プロTOP:小野裕章プロのご紹介

イギリスから直接買い付ける生地・服地を熟練の手縫いでオーダーメードスーツに(2/3)

裁断する小野裕章さん

目に見えないこだわりこそ、「カッコいい」を演出するプロの技

 「オノの洋服」のこだわりは生地・服地にとどまりません。スーツの仕上がりまでは平均4週間程度。採寸から裁断を経て完成にいたるまでの全工程に、小野さんのこだわりが散りばめられているのです。どの店舗にも裁断台が置かれ、外注することなく、それぞれの店舗で採寸したスタッフが裁断も担当。もちろん、小野さんも裁断します。

 「お客さまの個別の型紙は作成せず、どの部分をどのように補正したのかといった『補正記録』を残すようにしています。これは、お客さまの型紙を一度作ってしまえば、以後その通りにしか作ることができなくなり、微妙な流行をスーツに反映させることが、できなくなるからです。すべての型紙の基となるマスターパターンに毎年ほんの少しだけ流行を加味し、そこから補正記録を見ながら、お客さま一人一人に合わせて生地に直接チャコでマークして裁断するようにしています」

 「オノの洋服」には、裁断台の後ろにマスターパターンが飾られています。それらはまるで、オシャレなインテリアのようにも見え、訪れた顧客が関心を抱くことも多いそうです。「目に留まれば、当店の裁断方法についてご説明できる機会も生まれますから」と、小野さん。ぱっと見ただけでは分からないようなこだわりも、プロならではの「味」といえます。

 小野さんは、スーツの仕立てを料理によく例えるそうです。「サイズサンプルを着ていただいて、好みのサイズとかフィット感を確認してもらいますが、『このようにすれば、もっとカッコ良く見えるんじゃないか』という私なりの『味付け』を行うようにしています。一手間かけることで、ひとつ上のグレードの高い品質を目指すようにしています」

 「オノの洋服」の評判を聞き、関西圏のみならず、九州や東北からも「オーダーメードスーツを仕立ててほしい」と顧客が訪れるそうですが、オシャレにこだわるビジネスマンの多くが、小野さんの「味」の虜(とりこ)となっているようです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 良い素材の生地・服地を市場に大量に出すことで、テーラー全体が盛り上がるように

小野裕章プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

海外の生地・服地を直接買い付け熟練の手縫いでスーツを提供

会社名 : オノの洋服
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-1 大阪駅前第3ビル1階 [地図]
TEL : 06-6345-2929

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6345-2929

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小野裕章(おのひろあき)

オノの洋服

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ