コラム一覧 :家族葬

1件~12件(12件)

家族葬のマナー。香典、献花、弔電はどうすればよい? 

家族葬は、故人と関係の深い近親者のみで、費用も手間もかけずに行いたいという、故人や遺族の意向が強く反映された葬儀の形です。一般の葬儀では、参列者の範囲を限らないため、故人との係わりが深い人から浅い人までたくさんが訪れて、遺族は参列者の挨拶に追われる上、香典、献花、弔電もそ... 続きを読む

家族葬

2017-10-17

家族葬の四十九日法要について。香典は必要?

家族葬だから四十九日法要がなくてもよい、というわけではありません。故人が「あの世」へ旅立つのを見送るための儀式ですから、葬儀とはまた別の考え方で行われるものです。葬儀と違う集まりとなりますので、香典のあり方もまた違ってきます。家族葬の場合は、遺族の負担を軽くするために近親... 続きを読む

家族葬

2017-09-19

勘違いしやすい、家族葬と密葬・直葬との違い

著名人の訃報が伝えられると、その多くが「すでに近親者による密葬が行われました」という内容になっているかと思います。近親者のみで行われるので家族葬と同じように思われますが、いくつかの点で異なります。また、最近は直葬という形の葬儀もあります。葬儀の形式を最小限にしたもので、密... 続きを読む

家族葬

2017-08-21

葬儀における喪主の挨拶、家族葬では不要というメリットも!

遺族の代表で葬儀の一切の責任者である喪主は、葬儀についていろいろな役目があります。一般の葬儀では、お通夜の振る舞いや精進落としなどの会食の際、告別式終了後などに参列者に向けて挨拶をします。近親者のみの葬儀であれば、形式ばった挨拶など必要ないのですが、多くの人が参列する葬儀... 続きを読む

家族葬

2017-08-17

家族葬の参列者の範囲はどこまで?明確にしないとトラブルの元

家族葬の「家族」とはどこまでの範囲の人たちのことをいうのでしょう。基本的には、故人の親、配偶者、子、孫、兄弟姉妹になります。故人が高齢者の場合は、孫の配偶者、おい、めいまで広がることになるでしょう。故人の家族環境は、兄弟姉妹の数、配偶者の有無、子の有無などでかなり変わって... 続きを読む

家族葬

2017-08-10

訃報連絡に家族葬の案内。参列すべきかどうかの判断基準

少人数の家族葬が増えてきた昨今、訃報連絡を受けた側はどのように解釈したらよいでしょうか。「近親者」の範囲が漠然としているので、果たして参列してもよいものかどうか迷うことがあります。家族葬は一般葬とは異なる点があるので、訃報連絡の内容をよく確かめて、遺族の負担にならないよう... 続きを読む

家族葬

2017-08-08

家族葬が増えている理由は高齢化社会が一因

今、大勢の人が参列する一般的な葬儀が少なくなっています。故人が社会の中で多くの人と関わっているとき、いわゆる現役でいるときに亡くなった場合は、友人知人、仕事の関係者など参列する人の数も多くなります。家族が知らせるまでもなく、関係者のネットワークの中で参列者から葬儀の手伝い... 続きを読む

家族葬

2017-08-01

家族葬トラブル防止には周囲への配慮が肝要

最近は、家族の人数が少なく、親戚との縁も薄いことからごく近しい人たち数人で葬儀を行う家族葬が増えています。通常の葬儀では、お通夜を済ませたあと、告別式を執り行いお見送りをする、といった流れになりますが、通夜をしないという事もあります、しかし通夜と告別式を一緒にという意味ではあ... 続きを読む

家族葬

2017-07-24

家族葬の場所決め、自宅・お寺・葬儀ホールどこで行う?

家族が臨終を迎えたら、悲しみの中にあっても葬儀の段取りをしなければならない事態となり、急に慌ただしくなっていきます。葬儀に関するさまざまな用事について、生前に決めていればスムーズに執り行われますが「どこにご遺体を安置するのか」「葬儀はどこで行うのか」といったことから決めな... 続きを読む

家族葬

2017-07-13

家族葬の費用はどのくらい?一般葬との比較

家族葬と一般葬の葬儀内容はほぼ同じなので、参列の人数で区別されます。大阪など、このあたりの地域の家族葬は親族と親しい人10人程度のことが多いようです。当社の家族葬ホールは20人がゆったりできるスペースです。地方の家族葬では、地域の人に「家族葬で行います」という言葉がけを伝えても... 続きを読む

家族葬

2017-07-11

家族葬を行う流れと手順

家族葬であっても、おおまかな流れは一般の葬儀と変わりません。参列者の人数や訃報通知をする人の範囲によって葬儀の準備や、葬儀後の作業が違ってきます。また最近は、告別式の一日で終わらせてしまう一日葬の場合、自宅などに安置し、通夜や告別式を行わずに火葬場に搬送して簡単なお別れを... 続きを読む

家族葬

2017-06-28

家族葬とは?家族葬のメリットデメリット

自分の葬儀は「家族に迷惑をかけないようにお金のかからない」「こぢんまりとしたものにしたい」というご希望をお持ちの方が多くなっています。家族の側も、参列者に気をつかわずに故人を偲ぶ会にしたいと思われています。このようなことから「家族葬」の需要が増えているのです。 家族葬とは ... 続きを読む

家族葬

2017-06-21

1件~12件(12件)

コラムのテーマ

RSS
 
このプロの紹介記事
山田泰平さん

家族葬や故人の遺志に沿った葬儀を提案(1/3)

 故人が親しかった近親者や、家族だけで行う家族葬が増えてきています。親しかった人たちだけで葬儀を執り行うため、弔問客に気を遣うことなく、ゆっくりと故人と最後のお別れができるというのが、その理由の一つのようです。 大阪セレモニーは山田さん...

山田泰平プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

近親者が集まる家族葬や、故人の遺志に沿った葬儀を執り行う

会社名 : 大阪セレモニー
住所 : 大阪府大阪市旭区大宮1-4-26 [地図]
TEL : 06-6953-9192

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6953-9192

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山田泰平(やまだたいへい)

大阪セレモニー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
喪中のお話〜『喪』に服すって?

年末になると喪中はがきが来たり、近親者をなくすと神社の鳥居を避けたり、正月の祝を避けたりしますね。『喪...

家族葬のマナー。香典、献花、弔電はどうすればよい? 

家族葬は、故人と関係の深い近親者のみで、費用も手間もかけずに行いたいという、故人や遺族の意向が強く反映され...

[ 家族葬 ]

家族葬の四十九日法要について。香典は必要?

家族葬だから四十九日法要がなくてもよい、というわけではありません。故人が「あの世」へ旅立つのを見送るための...

[ 家族葬 ]

勘違いしやすい、家族葬と密葬・直葬との違い

著名人の訃報が伝えられると、その多くが「すでに近親者による密葬が行われました」という内容になっているかと思...

[ 家族葬 ]

葬儀における喪主の挨拶、家族葬では不要というメリットも!

遺族の代表で葬儀の一切の責任者である喪主は、葬儀についていろいろな役目があります。一般の葬儀では、お通夜の...

[ 家族葬 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ