コラム

 公開日: 2015-10-02 

長屋リフォーム 屋根の葺き替え

長屋をリフォームするにあたって、屋根の改善は最重要事項です。
特に築50年以上経過した瓦屋根はその耐久年数も経過しており、瓦の重量による建物の負荷への軽減も考えなければなりません。
大正末期から昭和にかけて大阪市南部の新市街地(阿倍野区、西成区、住吉区周辺)は、都市計画法による土地区画整理事業として、大大阪新開地と呼ばれる長屋住宅がたくさん建設されました。
当時関東地方では町屋建物の屋根は板屋根が多く使われておりましたが、関西地方、特に大阪では瓦屋根が早くから使われており、築100年近い建物も今尚、当時の瓦屋根のまま現存している建物も少なくはありません。




このような建物のリフォームに着手する場合、屋根の葺き替えは必須になってきます。
長年経過した瓦屋根の耐久性はなく、瓦の割れやずれも多いのが現状です。
また瓦の重みによる建物への負荷も深刻です。

それではこのような木造長屋住宅ではどんな屋根材を用いたらよいのでしょうか?
屋根材にはいろんな種類のものがありますが、やはりガルバリュウム鋼板をお勧めします。
理由として飛躍的な防錆性の向上とその価格です。一昔前までのトタン屋根は、数年経過ですぐに出てくる錆が、一番の欠点でした。見た目も悪く腐食によって穴が開くことも稀ではなかったのです。一方、防錆性がより優れているステンレス屋根は、非常に高価で一般住宅の屋根材としては、現在でもほとんど普及していません。
そこで登場したのが、ガルバリウム鋼板なのです。錆は10年以上出ることはなく、価格もステンレスと比べて格段に低価格です。また、震災の影響もあり、屋根材の軽量化という観点からもガルバリウム鋼板への葺き替え工事がベストの選択と思われます。



同価格帯のカラーベスト、いわゆるコロニアル屋根も以前は軽量で、低コストで普及していましたが、アスベストの除去により耐久性が非常に低下したようです。
そのような現時点での状況においてはやはりガルバリュウム鋼板がべすとといえるのではないでしょうか。

また葺き替えのメリットとして最大の理由が建物の寿命が延びるという事です。
基本的には、下地を含む屋根材をすべて新しいものに替えるわけですから、屋根が新築になったのと同じです。生き物に例えると生まれ変わったわけですから、当然寿命が延びます。
最近のほとんどの屋根材は、昔に比べて性能がアップし、軽量化されています。施工方法も新技術の開発で随分簡素化されていて、これもまた軽量化されています。屋根が軽くなると、地震に強くなります。その理由は、屋根が軽くなると、住宅全体の重みの中心が低くなり、振り子の原理で地震に対して揺れが小さくなるからです。


 
ズレが目立ちます。
割れた瓦を差し替えたあとがあります。


ガルバリュウム鋼板に葺き替え屋根の重みが軽減されました。
トタン屋根とは耐久性が全く異なります。
数年で錆び、腐食が出ることはありません。

古い建物だからこそ、躯体に与える負荷を軽減することが大切です。
屋根の葺き替えは建物再生に欠かせない重要事項のひとつなのです。

長屋などの古家をリフォームする際の優先すべきポイント
長屋、古家を再生し、建て替えの1/3の価格で新築同然に住める
西成区で築80年の長屋をリフォーム
リフォームか建て替えか?その条件。

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

リフォームワーク [ホームページ]

大工 舘慶仁

大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL:06-6195-4552

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
笑顔のお客様!
イメージ

http://www.r-work.jp/view/index2.html

Yahoo!知恵袋

YAHOO知恵袋で住宅リフォームの専門家回答者として家づくりにお悩みの質問に答えています。まだまだ数は少ないですが、ベストアンサーに選ばれています。ベストア...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
舘 慶仁(たち・よしひと)さん

魂の熱血リフォーマー(1/3)

 「住まいのことで悩んでいませんか? 困ったことがあれば、私にどーんとまかせて下さい」と胸をたたくのは大阪市西淀川区で「リフォームワーク」を営む舘慶仁さんです。まんまるとした体、「えべっさん」のような笑顔が信頼感を呼び、「リフォーム屋たっち...

舘慶仁プロに相談してみよう!

読売新聞 マイベストプロ

古家再生のプロとしてニーズに応じた納得の長屋リフォーム術

会社名 : リフォームワーク
住所 : 大阪府大阪市淀川区塚本1-19-32 [地図]
TEL : 06-6195-4552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6195-4552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

おしゃれなお風呂にリフォームしました

築15年、お風呂のカビが激しく、入り口ドアも壊れているの...

柏原市 T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
リフォーム予算の考え方
イメージ

長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活...

[ 長屋リフォーム ]

雨漏りで困る陸屋根に屋根を新設するリフォーム
イメージ

築年数の古い陸屋根は、それまでのメンテナンスの仕方によって、雨漏りに悩ませられるケースをよく耳にします。...

[ 外装リフォーム ]

収納に関する様々な役割とアイデア
イメージ

家をリフォームするにあたってリフォームプランはそれぞれにおいて頭を悩ます事柄が多いことと思います。リフォ...

[ 室内リフォーム ]

長屋リフォーム 外観ビフォーアフター
イメージ

長屋などの築年数の古い建物のリフォームを考える際、完成後のイメージは気になるところです。「こんな古い建物...

[ 長屋リフォーム ]

ドラマのセットのようなおしゃれで都会的なお部屋で暮らしたい!
イメージ

この秋話題のドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」は只今放映中ですがご覧になられていますか?タワーマンションを...

[ 全面まるごとリフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ