コラム

 公開日: 2017-07-13 

家族葬の場所決め、自宅・お寺・葬儀ホールどこで行う?

家族が臨終を迎えたら、悲しみの中にあっても葬儀の段取りをしなければならない事態となり、急に慌ただしくなっていきます。

葬儀に関するさまざまな用事について、生前に決めていればスムーズに執り行われますが「どこにご遺体を安置するのか」「葬儀はどこで行うのか」といったことから決めなければならないとすれば、しばらく混乱した状態になります。

病院で亡くなった場合は、病院から葬儀社を紹介されることが多く、何も決めていなかった場合は葬儀社のすすめるコースで葬儀が行われます。

急逝した場合はしかたありませんが、故人と残された方々が心残りのない葬儀を行うためには、生前から葬儀のことを話し合っておくことが大切です。

家族葬を行う場所を選ぶ際の判断ポイント

昔は、高齢の家族は自宅で亡くなり、自宅から見送るところが多くありましたが、最近は、病院から葬儀の会場に搬送されるケースがほとんどのようです。自宅で亡くなっても、集合住宅に住む人が多くなるなど、昨今の住宅事情から葬儀を別の場所で行うようになりました。

自宅以外で家族葬が行われる場所は、葬儀社に依頼した場合は葬儀社の会場や公共の斎場、檀家である場合は仏教のお寺、キリスト教の場合は教会などでお通夜と告別式が行われます。

葬儀の会場を決める際に一番大切なのは故人の遺志です。仏式なのかその他の宗教なのか無宗教で行うのか、誰に参列してもらいたいのかは、生前にぜひとも確認しておきたいことです。

故人の遺志に次いで大切なのが、親族の意向です。生前、故人の親戚付き合いがあまりなく家族としても疎遠であったことを理由に、家族だけで簡素にしようと思っても、参列を希望する親族が多かったり、一般的な葬儀を主張する声が強かったりすれば、従わざるを得ない場合もあります。

実質的な面で重要なのは、葬儀会場へのアクセスです。家族宅からあまり遠い会場だと行き来が不便になりますし、わかりづらい場所だと参列の方々への案内が煩雑になります。

そして、会場をどこにするのか最終的な決め手になるのは、やはり葬儀の費用です。費用を抑えたいという意向が最優先の場合は、事前に「どのようなことをするのか」「何が必要なのか」など葬儀について学び、「葬儀社にはどのようなところがあるのか」「相場はいくらなのか」を調べておくといいでしょう。何社か見積もりをとっておくと確実な上、一度連絡をとっておけば、その日が来ても心強いということもあります。

自宅、お寺で行う際のメリット デメリット

「自分の葬儀は自宅やお寺で行ってもらいたい」という希望をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

ご自宅に葬儀を行えるくらいのスペースがあるのでしたら、愛着のある家から旅立ちたいという希望は叶えられるでしょう。

葬儀社に相談をしていただければ、搬送や必要な葬儀はお手伝いできます。「先祖代々檀家になっている菩提寺がある」「生前は無縁だったが仏式で送って欲しい」といった場合も、葬儀社のお手伝いのもとで行うことができます。

自宅葬のメリットとしては、故人の希望に沿った、家族や親族も納得する葬儀ができるということでしょう。生前の思い出に浸りながら、故人や家族の思いを込めた葬儀にすることができます。

デメリットとしては、「ご近所の方に葬儀のお手伝いをお願いするなど、負担をかけてしまう」「会場となる部屋の片づけや、参列者やお手伝いの人への接待が必要になる」といったことが挙げられます。葬儀後の片付けなどもあるため、遺族にはいささか負担となります。

寺院葬のメリットは「先祖代々の菩提寺で行う場合、親戚の中で前例もあるので葬儀が段取りよく行われて親戚筋からのクレームもなく済む」「宗教的な落ち着いた雰囲気で執り行われ、儀式的なことによって気持ちに区切りをつけやすい」ということでしょう。

デメリットとしては、「最近は葬儀を行わないお寺もあるので、生前に仏教とかかわりのない人がお寺で葬儀を行うことは難しい」「お寺主導となり葬儀社も提携しているところに決まっているので自由度が低い」ということが挙げられるでしょう。

大阪セレモニー家族葬ホールで行うメリット(大きさ、雰囲気、立地条件)

当社では、20名収容の家族葬専用の「家族葬ホール」があります。18畳の広い空間で、控室と式場の区別のない自由な空間です。

一般のご家庭のリビングルームのような雰囲気で、まるで自宅にいるようなアットホームな葬儀が行えます。家族や気心の知れたごく親しい人のみの集まりなので、故人の好きだった料理や飲み物を持ち込んだり、故人を偲ぶ品を置いたり、いわゆる葬儀の「しきたり」とは違う方法で故人も参列者も満足できるお見送りができます。

家族葬ホールでは、お付き合いのあるお寺から僧侶をお呼びして仏式で葬儀を行うこともできます。仏式にのっとった式にはなりますが、自宅のような雰囲気から、お寺での式とは違った親しみやすさが感じられます。

また、家族葬ホールは大通りに面していないため、静かな環境で故人の思い出話に花を咲かせることもできます。さらに、閑静でありながらも電車の駅やバス停からも近くアクセスが便利です。

家族葬

この記事を書いたプロ

大阪セレモニー [ホームページ]

葬儀 山田泰平

大阪府大阪市旭区大宮1-4-26 [地図]
TEL:06-6953-9192

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山田泰平さん

家族葬や故人の遺志に沿った葬儀を提案(1/3)

 故人が親しかった近親者や、家族だけで行う家族葬が増えてきています。親しかった人たちだけで葬儀を執り行うため、弔問客に気を遣うことなく、ゆっくりと故人と最後のお別れができるというのが、その理由の一つのようです。 大阪セレモニーは山田さん...

山田泰平プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

近親者が集まる家族葬や、故人の遺志に沿った葬儀を執り行う

会社名 : 大阪セレモニー
住所 : 大阪府大阪市旭区大宮1-4-26 [地図]
TEL : 06-6953-9192

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6953-9192

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田泰平(やまだたいへい)

大阪セレモニー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
喪中のお話〜『喪』に服すって?

年末になると喪中はがきが来たり、近親者をなくすと神社の鳥居を避けたり、正月の祝を避けたりしますね。『喪...

家族葬の四十九日法要について。香典は必要?

家族葬だから四十九日法要がなくてもよい、というわけではありません。故人が「あの世」へ旅立つのを見送るための...

[ 家族葬 ]

勘違いしやすい、家族葬と密葬・直葬との違い

著名人の訃報が伝えられると、その多くが「すでに近親者による密葬が行われました」という内容になっているかと思...

[ 家族葬 ]

葬儀における喪主の挨拶、家族葬では不要というメリットも!

遺族の代表で葬儀の一切の責任者である喪主は、葬儀についていろいろな役目があります。一般の葬儀では、お通夜の...

[ 家族葬 ]

家族葬の参列者の範囲はどこまで?明確にしないとトラブルの元

家族葬の「家族」とはどこまでの範囲の人たちのことをいうのでしょう。基本的には、故人の親、配偶者、子、孫、兄...

[ 家族葬 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ