはらのぞむ)

小原法律特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
賃料滞納による契約の解除

A男さんは1年前からアパートを借りていますが,事情があり先月の家賃を滞納してしまいました。契約書には借主が家...

相隣関係について
イメージ

  2月もなかばを過ぎました。私の事務所は大阪天満宮の近くにあるので,「てんじんさん」にお参りして,境内...

尊厳死とリビング・ウィル
イメージ

 渉外業務にも様々なものがありますが,その中でとりわけ印象深いものが尊厳死のため英文のリビング・ウィル(Li...

DV(ドメスティック・バイオレンス)
イメージ

愛し合って結婚したはずなのに,夫が妻に,あるいは妻が夫に暴力をはたらく。何とも痛ましいことですが,配偶者...

安楽死について
イメージ

学生時代に医師であり小説家であった森鴎外の「高瀬舟」という「安楽死」をとりあげた小説を読んだことがある。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ