プロへのQ&A

大阪・和歌山で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:法律

退職について

私は現在転職、もしくは学校に通うつもりなのですが会社に3月末で退職したいと伝えたところ12月、つまり今月で退職扱いとされてしまいました。 これは自己都合になるのでしょうか? 私としては会社都合ではないのかと思うのですが。 自己都合扱いされ、3ヶ月待たなければ雇用保険でないため困っています。

投稿日時:2010-12-22 14:30:51 | 最終回答日時:2011-01-24 11:38:28 | 回答件数:1

法律

この質問の回答受付は締め切られました。

東野修次

東野修次の回答

退職について

ご自身の申し出た時期よりも早い時期に退職扱いとされたとのことですが、
12月末で退職することに合意されたのでしょうか?

希望時期よりも早い時期に退職することに合意せず、
一方的に会社が退職を強要したというのであれば、「解雇」となります。
この場合、雇用保険の基本手当の区分は、当然会社都合となります。

また、12月末で退職することに合意している場合は、
事業主からの「退職勧奨」による離職となります。
この場合も、雇用保険の基本手当の区分としては会社都合となります。

もし、既に離職票に自己都合による退職と事業主が記載されているのであれば、
「事業主の記載した離職理由に異議あり」としてサインしてください。
(異議の有無に○印をつける欄があります。)
一度、異議なしに○をつけて手続されている場合であっても、
基本手当の受給手続きで離職票をハローワークに持参した際、
再度「自ら記載した事項に間違いないことを認めます。」という欄にサインすることになっていますので、
ここで「会社都合である」ことを申し出ることができます。

回答日時:2011-01-24 11:38:28

このプロの回答一覧を見る

東野修次(事業再生・事業承継に取り組む法律のプロ)

東野&松原&中山法律事務所

  • 電話:06-6231-3737 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00~17:30
  • 定休日:土曜・日曜

このプロに問い合わせたい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
防災・防犯
掃除・クリーニング
ブライダル
葬祭・墓石
教育・育児
はたらく
就職・転職
ビジネスコンサルティング
法律
法律
書類作成・申請代行
ライフスタイル
ペット
インターネット・パソコン
車・バイク
旅行・レジャー
趣味
住宅
不動産
新築・設計
リフォーム・修繕
インテリア・ガーデニング
まなぶ
習い事
資格・キャリア
学習塾・家庭教師
ファッション美容
和服・洋服
リメイク・修繕
美容・メイク
グルメ
飲食店
カフェ・喫茶店
出前・宅配
料理教室
お金・保険
保険・FP
株・証券・不動産投資
医療・健康
病院・医院
歯科
くすり
マッサージ・はり・灸・整骨院
介護・福祉
カウンセリング
お買いもの
生活雑貨
食品
オーダーメイド
贈り物
リサイクル
その他
その他
ページの先頭へ