コラム

 公開日: 2015-11-05 

外壁にひび割れ発見!補修方法と注意点

外壁のひび割れは、浅いものから下地に奥深く広がっているものまでさまざまで、その種類によって補修方法が異なるので注意が必要です。業者に全面的に任せずに施主としても、ひび割れ箇所を確認することが必要です。
なぜなら、外壁塗装ほど手抜きをしやすい工事はないと言われているので、慎重なひび割れの見極めと業者選びが大切です。

インテリアから外壁までこだわった念願のマイホーム


念願のマイホーム…新築したばかりの頃には、インテリアから外観まで、気になることばかり、と言う方も多いようです。

しかし、年数が経つほどに住居は日常生活にしっくりと馴染み、住まいに対する意識や関心が薄れてきます。忙しい毎日、それも仕方がないことかもしれません。

とはいえ、そんなある日、突然気づいてしまうことが…たとえば、外壁のひび割れです。最初に発見した時は「ドキリ!」としてしまいますよね。
でも、きちんと補修すれば大丈夫ですから、落ち着いて対応しましょう。


外壁のひび割れにその種類に応じた補修が必要


まず、「外壁のひび割れ」と一口に言っても、いくつかの種類があり、状況に応じた補修が必要になります。

外壁は、下地素材の上に塗料で仕上げ、その塗料は表面に「塗膜(とまく)」を形成します。塗膜の底まで広がるひび割れを「クラック」と言います。
ひび割れには、下地まで到達していない浅いひび割れ、下地まで到達している深いひび割れがあります。
また、塗膜がはがれ、ひび割れになったもの、下地から塗膜まではがれ、ひび割れになったものなどがあります。

塗膜は時間の経過とともに徐々に劣化してもろくなり、下地との密着度が低下し、はがれやすくなっていきます。

さらに塗膜が劣化すると、水分や空気を通しやすくなり、日光や気温の影響をダイレクトに受けてしまいます。
その結果、ひび割れやクラックが起きやすくなるのです。


hair crack



ここに注意!ひび割れの種類で補修方法は違う!


外壁のひび割れは、補修の仕方を誤れば、またすぐにひび割れてしまうことになるので、注意深く丁寧に作業する必要があります。
専門家が作業に当たれば問題ありませんが…そのためには、業者選びが大切です。

ひび割れが浅い場合、埋めるだけで補修が完了するというシンプルな作業で良いのですが、ひび割れが深く、埋めても再びそこからひび割れてきてしまうケースがあります。

しかも数週間経ち、雨が降った日などに、外壁からの雨漏りで気づいた…なんてこともあるのです。

直後には、ひび割れがキレイにふさがったかのように見えるのですが、数週間後、場合によっては、数カ月を経た後に仕事の善し悪しが現れる場合がありますので注意してください。

外壁を補修する業者選びは慎重に


きちんと補修してもらうためには、業者選びや施主様の厳しい確認は大切なのです。
ひび割れの種類で補修方法は異なる点も注意が必要です。
ひび割れに何度塗料を塗っても、そこからまたひび割れてしまう重症の場合は、
「ひび割れを補修してから塗装する」もしくは、
「ひび割れの動きに追従する弾性塗料を使用する」といった2つの方法があります。

どのように埋めるのか、補修するのかについても業者のやり方をチェックすることをおすすめします。
そうしないと、「単に埋めるだけ」で終わらせようとする業者も、中にはいることを忘れないでください。


外壁工事や補修は、全てを業者任せにしないことが大切


素人がひび割れ箇所やその状態を見極めるのは、簡単なことではありませんので、専門家へ相談をしていただくのが賢明でしょう。

ただし、全てを業者任せにしないことが大切です。なぜなら、外壁の補修は、工事費用が何十万円もかかります。高い買い物となりますので、失敗のないようにしたいものです。ひび割れの場所については、施主様も一緒に必ず確認しましょう。

1度の外壁塗装で8~10年はもたせたいところです。
塗料によっても耐性が異なります。一般的なシリコン塗料では、正しく施工すれば約10~13年は維持できるとされています。

外壁塗装の保証期間は、塗料のランクにもよりますが5~10年ということが多いようです。


外壁塗装ほど手抜きをしやすい工事はない


外壁塗装ほど手抜きをしやすい工事はないと言われているのをご存知ですか?
だからこそ、慎重な対応が必要なのです。
手抜きが多いのは、前述のように工事直後には結果がわからないことに要因しています。

世の中には、さまざまな業者が存在することを念頭に置いてください。
中には、保証期間をゼロとしている業者もあるようです。
ベストなのは、会社が倒産しても保証がある業者を選ぶことでしょう。

外壁塗装業界には、会社が10年後に万が一倒産していたとしても、保険金がおりる制度があるので、そのあたりの確認も大事です。

良心的に確かなクオリティで仕上げてくれる業者を見極めることが、外壁塗装を成功させる鍵となります。

弊社にご相談いただければ、施主様のお立場にたって失敗しない外壁の補修をサポートさせていただきます。ぜひご相談ください。

この記事を書いたプロ

株式会社ペイント一番 [ホームページ]

職人 金山泰男

大阪府東大阪市足代南1-10-6 [地図]
TEL:0120-47-5171

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
金山泰男(かなやま・やすお)さん

塗装で家を守りましょう(1/3)

 大事な財産である家を守る。このために、風呂や台所の水回りを意識して見る人は多いけれど、屋根や外壁に注意を払う人は少ないものです。大阪府東大阪市で塗装業「ペイント一番」を営む金山泰男さんは「屋根や外壁は太陽の紫外線、雨、風が当たる一番過酷な...

金山泰男プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様の立場に立った工事の提案と誠実な説明

会社名 : 株式会社ペイント一番
住所 : 大阪府東大阪市足代南1-10-6 [地図]
TEL : 0120-47-5171

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-47-5171

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金山泰男(かなやまやすお)

株式会社ペイント一番

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
外壁の断熱リフォームは塗装でできる!ガイナの効果

特殊セラミック層で構成されている塗装いるだけの外壁断熱材「ガイナ」。「断熱性能・遮熱性能」をはじめ、「防音...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

モルタル外壁のデメリットはリフォームで解決!

モルタル壁の最大の欠点、クラックも大丈夫。信頼できる業者に依頼し、塗り替えリフォームすれば解決できます。...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

外壁のリフォームをDIYするときに注意したいポイント!

外壁の塗り直しなど、リフォームを自分ですると確かにコストがかかりません。しかし、その分デメリットもあります...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

外壁はモルタルとサイディングどちらを選ぶ?価格ならサイディング?

日本の木造住宅の外壁は、モルタルとサイディングが主流を占めています。さまざまな塗料の色やタイル貼りなどが...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

外壁、サイディングの補修をDIY!自分でできるのか?

外壁の多少の穴や傷であればホームセンターでパテを購入しDIY(Do It Yourself)で補修できないわけではありません...

[ 外壁の主要素材サイディング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ