コラム

 公開日: 2014-11-25 

増築における確認申請やコストカットなどの注意点

「家が手狭になったので増築したい」という要望はよくありますが、実は増築はそう簡単にできるものではありません。
まず第一に敷地に余裕がないと無理です。増築できるスペースはもちろん、土地には都市計画や用途地域によって「建ぺい率」や「容積率」が定められているため、建築できる面積に基準があります。
建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の事で、容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の事です。つまり敷地に対して建物の大きさの上限が決まっており、それを超えて増築することは認められません。他にも建物の高さ制限や日影規制なども定められているので、それに準じていなければなりません。
また建築に対する制度や構造基準などは、建築当時と現在で大きく内容が変わっていることは少なくありません。建ぺい率や容積率がより厳しくなり、新たに高さ制限が加わるなどの例は都市部ではよくあることです。その場合は建て替えや増改築では現存の基準に合わせる必要があります。
敷地に余裕がある場合でも、10㎡を超える増築は建築確認申請を届け出て、建築基準法に適合する建築ないようであるか確認を受ける必要があります。
ただし、防火地域や準防火地域での増築は、1㎡でも建築確認が必要なので要注意です。
増築部分と既存建物の構造が一体となる場合は、現行基準に適合した耐力構造が求められるため、既存部分も大掛かりな補強が必要になる場合があります。たとえば平屋建てから2階の上積み増築などは建物全体の補強が必要となり、むしろ建替えた方が安上がりなこともあります。
コストを抑えながら増築するには、基礎からの平面的な増築とし、既存建物と一体化しないことが得策です。エキスパンションジョイントといい、力を加えない接合方法で構造的に分離すれば、増築部分のみが現行基準の適応対象となるため、コストを抑えることができます。構造的に分かれていても、工夫次第で一体の空間に見せることができるので、増築の検討の際は参考にしてください。

弊社施工例です。

 
建物の前部分に増築します。玄関部分のみ解体し、その入り口部分だけ接合するので既存建物には補強する必要がありません。これがエクスパンションジョイントです。

 

この増築に関する詳しい事例

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

おしゃれなお風呂にリフォームしました

築15年、お風呂のカビが激しく、入り口ドアも壊れているの...

柏原市 T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
リフォーム予算の考え方
イメージ

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活...

[ 長屋リフォーム ]

雨漏りで困る陸屋根に屋根を新設するリフォーム
イメージ

築年数の古い陸屋根は、それまでのメンテナンスの仕方によって、雨漏りに悩ませられるケースをよく耳にします。...

[ 外装リフォーム ]

収納に関する様々な役割とアイデア
イメージ

家をリフォームするにあたってリフォームプランはそれぞれにおいて頭を悩ます事柄が多いことと思います。リフォ...

[ 室内リフォーム ]

長屋リフォーム 外観ビフォーアフター
イメージ

長屋などの築年数の古い建物のリフォームを考える際、完成後のイメージは気になるところです。「こんな古い建物...

[ 長屋リフォーム ]

ドラマのセットのようなおしゃれで都会的なお部屋で暮らしたい!
イメージ

この秋話題のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」は只今放映中ですがご覧になられていますか?タワーマンションを...

[ 全面まるごとリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ