プロTOP:上島弘幸プロのご紹介

豊富な知識と経験を生かして障害年金の相談にのります(1/3)

上島弘幸

手続きが複雑な障害年金申請

 けがや病気が原因で身体や精神に障害が生じ、生活に支障のある人に、年金や一時金を支給する障害年金制度。制度が複雑で、申請の際に提出する書類も多く、書き直しなどで病院や年金事務所を何度も訪問しないといけないケースもあります。診断書など提出書類に不備があって差し戻されることもあり、実際に障害年金を受け取るまでには多大な労力と時間がかかります。

 上島さんは障害年金の代理申請業務をメインにしている社会保険労務士です。「個人で年金事務所に行ってアドバイスを受け、障害年金を申請する人もいますが、なかなか複雑なので、思い通りに行かないケースがあります。社会保険労務士が間に入らないと、不可能であろうという案件も多くあります」と話します。年金受給の対象となる疾病は幅広いのですが、その疾病を発症して初めて医師の診察を受けた初診日までに年金に加入し、保険料を払っていたかどうかなど、支給には一定の条件があります。

 代理申請をするには、病気や医薬品の専門知識が求められる上、患者と根気よくつきあう粘り強さも求められます。社会保険労務士なら誰もが障害年金の代理申請に対応できるわけではありません。上島さんは「眼科の治療を内科や外科で受ける人がいないのと同じで、障害年金は社会保険労務士の仕事の中でも独特の地位にあって、対応できる人は少ないんです。年金の経験、知識のみならず、医学的な基礎知識がないと難しいです」と話します。

<次ページへ続く>

【次ページ】 多彩な経験をアドバイスに生かす

最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント

上島弘幸プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

障害年金に関する相談を800件以上受けてきた実績を誇る

屋号 : 上島社会保険労務士事務所
住所 : 大阪府堺市南区城山台3-20-6 [地図]
TEL : 050-7100-1004

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-7100-1004

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上島弘幸(うえしまひろゆき)

上島社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
障害年金・初診日の確認作業

障害年金の申請を行う際に、最初に行う作業は初診日の確認作業になります。中には診断書を先に取得する方もおら...

[ 障害年金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ