プロへのQ&A

大阪・和歌山で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:住宅

マンション管理・修繕積立金の運用について

北摂で築2年・約200世帯のマンションの管理組合理事長をしています。
組合の会計簿を見ると、修繕積立金にウン千万の金額が。
管理会社によるとペイオフの絡みで普通預金にさえ入れられず、そのままの額で保持している、とのこと。
天災などがなければ基本築10年くらいまでには大規模修繕はないはずなので、
元本保証ができる定期預金に小分けして入れるなど、リスクのない運用を
考えるべきだと思いますが、突飛な考え方でしょうか?
事例や考え方など、教えてください。

投稿日時:2012-02-08 18:00:37 | 最終回答日時:2012-04-30 09:32:27 | 回答件数:1

住宅

この質問の回答受付は締め切られました。

高塚哲治

高塚哲治の回答

「管理組合の財産の保全」「ペイオフ対策」はしっかりと。

修繕積立金は、マンションを健全にストックするために住民から集められた必要資金(財産)です。したがって、リスクを十分認識し、保全しなければなりません。そこで、金融機関へ預けることになりますが、「ペイオフ制度」があることから、そのリスク対策が必要です。対策として、①預金先金融先の信用状況の調査 ②預金先金融機関の分散 などがあげられます。また、③修繕積立金の管理運用情報の区分所有者への周知 ④社団性の確保(管理規約の制定等、団体の継続/管理組合法人の設立)も重要となります。尚、預金に関しては、「通帳・印鑑の別々の管理」「理事・監事による残高確認」にも気を付ける必要があります。マンションの修繕積立金の早期の見直し、現実的な修繕計画の立案等を新築時から取り掛かることをお勧めします。マンションの物理的健全化、資金的健全化、住民の安心化にとって大変有効です。

回答日時:2012-04-30 09:32:27

このプロの回答一覧を見る

ぷうやんさん

ありがとうございました。

アドバイスありがとうございました。
修繕はまだまだ先のことですが、
今からしっかりプランを検討することが大切ですね。
非常に参考になりました。

返信日時:2012-05-02 17:46:41

高塚哲治

瑕疵担保期間(10年)までに調査などの実施をお勧めします。

品確法に基づく瑕疵担保期間は10年です。10年を超えるまでに、専門家による簡易調査の実施をお勧めします。また、同時に管理会社の業務内容の検証、長期修繕計画の検証も実施すべきと判断します。長期間、健全な状態で住み続けたいですね。

返信日時:2012-06-27 13:05:14

高塚哲治(欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

  • 電話:06-6862-6831 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:土曜、日曜、祝日

このプロに問い合わせたい資料を請求したい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
防災・防犯
掃除・クリーニング
ブライダル
葬祭・墓石
教育・育児
はたらく
就職・転職
ビジネスコンサルティング
法律
法律
書類作成・申請代行
ライフスタイル
ペット
インターネット・パソコン
車・バイク
旅行・レジャー
趣味
住宅
不動産
新築・設計
リフォーム・修繕
インテリア・ガーデニング
まなぶ
習い事
資格・キャリア
学習塾・家庭教師
ファッション美容
和服・洋服
リメイク・修繕
美容・メイク
グルメ
飲食店
カフェ・喫茶店
出前・宅配
料理教室
お金・保険
保険・FP
株・証券・不動産投資
医療・健康
病院・医院
歯科
くすり
マッサージ・はり・灸・整骨院
介護・福祉
カウンセリング
お買いもの
生活雑貨
食品
オーダーメイド
贈り物
リサイクル
その他
その他
ページの先頭へ