コラム

 公開日: 2012-01-23 

「どうすればイッパイ働かせることができる?~労働時間編~」

あまり良くないタイトルですが、よくご相談を受けますので記載致します。

発端は、「どの制度を使えば、最大限、残業手当を付けずに所定労働日を設定することができる?」でした。



原則は「1日8時間、1週間40時間」です。
これを1分でも超えると「残業手当」がつきます。

けれど「変形労働時間制」を使えば、上記を超えようとも、一定の条件の下では「残業手当」がつかなくなります。


そこでよく使われますのが・・・
①「1ヵ月単位の変形労働時間制」
②「1年単位の変形労働時間制」
③「フレックスタイム制」
などです。


(簡略化して記載しています。)

①は、1ヵ月間を平均して「1週間40時間」以内になっていれば大丈夫です。
つまりは、
31日の月 ⇒ 31日÷7日×40時間≒177時間
30日の月 ⇒ 30日÷7日×40時間≒171時間
29日の月 ⇒ 29日÷7日×40時間≒165時間
28日の月 ⇒ 28日÷7日×40時間=160時間
が1ヵ月間の限度枠となります。

仮に毎日8時間で設定すると、31日の月なら
177時間÷8時間≒22.125日
ですので、22日勤務で9日が休日となります。

勿論、毎日同じ時間でなくとも、シフト表で月の前半は暇だから7時間、後半は忙しいから9時間、などと決める事もできます。

他には、休日を増やして、出勤日には1日10時間勤務、なんてこともできます。

この制度は、1ヵ月間のカレンダーの中で自由な設計ができるものです。


②は、①の1年版、つまりは1年間のカレンダーの中で自由な設計ができるものです。

①ならば、
「1月や5月や11月などは休日も多くって労働時間が少なくなり過ぎる。
でも6月に労働時間が多くなって困る。」
ってときには、その労働時間の貸し借りが、月をまたいでできることになります。


③は、①によく似ていますが、会社の決めたシフト表で動くのではなく、社員さん自身が日々好きな時間に出勤できる制度です。
ですので日々の遅刻や早退などは無いけれど、1ヵ月間の決められた労働時間合計に満たなければ、遅刻や早退の給与控除がされます。



そこで例えば①と②とを比較して、果たしてどちらを採用すれば、会社は残業代を払わずに(当然違法行為はせずに)社員さんをより長く働かせる事ができるのでしょうか?


私はずっと、「1年変形」が最強と思っていました。
しかし、1年間を平均すると、
2085時間(1年間の限度労働時間)÷12ヵ月=173.75時間
で、31日の月でもイッパイ働けてはないです。

「1年変形」は労働日数にも制限(280日/年)、労働時間数にも制限(10時間/日、52時間/週)があり、実は使い勝手が悪いのでは・・・と感じ始めてきていました。



安易な発想ではありますが、
う~ん、考えれば考えるほど分からなくなってきました・・・。


また次のコラムで、ウチの『頭脳』である職員が明快な回答を出してくれることと信じています。
お楽しみに!

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人大竹事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 大竹光明

大阪府大阪市中央区平野町2-5-14 FUKU BLD.三休橋301 [地図]
TEL:06-6147-4763

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大竹光明 おおたけみつあき

軽いフットワーク、幅広いネットワークで必ず力になります(1/3)

 「多忙な業務を抱えながら人事、労務面で困っている経営者がたくさんおられます。そのような方の力になり、『ありがとう』と言ってもらえるのが本当にうれしいですね」。笑顔でそう語るのは、大竹社会保険労務士事務所代表の大竹光明さん。相談があると言わ...

大竹光明プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

人を集め、育てる企業になる戦略的人事制度づくりを提案します

会社名 : 社会保険労務士法人大竹事務所
住所 : 大阪府大阪市中央区平野町2-5-14 FUKU BLD.三休橋301 [地図]
TEL : 06-6147-4763

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6147-4763

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大竹光明(おおたけみつあき)

社会保険労務士法人大竹事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ミニスカートのコスチューム着用を義務付けられるか?
イメージ

今回は突然ですが「会社はミニスカートのコスチューム着用を義務付けられるか?」について、少しお話をしたいと思...

[ 人事労務管理 ]

~パワハラの相談がある職場に共通する特徴とは?~
イメージ

~パワハラの相談がある職場に共通する特徴とは?~皆さま、セクハラだけではなく「パワハラ」という言葉を耳に...

[ 人事労務管理 ]

「これって労災になるの? ~通勤途中の女性がお化粧中にケガ!~」
イメージ

朝の電車でたまに見かけます。揺れる座席に腰かけたまま、きれいにお化粧をされている女性。本当にきちんと出来...

[ 労災保険 ]

「『月間 社労士10月号』に掲載されました!」
「月間 社労士10月号中身」

『月間 社労士10月号』という雑誌に、大竹の記事が掲載されました!社労士になって早10年。まさか自分が...

[ 所長 ]

インターンシップの学生への報酬の支払いは必要?

インターンシップという制度をご存じでしょうか?学生が夏休み等を利用して、直接企業に出向いて就業体験をする...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ