コラム

 公開日: 2010-02-17  最終更新日: 2014-05-23

DV(ドメスティック・バイオレンス)


愛し合って結婚したはずなのに,夫が妻に,あるいは妻が夫に暴力をはたらく。何とも痛ましいことですが,配偶者間の暴力に悩んでおられる方も少なくないのではないでしょうか。

 かつては,配偶者間で暴力が振るわれたとしても,警察が「民事不介入」を理由に,被害者の保護を十分に果たしてくれなかった時代もありました。しかし,今ではDV防止法(正式名称は「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」)が制定され,警察に対して身の安全をはかる策を講じてもらったり,裁判所からつきまとい行為等を禁じる保護命令出してもらったりすることができるようになっています。

この法律が適用されるのは「配偶者間」の暴力ですから,単に恋人としてつきあってるだけであったり,ふたりに結婚の意思がなく同棲しているにすぎない場合にはDV防止法は適用されませんが,「配偶者」には内縁配偶者も含まれますので,婚姻届を出していなくても事実的に婚姻関係にある場合(これを「事実婚」といいます。)には適用があります。

配偶者からの暴力に身の危険を感じた時には,まず警察に相談するのがよいでしょう。警察は配偶者からの暴力による被害の発生を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならないと定められていますから(DV防止法8条),警察は身の安全策を講じてくれるはずです。

また,都道府県の女性相談センターや婦人相談所では,一時保護施設を紹介してもらえるケースもありますから,このような窓口に相談してみることも検討してください。

そして,生命や身体に重大な危害を受ける恐れが大きいと判断した場合には,地方裁判所の保護命令の申立をするのがよいでしょう。

 ドメスティック・バイオレンスに悩んでおられる皆さん,DV防止法を活用して,安全で安心な生活を取り戻してください。

この記事を書いたプロ

小原法律特許事務所 [ホームページ]

弁護士 小原望

大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号 シティ・コーポ南森町902 [地図]
TEL:06-6313-1208

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
小原望 おはらのぞむ

国際的視野で「交渉」や「契約」の大切さを広めたい(1/3)

「国際取引や英文契約、紛争解決などと言うと、国家レベルや一部の大会社だけの話、個人や中小企業には無縁……そう思われてはいませんか?でも、実は思いのほかとても身近な問題なんですよ」 そう教えてくれるのは、大阪市のビジネス街・南森町に「小...

小原望プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

会社名 : 小原法律特許事務所
住所 : 大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号 シティ・コーポ南森町902 [地図]
TEL : 06-6313-1208

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6313-1208

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小原望(おはらのぞむ)

小原法律特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
賃料滞納による契約の解除

A男さんは1年前からアパートを借りていますが,事情があり先月の家賃を滞納してしまいました。契約書には借主が家...

相隣関係について
イメージ

  2月もなかばを過ぎました。私の事務所は大阪天満宮の近くにあるので,「てんじんさん」にお参りして,境内...

尊厳死とリビング・ウィル
イメージ

 渉外業務にも様々なものがありますが,その中でとりわけ印象深いものが尊厳死のため英文のリビング・ウィル(Li...

安楽死について
イメージ

学生時代に医師であり小説家であった森鴎外の「高瀬舟」という「安楽死」をとりあげた小説を読んだことがある。...

国際相続と相続人調査

  最近では国際結婚も増えていますが,このようなケースで相続が発生したときに困ることは,海外の相続人の...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ