コラム

 公開日: 2010-02-15  最終更新日: 2014-05-23

くらしと法律7 遺言


 今,テレビなどで何かと話題の坂本竜馬ですが,竜馬も遺言書をつくっていたことを,皆さんはご存知ですか?
 遺言とは,財産や家族に関する法律関係を,死後に言い残す意思表示のことを言います。遺言書を作成しておけば,死後に自分の財産をゆかりの深い人に譲ったり(これを「遺贈」といいます),子どもの後見人を決めたりすることができます。また,遺言で子どもを認知したり,先祖をお祀りする人(祭祀主宰者)を決めたりすることもできるんですよ。

 遺言書は,法律で定められた形式でつくらないと効力が得られませんが,そのつくり方としてわが国の民法は7種類のメニューを用意しています。
 そのうち,いちばん簡単につくることができるのは「自筆証書遺言」です。これは,紙の上に,遺言内容の全文,日付,氏名をすべて自筆で書き,押印すればでき上がりです。
 ただ,自筆証書遺言には員や日付がないなどの方式の不備があるとして,後から遺言の効力をめぐって争いになる場合もあるようです。また,遺言をした人の死後に家庭裁判所で「検認」という手続きを経ないと,相続登記など遺言の内容を実現する手続きができません。

 これに対し,いちばん安全で確実なのが「公正証書遺言」です。これは,遺言をする人が,二人以上の証人に立ち会ってもらって,公証人に遺言の内容を口頭で話し,公証人がこれを筆記して作成します。
 公正証書遺言は,作成費用がかかるものの,法律の専門家である公証人が関与するために,後になって方式に不備があるなどとして争いが生じるおそれがほとんどなく,その点が大きなメリットです。原本は公証役場に保管されるので,紛失や変造の心配もありません。家庭裁判所で検認をする必要もありません。ですから,ある程度の額の財産について遺言を残す場合には,公正証書遺言にしておく方がいいかも知れませんね。
 
 このように,遺言の作成自体は比較的簡単ですが,のちに争いを残さないように法的に適切な遺言をつくるのには,専門家のアドバイスが必要です。みなさんも,一度お近くの弁護士に相談されてはいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

小原法律特許事務所 [ホームページ]

弁護士 小原望

大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号 シティ・コーポ南森町902 [地図]
TEL:06-6313-1208

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
小原望 おはらのぞむ

国際的視野で「交渉」や「契約」の大切さを広めたい(1/3)

「国際取引や英文契約、紛争解決などと言うと、国家レベルや一部の大会社だけの話、個人や中小企業には無縁……そう思われてはいませんか?でも、実は思いのほかとても身近な問題なんですよ」 そう教えてくれるのは、大阪市のビジネス街・南森町に「小...

小原望プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 小原法律特許事務所
住所 : 大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号 シティ・コーポ南森町902 [地図]
TEL : 06-6313-1208

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6313-1208

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小原望(おはらのぞむ)

小原法律特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
賃料滞納による契約の解除

A男さんは1年前からアパートを借りていますが,事情があり先月の家賃を滞納してしまいました。契約書には借主が家...

相隣関係について
イメージ

  2月もなかばを過ぎました。私の事務所は大阪天満宮の近くにあるので,「てんじんさん」にお参りして,境内...

尊厳死とリビング・ウィル
イメージ

 渉外業務にも様々なものがありますが,その中でとりわけ印象深いものが尊厳死のため英文のリビング・ウィル(Li...

DV(ドメスティック・バイオレンス)
イメージ

愛し合って結婚したはずなのに,夫が妻に,あるいは妻が夫に暴力をはたらく。何とも痛ましいことですが,配偶者...

安楽死について
イメージ

学生時代に医師であり小説家であった森鴎外の「高瀬舟」という「安楽死」をとりあげた小説を読んだことがある。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ