コラム

 公開日: 2015-11-13 

外壁の白は汚れが心配。目立たないようにもできる?

外壁の汚れのおもな原因は静電気と油だと言われています。白い外壁におすすめする塗料は、セラミック複合塗料です。なぜなら親水性が高く防汚性に優れているので、汚れがつきにくく、落ちやすいというメリットがあるからです。

外壁が汚れる原因とその正体は?


「マイホームの外壁は、上品な白にしたい…。でも、汚れやすくないですか?」といった、ご相談をしばしばお受けします。

一戸建ての外壁を、白にすると上質な雰囲気で素敵です。確かにグレーや茶系に比べると、汚れが付くとやや目立つかもしれません。

ただし、最初から汚れを付きにくいように工夫すれば回避できます。白い壁に汚れを付きにくくするには、どんな工夫が必要なのでしょう。

まず、外壁の汚れのおもな原因は静電気と油です。

外壁がフラットではなく、凸凹感がある素材だと、デコボコしている部分に雨水が溜まりやすく、汚れやすいと言えます。
また、外壁は、均一に汚れず、部分ごとにまだらに汚れることが多いのが特徴で、同じ家の外壁でも、汚れにくい所と、汚れやすい所があるのです。

外壁の異なる環境による影響を見ていきましょう。
外壁の汚れは雨水だけだとは限りません。雨があたらない所であれば、埃、排気ガス、酸化物が汚れの原因となります。
陽あたりの悪い所や湿気が多い所では、カビ、コケ、藻、白華などで汚れてしまいます。

白い外壁にぴったりの塗料を選ぶために…


白華というのは、塩を吹いたように見える部分です。白華現象(エフロレッセンス)と言い、張りつけ用のセメントモルタルの中に発生する、水酸化カルシウムが白く浮き出てしまう状態を指します。原因は雨水の影響によると考えられています。

酸化物とは、空気中に浮遊する大気汚染等の窒素酸化物のことです。
また、排気口付近は、排気ガスなどのスス、シール部のシリコン汚れなどが外壁に流出して汚れてしまいます。

汚れやすい環境にある外壁は、塩害対策や防汚対策が必要でしょう。
では、白い壁に汚れを付きにくくするには、どうすればいいのでしょうか?
それは、建築時に施す外壁の塗料が大きな要素となります。

良質の塗料のポイントとしては、「耐久性」「価格」「環境適応性」「防汚性」の4つがあります。これらを総合的に見て選ぶことが大切です。

塗料の「耐久性」に関して考えましょう。塗料の一般的な種類と耐用年数は、アクリル樹脂が5〜7年、ウレタン樹脂が10〜13年、シリコン樹脂が10〜15年、フッ素樹脂が15〜20年というのが目安と言われています。

フッ素樹脂は耐用年数は高いのですが、価格も高いのであまり使用されていません。
最も安価なアクリルは、よく使われ、したがって塗り替え時期も早くしないといけないというのが実情です。塗り替えに使用されるのは、ウレタンやシリコンがほとんどですが、値段はさまざまです。


外壁の塗料を選ぶ基準は?


塗料を選ぶ基準としては、JIS規定を物差しにするのをおすすめします。塗膜にダメージを与え続けたきと、何時間劣化せずに耐えられるか…といった検査結果で、2000時間耐えられる塗料を「耐候型1種」、1000時間耐えられる塗料を「耐候型2種」、500時間しか耐えられない塗料が「耐候型3種」と決められています。

「耐候型1種」は、最低でも10年は維持できると言われています。
前述したように、塗料は4つのポイントを複合的に見なければいけません。
塗料の種類や価格は多彩なので、どれがベストであるかは難しいのですが、だからこそ知識を付けておきましょう。

続いて、「環境適応性」とは環境対策のことです。ニオイがひどい、人や環境に有害…というのは、論外です。環境のことを考えると、シンナーを薄めている「溶剤タイプ」より「水性タイプ」の方がベターでしょう。

耐久性にもこだわりたいのなら、「弱溶剤タイプ」「NAD型塗料」というのが最近、よく使用されています。「溶剤タイプ」と「水性タイプ」の中間といったところです。

白い外壁に「セラミック複合塗料」がおすすめの理由


では、「防汚性」ですが、最近、「セラミック入りの塗料がいい」とすすめる業者か多いようですが、ここは注意したいところです。

「セラミック入り」と「セラミック複合」は、言葉は似ていますが、塗料としての仕組みが全く異なります。

「セラミック複合塗料」は、セラミック塗膜が形成され、塗膜表面の静電気が減り、汚れが付着しにくくなります。一般の塗料では、雨水にはじかれて汚れが残されますが、セラミック塗膜の親水性により、雨水が汚れを流し落とします。

これらは、塗料メーカー「SK化研」の商品に限定しています。他にも良質の塗料メーカーはありますので、良い施工業者さんを選んで話を聞いてみましょう。

この記事を書いたプロ

株式会社ペイント一番 [ホームページ]

職人 金山泰男

大阪府東大阪市足代南1-10-6 [地図]
TEL:0120-47-5171

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
金山泰男(かなやま・やすお)さん

塗装で家を守りましょう(1/3)

 大事な財産である家を守る。このために、風呂や台所の水回りを意識して見る人は多いけれど、屋根や外壁に注意を払う人は少ないものです。大阪府東大阪市で塗装業「ペイント一番」を営む金山泰男さんは「屋根や外壁は太陽の紫外線、雨、風が当たる一番過酷な...

金山泰男プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

お客様の立場に立った工事の提案と誠実な説明

会社名 : 株式会社ペイント一番
住所 : 大阪府東大阪市足代南1-10-6 [地図]
TEL : 0120-47-5171

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-47-5171

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金山泰男(かなやまやすお)

株式会社ペイント一番

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
外壁の断熱リフォームは塗装でできる!ガイナの効果

特殊セラミック層で構成されている塗装いるだけの外壁断熱材「ガイナ」。「断熱性能・遮熱性能」をはじめ、「防音...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

モルタル外壁のデメリットはリフォームで解決!

モルタル壁の最大の欠点、クラックも大丈夫。信頼できる業者に依頼し、塗り替えリフォームすれば解決できます。...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

外壁のリフォームをDIYするときに注意したいポイント!

外壁の塗り直しなど、リフォームを自分ですると確かにコストがかかりません。しかし、その分デメリットもあります...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

外壁はモルタルとサイディングどちらを選ぶ?価格ならサイディング?

日本の木造住宅の外壁は、モルタルとサイディングが主流を占めています。さまざまな塗料の色やタイル貼りなどが...

[ 外壁のお悩みはリフォームで解決 ]

外壁、サイディングの補修をDIY!自分でできるのか?

外壁の多少の穴や傷であればホームセンターでパテを購入しDIY(Do It Yourself)で補修できないわけではありません...

[ 外壁の主要素材サイディング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ